sponsoredlinks

ケベック旧市街の歴史地区/カナダの世界遺産

カナダの世界遺産の中からケベック旧市街の歴史地区についての紹介ですカナダ旅行のときにはケベック旧市街の歴史地区へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ケベック旧市街の歴史地区
Historic District of Old Quebec
所在国:カナダ
世界遺産登録:1985年
世界遺産の種類:文化遺産

ケベック旧市街の歴史地区は、カナダのケベック州の州都ケベック・シティにある旧市街(Old Quebec)のエリアです。北米では珍しい城壁都市で知れられおり、長い歴史のある文化遺産となっています。ケベック旧市街の歴史地区は、城壁に囲まれた丘の上にあるアッパータウン(Upper Town)と、丘と川岸に間にあるロウワータウン(Lower Town)とに分かれています。アッパータウンには、ダルム広場(Pace d'Armes)、トレゾール小路(Rue du Tresor)、ノートルダム聖堂(Notre-Dame de Quebec)があります。また、ケベック・シティのランドマークにもなっている伝統ある高級ホテル、シャトー・フロンテナックも有名です。ロウワータウンには、北米最古といわれる繁華街のプチ・シャンプラン(Quartier du Petit Champlain)、ロワイヤル広場(Place Royale)、勝利のノートルダム教会(Eglise Notre-Dame-des-Victoires)があります。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。