sponsoredlinks

ソチカルコの古代遺跡地帯/メキシコ合衆国の世界遺産

メキシコ合衆国の世界遺産の中からソチカルコの古代遺跡地帯についての紹介ですメキシコ合衆国旅行のときにはソチカルコの古代遺跡地帯へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ソチカルコの古代遺跡地帯
Archaeological Monuments Zone of Xochicalco
所在国:メキシコ合衆国
世界遺産登録年:1999年
世界遺産の種類:文化遺産

ソチカルコの古代遺跡地帯はメキシコ合衆国のモレーロス州の州都であるクエルナバカから南に約35kmほどの丘陵地帯にある城塞都市遺跡のことで、1999年にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されました。ソチカルコとは「花々の館」を意味する言葉で、650年〜900年代にモンテ・アルバン、テオティワカン、パレンケ、ティカルなどの都市が衰退した後の民族移動や新興の都市国家間の抗争が続いた頃に発祥した都市であり、マヤ文明とも交流の深いトルテカ文明の政治、文化、商業、宗教などの中心地として栄えたところです。ケツァルコアトルという羽のあるヘビをモチーフとした彫刻は非常に有名で、神殿の四面にはマヤの神官のレリーフが彫られており保存状態が大変良く当時の様子が良くうかがえます。マヤ文明だけではなく時代をまたぎ地域を越え融合された独特の建築や美術が見られ、後のアステカ文明にも大きな影響を与えたと言われています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/56365417
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

メキシコ マヤ文明
Excerpt: ソチカルコの古代遺跡地帯/メキシコ合衆国の世界遺産ソチカルコとは「花々の館」を意味する言葉で、650年~900年代にモンテ・アルバン、テオティワカン、パレンケ、ティカルなどの都市が衰退した後の民族移動..
Weblog: メキシコ大好き!!
Tracked: 2007-10-16 19:36
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。