sponsoredlinks

カラカスの大学都市/ベネズエラ・ボリバル共和国の世界遺産

ベネズエラ・ボリバル共和国の世界遺産の中からカラカスの大学都市についての紹介ですベネズエラ・ボリバル共和国旅行のときにはカラカスの大学都市へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

カラカスの大学都市
Ciudad Universitaria de Caracas
所在国:ベネズエラ・ボリバル共和国
世界遺産登録年:2000年
世界遺産の種類:文化遺産

カラカスの大学都市は、1945〜60年に、ベネズエラの建築家カルロス・ラウル・ビリャヌエバなどの前衛芸術家により設計・建設されたされた、ベネズエラの首都圏、リベルタドル市のベネズエラ中央大学を中心とした学園都市大学都市です。20世紀前半のモダン主義を取り入れた近代建築の優れた例として2000年、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されました。面積1.64kuの広大なキャンパスは、学部によりゾーンに分かれ、研究棟や校舎、寮など関連施設が機能的に配されています。建築には鉄やコンクリートを用い、左右非対称や彫刻による装飾など、芸術的要素が加味されたほか、風通しを考える中庭を随所に設けるなど、熱帯の気候への配慮も窺えます。主な建築物にアウラ・マグナ(講堂),オリンピック・スタジアムがあげまれます。ベネズエラ中央大学の講堂アウラ・マグナには、アメリカの彫刻家であるアレキサンダー・カルダーの代表作である『雲』がおかれています。その他、博物館、図書館、スタジアムなど多くの施設が、現代アートの彫刻、壁画で飾られ、美術館さながらの様相を呈しています。 ※ベネズエラ Venezuela南アメリカの最北部に位置し、正式国名はベネズエラ・ボリバル共和国。 「ベネズエラ」の名は、スペインの征服者がマラカイボ湖の湖上生活者のようすから「小ベネツィア」と称したことに由来する。 ベネズエラの海岸線は2800kmあり、ベネズエラ湾やパリア湾にみられるように複雑にいりくんでいる。 低地や湿地帯の広がる西部をのぞけば、海岸は狭く急傾斜となっている。 72ある島のうちでは、マルガリータ島が最大の島。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。