sponsoredlinks

エル・ビスカイノのクジラ保護区 メキシコ合衆国/メキシコ合衆国の世界遺産

メキシコ合衆国の世界遺産の中からエル・ビスカイノのクジラ保護区 メキシコ合衆国についての紹介ですメキシコ合衆国旅行のときにはエル・ビスカイノのクジラ保護区 メキシコ合衆国へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

エル・ビスカイノのクジラ保護区
Whale Sanctuary of El Vizcaino
所在国:メキシコ合衆国
世界遺産登録:1993年
世界遺産の種類:自然遺産

太平洋に面した、バハ・カリフォルニア半島の真ん中に位置するセバスティアン・ビスカイノ湾の一角は亜熱帯の野生生物保護区です。
セバスティアン・ビスカイノ湾とビスカイノ半島周辺の25000平方キロメートルにわたり、規模からいうと中南米最大で、太平洋を往き来する野生動物の交差点となっています。
ゲレロ・ネグロの南に広がる珊瑚礁オホ・デ・リエブレ潟は、カリフォルニアハイイロクジラの繁殖地として有名です。
北太平洋のベーリング海から8000Kmを泳ぎきり、毎年1月から3月にかけて、カリフォルニアハイイロクジラが交尾と出産のために数多く集まります。
バハ・カリフォルニア半島中央部は、ビスカイノ砂漠や標高2000mの高原である内陸部も、他の生物に満ちています。
海岸地帯はマングローブでおおわれ、毎年7万羽ものコクガンが飛来します。
また、ここにはゼニガタアザラシやトド、キタゾウアザラシ、アオウミガメ、オサガメ、ヒメウミガメ、タイマイなどの絶滅に瀕している海洋動物の生息地にもなっています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。