sponsoredlinks

アレハンドロ・デ・フンボルト国立公園/キューバの世界遺産

キューバの世界遺産の中からアレハンドロ・デ・フンボルト国立公園についての紹介ですキューバ旅行のときにはアレハンドロ・デ・フンボルト国立公園へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

アレハンドロ・デ・フンボルト国立公園
Alejandro de Humboldt National Park
所在国:キューバ
世界遺産登録:2001年
世界遺産の種類:自然遺産

アレハンドロ・デ・フンボルト国立公園 (Alejandro de Humboldt National Park)は、キューバ東部、首都ハバナの東南東およそ780kmに位置し、キューバ東部のバラコア山地中にある(面積597.7平方km)アレハンドロ・デ・フンボルト国立公園(Alejandro de Humboldt National Park)には、典型的な熱帯林が広がり、 およそ100種の植物が見られる。 また、ここには12の固有種を含む64種の鳥類が見られるほか、 キューバソレノドンといった哺乳類も含む稀少な生物たちの最後の砦となっている。ここでよく知られるのがキューバ固有のカタツムリの一種ポリミタスで、 世界で最も美しいカタツムリと言われるものである。 固体によって貝の色や模様はさまざまで、 赤、黄、茶色などとても派手だが、 体は対照的に黒色をしている世界遺産登録は2001年、自然遺産
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。