sponsoredlinks

オアハカ歴史地区とモンテ・アルバンの古代遺跡/北アメリカの世界遺産

北アメリカの世界遺産の中からオアハカ歴史地区とモンテ・アルバンの古代遺跡についての紹介です北アメリカ旅行のときにはオアハカ歴史地区とモンテ・アルバンの古代遺跡へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

オアハカ歴史地区とモンテ・アルバンの古代遺跡
Historic Centre of Oaxaca and Archaeological Site of Monte Alban
所在国:北アメリカ
世界遺産登録:1987年
世界遺産の種類:文化遺産

モンテ=アルバンは、メキシコ、オアハカ州のオアハカ盆地中央、オアハカ市街の西方10km、盆地の「底面」からの比高差400mにある山の頂上を平らにして築かれたサポテカ文化の中心をなす祭祀センターです。
紀元前500年頃から紀元800年頃まで繁栄していました。
後古典期には、ミシュテカ族に支配されていました。
メソアメリカ文明を考える上で非常に重要な考古遺跡であって、1987年に世界遺産にも登録されています。
遺跡全体のひろがりは42平方キロメートルに及ぶが、中央広場をかこむ東西200m、南北300mの範囲に主な神殿や、天体観測所(建造物J)、球戯場などがあります。
現在残っている建造物は、古典期に相当するモンテ=アルバンIII期のものがほとんどであるが、中央広場南西部隅にある「踊る人々の神殿」(Temple of the Danzantes)は、先古典期中期末から後期初頭の建造物で、神殿の周囲におかれた石彫には、あたかも踊っているように見える人物像などがあります。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。