sponsoredlinks

サカテカス歴史地区 メキシコ合衆国/メキシコ合衆国の世界遺産

メキシコ合衆国の世界遺産の中からサカテカス歴史地区 メキシコ合衆国についての紹介ですメキシコ合衆国旅行のときにはサカテカス歴史地区 メキシコ合衆国へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

サカテカス歴史地区
Historic Centre of Zacatecas
所在国:メキシコ合衆国
世界遺産登録:1993年
世界遺産の種類:文化遺産

サカテカスは征服者であるスペイン人が銀鉱山都市として1546年に建設した町で、標高約2250メートルの高地に位置します。
サカテカスは16世紀にメキシコ随一の銀鉱として栄えた街です。
この一帯では34にものぼる銀鉱脈が発見され、大きな発展を遂げました。
かつて不毛の土地だった町は、鉱山都市の先駆けとして発展し、銀で富を得た貴族階級は、富を競うようにバロック様式の豪邸や教会を次々と建てました。
建物には鉄分を含む赤みがかった石が用いられたために、町全体がピンク色を帯びていることから、ピンク・シティと呼ばれています。
今でも教会や古い石畳の小路、広場などが残っており、中世ヨーロッパのような空気が自然と流れています。
19世紀前半、独立戦争中に鉱山が荒廃したため一時生産量が低下したが、まもなく生産力を回復させていきました。
町の中心に建つ大聖堂は、チュゲリラ様式の傑作とされ、特に正面部分はメキシコ先住民の文化の要素が加味された緻密な彫刻で埋め尽くされています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。