sponsoredlinks

ケレタロの歴史史跡地区 アメリカ合衆国/アメリカ合衆国の世界遺産

アメリカ合衆国の世界遺産の中からケレタロの歴史史跡地区 アメリカ合衆国についての紹介ですアメリカ合衆国旅行のときにはケレタロの歴史史跡地区 アメリカ合衆国へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ケレタロの歴史史跡地区
Historic Monuments Zone of Queretaro
所在国:アメリカ合衆国
世界遺産登録:1996年
世界遺産の種類:文化遺産

ケレタロの歴史史跡地区を有し、メキシコシティの北西に位置するケレタロ州の州都ケレタロは、メキシコ・シティーより約400メートル低い標高約1850メートルのところにあるコロニアル都市です。野菜、果物、酪農製品の一大集散地であると同時に、それらの加工工場が多数立地する工業都市でもあります。モンテレー、シウダーフアレス、グアダラハラの3地方とメキシコシティをむすぶ交通の要にあたり、マクシミリアン皇帝の処刑(1867)の舞台となるなど、メキシコ史でも重要な役割を果たしてきました。ケレタロの歴史史跡地区には、様々な建造物や広場や施設が建ち並び、街並みの美しさや歴史を感じる重厚さには目を見張ります。サン・フランシスコ教会の北側には、コレヒドーラ広場が広がり、広場に面している通りにもコレヒドールの名が付けられています。フエンテ・デ・ネプチューンには、1797年に作られたネプチューンの噴水や、1607年〜1613年に建てられたサンタ・クララ教会があります。中でも有名なのは、74のアーチを持つケレタロの水道橋「ロス・アルコス」でしょう。高さが23メートル、全長が1280メートルあって、1726年から1735年の間に築かれました。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。