sponsoredlinks

クルアーニー/ランゲル-セント・イライアス/グレーシャー・ベイ/タッチェンシニー-アルセク/アメリカ、カナダの世界遺産

アメリカ、カナダの世界遺産の中からクルアーニー/ランゲル-セント・イライアス/グレーシャー・ベイ/タッチェンシニー-アルセクについての紹介ですアメリカ、カナダ旅行のときにはクルアーニー/ランゲル-セント・イライアス/グレーシャー・ベイ/タッチェンシニー-アルセクへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

クルアーニー/ランゲル-セント・イライアス/グレーシャー・ベイ/タッチェンシニー-アルセク
Kluane / Wrangell-St Elias / Glacier Bay / Tatshenshini-Alsek
所在国:アメリカ、カナダ
世界遺産登録:1979年、1992年、1994年
世界遺産の種類:自然遺産

クルエーン/ランゲル-セント・イライアス/グレイシャー・ベイ/タッチェンシニー-アルセクは、アメリカとカナダの国境地帯に位置する自然公園です。地理的には、北アメリカ大陸の太平洋、北側にあり、アメリカのアラスカ州、カナダのユーコン準州、ブリティッシュ・コロンビア州にまたがっています。4つの公園の総面積はおよそ10万7千平方キロメートルにもおよびます。北アメリカの屋根とも称される山岳地帯を基盤とした、無数の氷河と広大な氷原、そして未開のツンドラ森林地帯、氷河を水源とした沢山の川、滝、湖の景観が見事です。氷河期はどんな様であったのかを今日の私たちに教えてくれます。また、生息している動植物も豊富で、ハクトウワシ、グリズリー、コヨーテ、ヘラジカ、ドールシープ、トナカイ、アカギツネ、ユキウサギなどを見れることが期待できます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56365338
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。