sponsoredlinks

ティカル国立公園/グアテマラ共和国の世界遺産

グアテマラ共和国の世界遺産の中からティカル国立公園についての紹介ですグアテマラ共和国旅行のときにはティカル国立公園へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ティカル国立公園
Tikal National Park
所在国:グアテマラ共和国
世界遺産登録:1979年
世界遺産の種類:複合遺産

ティカル国立公園は、マヤ文明最大最古の都市遺跡で、グアテマラ北東部のペテン州の密林地帯にあります。都市部にあたるエリアだけでも約16平方kmありますが、4000以上の建物跡を含め、小さな建造物が散在しているため、遺跡全体としては、120平方kmもの広さがあります。テオティワカン文化の強い影響を受けている古代都市・ティカルには、紀元前から人が住んでいたとされ、3〜8世紀には周辺を従え、マヤ古典期の初期から中心都市として栄えましたが、10世紀頃になると他の低地マヤ諸都市のように捨てさられてしまい、その理由は未だ解明されていません。しかし、海抜250mの密林の中に立ち並ぶピラミッド状の数々の神殿は、ジャガー、仮面、双頭の蛇などと名づけられていたとされ、持送り式アーチで作られた宮殿や建造物複合体群を結ぶ大通り、漆喰(しっくい)彫像の建築装飾や石碑などは、マヤ文明の都市建築技術をうかがい知ることができます。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。