sponsoredlinks

シャーロットヴィルのモンティセロとヴァージニア大学 アメリカ合衆国/アメリカ合衆国の世界遺産

アメリカ合衆国の世界遺産の中からシャーロットヴィルのモンティセロとヴァージニア大学 アメリカ合衆国についての紹介ですアメリカ合衆国旅行のときにはシャーロットヴィルのモンティセロとヴァージニア大学 アメリカ合衆国へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

シャーロットヴィルのモンティセロとヴァージニア大学
Monticello and University of Virginia in Charlottesville
所在国:アメリカ合衆国
世界遺産登録:1987年
世界遺産の種類:文化遺産

シャーロットヴィル(シャーロッツビルまたはシャーロッツヴィル)は、アメリカ合衆国バージニア州中央部に位置する都市で、アメリカ合衆国第3代大統領トーマス・ジェファーソンが設立したバージニア大学を中心とした大学都市です。ジェファーソンの邸宅モンティセロ(モンティチェロ)があることでもよく知られています。ちなみに、モンティチェロとはイタリア語で「小さな山」と言う意味です。独立宣言の起草者でもあるトーマス・ジェファーソンは、両親から大農園を受け継いだこの土地、シャーロットヴィルに、自らの設計でこの私邸を建て、晩年にも手を入れ続けたのだそうです。ジェファーソンは、法学をはじめとし、語学・農学・芸術・建築などを勉強し、モンティチェロにあった彼の蔵書が、彼の死後、国立図書館の基礎を作りました。政治家であると同時に建築の才能にも優れていたジェファーソンは、1819年、シャーロッツビルにバージニア大学を創立し、大学内にパンテオンに似た建物を設計しました。新古典様式による彼の建築様式はアメリカ各地における公共ビルの建築に大きな影響を与えることになりました。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。