sponsoredlinks

トリニダードとロス・インヘニオス渓谷/キューバ共和国の世界遺産

キューバ共和国の世界遺産の中からトリニダードとロス・インヘニオス渓谷についての紹介ですキューバ共和国旅行のときにはトリニダードとロス・インヘニオス渓谷へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

トリニダードとロス・インヘニオス渓谷
Trinidad and the Valley de los Ingenios
所在国:キューバ共和国
世界遺産登録年:1988年
世界遺産の種類:文化遺産

トリニダードとロス・インヘニオス渓谷はキューバの首都ハバナから南東へ約280km離れたカリブ海に面し海岸線から少し内陸に入った場所に位置する街で、1988年にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された地域です。トリニダードは金鉱探索をしていたスペイン人ディエゴ・ベラスケスが1514年に建設した植民都市です。18〜19世紀半ばに栄えたサトウキビから砂糖を生産する工場を50余りもトリニダードから北西に約14km離れたロス・インヘニオス渓谷につくり、人口は約3万人にも増加しました。トリニダードには現在でもサトウキビの大農園を所有していたオルティス、ブルネート、カンテロ、マリブラーンなどの大邸宅が博物館として残されています。しかしサトウキビ工場で働いていたのは西アフリカから強制的に連行されてきた黒人奴隷たちであり、ロス・インヘニオス渓谷にはその黒人達を監視するために建てられたイスナーガの塔が残っています。トリニダードとロス・インヘニオス渓谷は人類が残した負の世界遺産として知られています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56365378
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。