sponsoredlinks

プエブラ歴史地区/メキシコの世界遺産

メキシコの世界遺産の中からプエブラ歴史地区についての紹介ですメキシコ旅行のときにはプエブラ歴史地区へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

プエブラ歴史地区
Historic Centre of Puebla
所在国:メキシコ
世界遺産登録:1987年
世界遺産の種類:文化遺産

プエブラ歴史地区(Historic Centre of Puebla)メキシコシティから東に120Km、人口130万人のメキシコ第4の都市である。この街はメキシコシティのように原住民の旧文化を破壊して創ったのでは無く、スペインから農民などを移民させて新しく創った街で、スペイン風の街並みは世界遺産にも登録されている。この街の最大の見所は1571年〜1647年にかけて建造されたサントドミンゴ教会のロサリオ礼拝堂。1690年に完成した礼拝堂は全体が精緻な装飾が施され、それを金箔で覆い贅を極めた荘厳な宗教美術である。当時のカトリック教会の権勢を思い知らされる歴史遺産である。また「砂糖菓子の家」に代表されるタイルで覆われたキュートな建物をこのプエブラ歴史地区(Historic Centre of Puebla)周辺で多く見物する事が出来る。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56365402
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。