sponsoredlinks

チャン・チャン遺跡地帯/ペルーの世界遺産

ペルーの世界遺産の中からチャン・チャン遺跡地帯についての紹介ですペルー旅行のときにはチャン・チャン遺跡地帯へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

チャン・チャン遺跡地帯
Chan Chan Archaelogical Zone
所在国:ペルー
世界遺産登録:1986年
世界遺産の種類:文化遺産

チャン・チャンはペルー共和国北西部にある東京ドーム500個分の面積を誇る巨大都市遺跡です。
チムー文明の首都です。
1986年に世界遺産に登録されなした。
南米最大の古代都市といわれています。
この都市を築いたのは9世紀から16世紀に掛けてこの地に栄えたチムー王国。
文字を持たなかったため、その歴史の大半が謎に包まれている王国です。
チャンチャンはこのチムー王国の都として築かれました。
都市は、高さ12mほどもある二重の高い壁で囲まれたシウダデーラと呼ばれる9つの地区を中心に構成されています。
この広大な遺跡の中心にあるのはシウダデラと呼ばれる巨大な王の宮殿があります。
その内部は、リスやペリカン、魚や満月など風変わりなデザインのレリーフで飾られています。
チムーの王の絶大な権威の証であった巨大倉庫には、今も王国の繁栄を伝える品々が眠っています。
約20平方kmという範囲の建造物跡は、一部土台以外日干しレンガでできています。
日干しレンガづくりの都市としては、世界最大規模ですが、もろい材質のため、エルニーニョによる大雨や風化による崩壊が進み、23ヶ所ある(1999年現在)「危機にさらされている世界遺産」に指定されています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56365322
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。