sponsoredlinks

アンティグア・グアテマラ/グアテマラ共和国の世界遺産

グアテマラ共和国の世界遺産の中からアンティグア・グアテマラについての紹介ですグアテマラ共和国旅行のときにはアンティグア・グアテマラへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

アンティグァ・グアテマラ
Antigua Guatemala
所在国:グアテマラ共和国
世界遺産登録年:1979年
世界遺産の種類:文化遺産

古都アンティグァ・グアテマラは、首都グアテマラ・シティの西40kmにある富士山のような形をしたアグア火山など3つの山に囲まれた標高1520mの古都。アンテイグア・グアテマラとは「古き良きグアテマラ」の意味です。古都アンティグァ・グアテマラは、1543年、現在のメキシコ南部からコスタリカまでの地域を統括する総督府として創建されると、38に及ぶ聖堂や、大学、神学校などが次々と建てられました。大聖堂がそびえる中央広場を中心に碁盤の目のように道路が敷かれ、広場を囲んで、旧グアテマラ総督の宮殿、ラ・メルセー教会、修道院やコロニアル風の建物が静かにたたずみ、石畳の美しさが印象的です。宗教や学問の中心地としての地位を築いた町の人口は、18世紀には8万人にまで膨らんだといいます。中米ではもっとも華やかな都市として栄えましたが、1773年の大地震による崩壊で、首都がグアテマラ・シティに移されました。建都以来、たびたび地震に襲われたため、イスラムの影響を受けたスペインの様式と先住民の様式を融合したバロック様式の建物には耐震性が加えられ、厚い壁、低い天井、両端に塔を備えた独特の構造になりました。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56365382
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。