sponsoredlinks

サンフランシスコ山地の岩絵群 メキシコ合衆国/メキシコ合衆国の世界遺産

メキシコ合衆国の世界遺産の中からサンフランシスコ山地の岩絵群 メキシコ合衆国についての紹介ですメキシコ合衆国旅行のときにはサンフランシスコ山地の岩絵群 メキシコ合衆国へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

サンフランシスコ山地の岩絵群
Rock Paintings of the Sierra de San Francisco
所在国:メキシコ合衆国
世界遺産登録:1993年
世界遺産の種類:文化遺産

紀元前1100〜西暦1300年に描かれた壁画群で、人や鹿、オオツノジカ、ピューマなどの野生動物が鮮やかな赤と黒で描かれています。
位置的には、サン・イグナシオから北へ43Km、サンフランシスコ半島の東側の急勾配を登っていくと、サン・パブロ渓谷のハツカネズミ洞窟に到着します。
サン・パブロ渓谷には、このハツカネズミ洞窟以外にも洞窟があり、バハ・カルフォルニアを領土にしていたコチミ族が洞窟の天井なんかに描いた岩絵が点在しています。
発見された洞窟岩絵は、400にも及んでいます。
基本的な色は黒(木炭)、白(凝固させた火山灰)、赤レンガ色(押しつぶされた溶岩)、および黄色との朱色を(黄土色)で、岩絵はユニークで芸術的であるようです。
洞窟岩絵としては、世界一の傑作とされており、コチミ族の非常に洗練された文化を物語っています。
このサン・パブロ渓谷は、乾燥地帯であり、人があまり踏み込むことがないのが幸いして、岩絵の保存状態はかなりよく、シャーマンの哲学を表現したものと言われています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。