sponsoredlinks

スカン・グアイ カナダ/カナダの世界遺産

カナダの世界遺産の中からスカン・グアイ カナダについての紹介ですカナダ旅行のときにはスカン・グアイ カナダへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

カナダ スカン・グアイ
SGaang Gwaii (Anthony Island)
所在国:カナダ
世界遺産登録:1981年
世界遺産の種類:文化遺産

スカン・グアイとはその昔、ネイティブ・カナディアンのハイダ族が住んでいた島、アンソニー島のことです。スカン・グアイ(アンソニー島)はカナダ西岸の太平洋上のクイーン・シャーロット諸島の最南端にある無人島です。無人島なので手付かずの自然が残り、写真家の星野道夫氏が訪れたことで日本でも知られるようになりました。スカン・グアイが文化遺産として登録されたのは、7,000年以上も前から居住していたといわれている先住民族であるハイダ族の村落址が、歴史的にも文化的にも価値が高いと認められたからです。島にはハイダ族の廃屋や巨大なトーテムポールが残され、彼らの生活やアートなどを知ることができます。彼らは文字を持たなかったため現在では朽ち果てたトーテムポールと住居跡が残るのみです。このトーテムポールもあと 10年以内には完全に朽ち果てるといわれています。クィーンシャーロット諸島は複雑に入り組んだ地形で、ゾディアックと呼ばれるボートで進み、起伏に富んだ島々は美しい原生林に覆われ、アザラシやアシカが日向ぼっこで寝転び、空には海鳥が飛び交う世界が広がっています。またハイダ族の伝統料理も食べられる文化遺産です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。