sponsoredlinks

ポポカテペトル山腹の16世紀初頭の修道院群 アメリカ合衆国/アメリカ合衆国の世界遺産

アメリカ合衆国の世界遺産の中からポポカテペトル山腹の16世紀初頭の修道院群 アメリカ合衆国についての紹介ですアメリカ合衆国旅行のときにはポポカテペトル山腹の16世紀初頭の修道院群 アメリカ合衆国へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ポポカテペトル山腹の16世紀初頭の修道院群
Earliest 16th-Century Monasteries on the Slopes of Popocatepetl
所在国:アメリカ合衆国
世界遺産登録:
世界遺産の種類:文化遺産

ポポカテペトル山腹の16世紀初頭の修道院群とは、現在も時折、噴煙や蒸気をあげるなど活動を続けているポポカテペトル山の麓の小さな村々にある小さな教会と、教会に付属する修道院を指しています。その修道院群は、どれも400年以上の歴史を保ちながら、村の生活に溶け込んでいます。資料を探しても世界遺産という言葉は出てきませんし、実際にポポカテペトル山腹の修道院群を見に行ってもそのような表示や説明があるわけでもありません。どこにも世界遺産という物々しさはなく、村人たちは、これらの教会を中心に、穏やかで活気のある生活をしています。ちなみに、高度5,452メートル、メキシコで2番目に高く、かつ神聖な山であるポポカテペトルは、モレーロス州、プエブラ州、メキシコ州の3州の州境に位置します。周辺は、25,679ヘクタールのポポカテペトル国立公園に指定され、豊かな自然が楽しめます。ポポカテペトル山腹の16世紀初頭の修道院群には、14の修道院が存在し、当時キリスト教伝道にやって来た宣教師達により、フランシスコ会・ドミニコ会・アウグスティン会の建築様式が取り入れられたとされています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56365352
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。