sponsoredlinks

カンペチェ州、カラクムールの古代マヤ都市/メキシコ合衆国の世界遺産

メキシコ合衆国の世界遺産の中からカンペチェ州、カラクムールの古代マヤ都市についての紹介ですメキシコ合衆国旅行のときにはカンペチェ州、カラクムールの古代マヤ都市へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

カンペチェ州、カラクムールの古代マヤ都市
Ancicnt Maya City of Campecche
所在国 : メキシコ合衆国
世界遺産登録:2002年 
世界遺産の種類:文化遺産

メキシコのユカタン半島のメキシコ湾に面したカンペチェ州のカラクムル市にありカラクムールは、1931年にアメリカ人探検家によって、その存在が報告され調査が始まった遺跡です。この古代マヤ文明は都市国家として1200年以上にわたって栄えメキシコ南部のユカタン半島の熱帯雨林のなかにあり紀元前4世紀から後10世紀末までに続いた都市に築かれたピラミッドや球戯場、宮殿などの遺構は保存状態もよく、マヤ芸術として高い評価を受ける石碑も数多く発掘されています。このカラクムールはマヤ文明最大級の都市ティカルと対立するほどの規模をもった都市で古代マヤ文明の時代の都市生活の様子や文化が鮮明にわかる遺跡としても有名です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56365416
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。