sponsoredlinks

古代都市エル・タヒン/メキシコの世界遺産

メキシコの世界遺産の中から古代都市エル・タヒンについての紹介ですメキシコ旅行のときには古代都市エル・タヒンへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

古代都市エル・タヒン
El Tajin, Pre-Hispanic City
所在国:メキシコ
世界遺産登録:1992年
世界遺産の種類:文化遺産

エル・タヒンは、メキシコシティの北東約200キロ、ベラクロス州パパントラの西9キロの熱帯植物が多い丘陵地にあります。オルメカ文明をはじめとするテオティワカン文化の影響を受けています。7〜11世紀にかけて全盛期を迎えたベラクルス古典期文化の都市遺跡です。トトナカ族またはワステカ族によりエル・タヒンは建設された見られています。エル・タヒンの特徴的な建築物は、「壁龕(へきがん)のピラミッド」です。このピラミッドは雨や風の神々を祭ったものとされ6層でできています。垂直と斜めの壁を組み合わせたピラミッドは他では類を見ないものです。その他の特徴として古代からの球戯場が存在しています。メキシコシティからバスで約6時間かかるため観光地化が進んでおらず、遺跡は良好に保存されています。現在も遺跡の発掘作業は進められており現在でもまだの1割程度しか開発は終わっていない状況です。温暖な気候のため豊潤な土地柄が反映され微笑ましい神々をもした偶像が多いのも特徴的です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。