sponsoredlinks

ルーネンバーグ旧市街/カナダの世界遺産

カナダの世界遺産の中からルーネンバーグ旧市街についての紹介ですカナダ旅行のときにはルーネンバーグ旧市街へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ルーネンバーグ旧市街
Old Town Lundenburg
所在国:カナダ
世界遺産登録:1995年
世界遺産の種類:文化遺産

ルーネンバーグ旧市街は、カナダ東部にあるノバスコシア州にある港町です。旧イギリス領植民地であり古都ルーネンバーグともいわれます。フランス人が開拓した街ですが、1753年にドイツやスイスなどからの移民のために建設された都市です。イギリスで一般的な昔ながらの長方形の碁盤の目状の石畳でできた景観です。東西南北に伸びる通りは統一されており「モダンタウン」のように計画された都市として建設されました。町並みは、赤、白、黄色、青など派手な色彩でのペイント、独特な出窓や屋根飾りでできたルーネンバーグ・バンプが特徴的です。18〜19世紀の木造建築を大切に守りながら、街並みを保護するよう生活されています。ルーネンバーグ旧市街の都市建築初年1753年に建築された聖ジョン・アングリカ教会はネオ・ゴシック形式でデザインされています。家並みはビクトリア様式がもされており映画などのロケ地でもよく使われています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。