sponsoredlinks

シエンフェゴスの都市歴史地区/キューバ共和国の世界遺産

キューバ共和国の世界遺産の中からシエンフェゴスの都市歴史地区についての紹介ですキューバ共和国旅行のときにはシエンフェゴスの都市歴史地区へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

シエンフェゴスの都市歴史地区
Urban Historic Centre of Cienfuegos
所在国:キューバ共和国
世界遺産登録:2005年
世界遺産の種類:文化遺産

シエンフェゴスの都市歴史地区は、キューバのほぼ中央部カリブ海に面したシエンフェゴス湾(Cienfuegos Bay)に接する文化遺産です。シエンフェゴスは、スペインの植民地町として1819年に創設されましたが、その後のフランスの移民によって開放されました。そして、砂糖きび、マンゴ、タバコおよびコーヒーの生産と交易によって栄えました。シエンフェゴスの都市はフランス式の近代的都市計画を取り入れ、碁盤目にみごとに区画整理された町並みとなり、広い通りや広場、フレンチバロック様式の建物が造られました。これは、19世紀ラテンアメリカの都市計画の顕著な例となっています。とくに、ホセ・マルティ広場の周辺には、当時の建物が多く残っています。シエンフェゴスの代表的な建築物として、市庁舎(City Hall)、サンロレンツォ学校(San Lorenzo School)、宮殿(Ferrer Palace)、などがあります。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。