sponsoredlinks

エヴァグレーズ国立公園 アメリカ/アメリカの世界遺産

アメリカの世界遺産の中からエヴァグレーズ国立公園 アメリカについての紹介ですアメリカ旅行のときにはエヴァグレーズ国立公園 アメリカへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

アメリカ エヴァグレーズ国立公園
Everglades National Park
所在国:アメリカ
世界遺産登録:1979年
世界遺産の種類:自然遺産、危機遺産

エヴァグレーズ国立公園はアメリカのフロリダ半島に位置し、アメリカでも有数な湿地帯として知られています。1934年5月に米国の国立公園として認定されましたが、かなり古くから国立公園として認定されたにも関わらず、保護は十分ではなく、ようやく42年後の1976年に国際生物圏保護区として指定を受け、1979年10月にユネスコの世界遺産に、1987年6月4日には国際的に重要な湿地とされました。しかし、とき既に遅し。1993年、危機遺産リストに載せられるようになりました。エヴァグレーズ国立公園は広大な湿地帯ですが、その植物相、動物相には多くの見るべきものがあると言われています。代表的な植物としてはカシ、ポドフィルム、野生のオレンジ、キュウリ、ポーポー、カスタードアップル、固有種の野生のゴムノキなどがあります。動物ではなんといってもアメリカワニ、ミシシッピーワニ、カナダカワウソ、絶滅が危惧されているフロリダピューマ、次に鳥類としてミジカオノスリ、オオハシカッコウ、オオフラミンゴなどは北米大陸で唯一ここで常時暮らしています。その他、サギ、シラサギ、アメリカトキコウ、ベニヘラサギ、トキ類のような渉水鳥も豊富です。こうした自然が残っているので訪れる人も多く、そのためのキャンプ場やビジター・センター、展望タワーなどの施設も充実しています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。