sponsoredlinks

ミグアシャ国立公園 カナダ/カナダの世界遺産

カナダの世界遺産の中からミグアシャ国立公園 カナダについての紹介ですカナダ旅行のときにはミグアシャ国立公園 カナダへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ミグアシャ国立公園
Miguasha National Park
所在国:カナダ
世界遺産登録:1999年
世界遺産の種類:自然遺産

脊椎動物の化石が出土する地層を保護するため、開設されたカナダ東部の国立公園です。
ミグアシャの化石の地層は1842年に発見された。
1880年代になってから、科学者や歴史学者たちにより採取されだし、たくさんの化石の標本は世界中の博物館そして大学に送られ、確認をされだしました。
一帯からは5000個に及ぶ化石が発見されています。
それは、3億7000万年前の地層が露出しており、デボン紀後期、魚類時代であった魚類の化石であったわけです。
骨のある4枚のヒレをもったユーステノプテロンの化石をはじめ、いずれも保存状態が良好で、魚類から、空気呼吸をして4本足を持った脊椎動物の進化過程を探るうえで
非常に貴重な史料になっています。
総ヒレ数のの最も多いことと、最も保存の良い化石の標本が多数出土したということで世界的に有名になっています。。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56365364
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。