sponsoredlinks

グロス・モーン国立公園/カナダの世界遺産

カナダの世界遺産の中からグロス・モーン国立公園についての紹介ですカナダ旅行のときにはグロス・モーン国立公園へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

グロス・モーン国立公園
Gros Morne National Park
所在国:カナダ
世界遺産登録:1987年
世界遺産の種類:自然遺産

グロス・モーン国立公園は、カナダの大西洋側に位置するニューファンドランド島にある自然遺産の国立公園です。国立公園の名前グロス・モーンは、ニューファンドランド島で二番目に高い山のグロス・モーン山からめ異名されました。この地の岩石は、プレートテクトニクスにより海洋地殻が沈み、地表に海洋地殻やマントル起源の岩石が見えることで有名です。また、オルドヴィス紀に海底の堆積物から形成された岩石や、先カンブリア時代の花崗岩、古生代の火成岩など、貴重な岩石を見ることができます。さらに、2万5千年前から1万年前にかけて氷河の侵食で形成されたフィヨルド、長さ30kmにわたる狭い湖のウェスタン・ブルック・ポンド(Western Brook Pond)、北アメリカ大陸東部で最も高い滝のピッシング・メア・フォールズ(Pissing Mare Falls)、トラウトリバー(Trout River)とウッディーポイント(Woody Point)の間に広がるカンラン岩の台地テーブルランズ、などがグロス・モーン国立公園に登録されています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。