sponsoredlinks

ランス・オ・メドー国定史跡/カナダの世界遺産

カナダの世界遺産の中からランス・オ・メドー国定史跡についての紹介ですカナダ旅行のときにはランス・オ・メドー国定史跡へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ランス・オ・メドー国定史跡
L’Anse aux Meadows National Historic Site
所在国:カナダ
世界遺産登録:1978年
世界遺産の種類:文化遺産

ランス・オ・メドー国定史跡(ランゾー・メドーズ国立史跡)は、カナダ東部ニューファンドランド島の最北端にある遺跡です。10世紀から11世紀の大航海時代に作られたノース人(ヴァイキング)が居住していた集積遺跡です。ヴァイキング時代の生活や文明を現すものが多く発見されており、治金の跡を含む8つの住居跡や道具類が多数発見されています。居住後も残っており、その作り方は、泥炭で壁を塗って屋根は草で覆われたものです。ヴァイキング形式の居住区空間を模しており、部屋の間仕切りの仕方や炉の置き方から北米大陸唯一のヴァイキングが住んでいたものと証明されている。出土品の中から、骨や石器、鉄器や青銅器などが多く発見されています。治金の技術力は高度のものが残っており、鍛冶と溶鉱炉、船作りに使われた製材所も発見されています。ランス・オ・メドーに住んでいた人々は、古代の西ヨーロッパ人であることがわかってきているが、北米の先住民族アルゴンキン族のサグネ王国の伝説とも推測されています。未だ解明中とのことです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。