sponsoredlinks

古代都市ウシュマル アメリカ合衆国/アメリカ合衆国の世界遺産

アメリカ合衆国の世界遺産の中から古代都市ウシュマル アメリカ合衆国についての紹介ですアメリカ合衆国旅行のときには古代都市ウシュマル アメリカ合衆国へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

古代都市ウシュマル
Pre-Hispanic Town of Uxmal
所在国:アメリカ合衆国
世界遺産登録:1996年
世界遺産の種類:文化遺産

メキシコ・ユカタン州ユカタン半島北部のプウク地方にある古代都市ウシュマルとは、古典期後期から後古典期のマヤ文明の遺跡のことです。 メリダの南方78kmの地点にあって、カンペチェへ向かうメキシコの高速自動車国道261号線で、メリダから110kmの地点にあります。ウシュマルという地名は、オシュ=マハアルと発音されたと考えられていて、コロンブス到着以前の古いマヤ語の名称とされており、マヤ語の研究者の間でその由来について論争はありますが、「三度にわたって建てられた町」という意味です。ウシュマルの建造物の整備や復元にたくさんの労力が注がれる一方で、細々と真摯な考古学的な発掘調査や研究がなされてきました。この都市の占地が行われた時代はよくわかっていないのですが、大づかみな人口は、おおよそ2万5千人ほどと推定されています。今日目にすることのできる大多数の建造物は、紀元700年から1100年の間くらいに建てられたものです。マヤ人はこの地方を「丘」を意味する「プウク」と呼んでいたことから、ウシュマルの建築様式は後に「プウク様式」と名づけられました。石のブロックを積み重ねた建物は二層になっていて、上部の壁に様々なモザイク紋様が施されているのが特徴です。こうした建物の飾りに、雨の神「チャク」がたくさん見られるのがウシュマル遺跡の大きな特徴です。人々が雨の神「チャク」を崇めたのは、この地方が乾燥した丘陵地帯であることに大きな理由があります。水を確保することが難しく、雨の神が深く信仰されたのです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。