sponsoredlinks

グアダラハラのオスピシオ・カバーニャス アメリカ合衆国/アメリカ合衆国の世界遺産

アメリカ合衆国の世界遺産の中からグアダラハラのオスピシオ・カバーニャス アメリカ合衆国についての紹介ですアメリカ合衆国旅行のときにはグアダラハラのオスピシオ・カバーニャス アメリカ合衆国へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

グアダラハラのオスピシオ・カバーニャス
Hospicio Cabanas, Guadalajara
所在国:アメリカ合衆国
世界遺産登録:1997年
世界遺産の種類:文化遺産

オスピシオ・カバーニャスとは、孤児院および病院の複合施設で、とても規模の大きい総合病院です。メキシコのハリスコ州グアダラハラにあり、スペイン語圏アメリカにおける最も歴史が古い病院とされています。オスピシオ・カバーニャスは、グアダラハラ司教により、感化院・病院・孤児院・救貧院の機能を統合する複合施設として1791年に設立されました。1796年にグアダラハラ管区に任命されたホアン・ルイズ・デ・カバーニャスが、オスピシオ・カバーニャスの名前の由来です。この施設の設計には、メキシコ・シティ出身の高名な建築家である、マニュエル・トルサが携わりました。オスピシオ・カバーニャスの建物は164メートル×145メートルの巨大な長方形で、一階建てでも7.5メートルの高さになっています。チャペルにおいてはその倍以上の高さを備え、ドームの高さは32.5メートルに達します。これらの一連の建物は「病人、年配の人、子供たちが容易に行き来できるように」1フロアーに収まっています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56365347
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。