sponsoredlinks

自由の女神像 アメリカ合衆国/アメリカ合衆国の世界遺産

アメリカ合衆国の世界遺産の中から自由の女神像 アメリカ合衆国についての紹介ですアメリカ合衆国旅行のときには自由の女神像 アメリカ合衆国へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

自由の女神像
the Statue of Liberty
所在国:アメリカ合衆国
世界遺産登録:1984年
世界遺産の種類:文化遺産

自由の女神像はニューヨーク・シティ湾中央に浮かぶ小さな島に立っており、アメリカ合衆国独立100周年を記念してフランスより国際的友情の印として贈呈され、1886年に完成しました。
アメリカの自由、民主主義の象徴であるとともに、19世紀末以来絶えることなく世界各地からやってくる移民にとって、新天地の象徴ともなっていいます。
像の高さは46.05m、台座部分も含めると93m、重さは225tで、彫刻家フレデリック・アウグスト・バルトルディによって製作されました。
右手には純金で形作った炎を擁するたいまつを掲げ、左手にはアメリカ独立宣言の日「1776年7月4日」をローマ数字で刻印した銘板を持っています。
王冠の7突起は7つの大陸の7つの海に自由が広がるという意味です。
足元には引きちぎられた鎖と足かせがあり、女神がこれを踏みつけています。
これは弾圧、暴政からの解放を象徴しているらしいです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56365344
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。