sponsoredlinks

モレリア歴史地区/メキシコの世界遺産

メキシコの世界遺産の中からモレリア歴史地区についての紹介ですメキシコ旅行のときにはモレリア歴史地区へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

モレリア歴史地区
Historic Centre of Morelia
所在国:メキシコ
世界遺産登録:1991年
世界遺産の種類:文化遺産

モレリア歴史地区は、メキシコ中部にある文化遺産で、メキシコシティから西へ240kmほどのところに位置するミチョアカン州の州都です。スペインの植民地時代に植民都市が多く建設されましたが、交通の要衝としてのバリャドリードなどが有名です。バリャドリードは、この地で生まれたメキシコ独立運動の英雄ホセ・マリア・モレロス・イ・パボンの名前から、1828年にモレリアとなりました。モレリア歴史地区には、スペイン人の指揮のもとインディオたちが造った二つの鐘楼があるバロック様式の大聖堂、スペインからの独立を指揮したモレロスゆかりの建造物など、16世紀以降の植民時代の姿が残る旧市街が世界遺産に登録されています。また、コロニアルな街並みや、1.6kmにも及ぶローマ風アーチの水道橋も人気となっています。モレリアは、コロニア文化と先住民族タラスコ族の文化が融合する町並みが見どころの文化遺産です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56365404
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。