sponsoredlinks

龍門石窟・世界遺産から日中友好の歌声

世界遺産・龍門石窟で「響け!日中友好の歌声」

河南省洛陽市で開かれている「2007日中友好合唱文化フェスティバル」で、4日午前には世界遺産に登録されている同市の龍門石窟でコンサートが行われた。
1500年の歴史を持つ歴史の宝庫の前で、両国の合唱団計約1000名による日中友好の歌声が響きわたった。

この合唱文化祭は日中国交正常化35周年を記念する「2007日中文化スポーツ交流年」の一環として開催された。
河南省人民対外友好協会と、日本・日中メディア文化交流会などの共催による「2007中日友好合唱文化フェスティバル」が2日、河南省鄭州市で開催された。
同フェスティバルは、2007中日文化スポーツ交流年のイベントの1つ。写真は埼玉県戸田市の60歳以上のメンバーからなる宝珠コーラスのステージ
中国情報局より
この記事へのコメント
インプラント治療でかかった費用は医療費控除の対象となり、税務署への簡単な確定申告でお金が戻ってきます。インプラント等の治療費を計算する際には、費用負担軽減のためにも、ぜひこのことを念頭においてお考えください。1年間(1月1日から12月31日)に医療費として支払った金額が、10万円以上200万円までが対象となります。※医療費控除額=(支払った医療費の額−保険金等で補填された額)-10万円か、合計所得金額の5%のいずれか低い金額です(最高200万円まで:インプラント手術においても適応されます。)一年間に支払った医療費が10万円以上だった場合 (年収によっては10万円以下でも可)に適用され、医療費が税金の還付、軽減の対象となる制度です。本人の医療費のほか家計が同じ配偶者や親族の医療費も対象となります。共働きの夫婦で妻が扶養家族からはずれていても、妻の医療費を夫の医療費と合算できます。 医療費の領収書等を確定申告書に添付するので、領収書等は大切に保管しておいてください。医療費控除の対称となる医療費には、病院や診療所でかかった治療費だけでなく、治療のための医薬品の購入費用や、通院費・入院費用などの、治療に必要であると認められるものも含まれます。インプラント・審美歯科など、自費による歯科診療費用も、この中に含まれます。ただし、健康増進や疾病予防のための医薬品代金や費用、人間ドックなどの健康診断のための費用に関しては、治療に必要であると認められない場合、医療費控除の対称にはなりません。歯科関連では、ハブラシやうがい薬等の歯科衛生用品の代金がこれにあたり、控除の対象外となります。
Posted by at 2008年03月13日 03:47
インプラント治療の種類はさまざまですが基本的には歯科インプラント治療では、あごの骨にチタン(チタン合金)を埋め込みます。この骨の中に埋める部分を、「人工歯根」と言い、それ以外のおんなじ意味の表現の違いには、インプラントimplant、またはインプラント体(implant body インプラント・ボディ)、ときにはインプラント治療の考案者である博士の功績をたたえてフィクスチャー、と呼ばれrつこともあります。現在、世界では60種類くらいのインプラント治療の人工歯根があり、日本の厚生労働省で許可されたものだけ数えても20種類以上が販売されています。POI =京セラ 、カルシテック =Sulzer Calcitek 、アストラ =アストラ 、パラゴン Sulzer =Medica 、impla-med =Impla-Med 、IAT =石福金属興業 、エンドポア =Innova 、GCインプラント =GC 、CAMLOG =アルタテック 、アンキロース =Degussa 、プラトン =プラトン 、イムテック =Imtec 、SARGON =Crossfield 、AQB =アドバンス ITI =ストローマン 、3i =インプラント・イノベーション 、IMZ =フリアテック 、Frialit-2 =フリアテック 、ステリオス =ノーベルバイオケア 、Replace =ノーベルバイオケア他 があります。さて、現代ではインプラント治療による歯根移植法が確立していますがどのようにしてこの技術はいまの高水準にまで発展してきたのでしょうか。最も古くは古代文明の出土品の顎骨から石や動物の骨(歯)などを使って歯の再建の痕跡がみられたようです。それから近代にかけて、歯のかわりに人工サファイヤや合成金属を用いての試みがみられました。1950年代に画期的な出来事が起こります。ブローネンマルク博士(スウェーデン)がチタン金属と骨がしっかりと癒着する事を発見しました。この発見が現在のインプラント治療の基礎となっています。このインプラント治療法は世界的にさらに研究開発が進められ、近年、新しいインプラントのかずかずが開発されてきました。その結果、以前と比較しても飛躍的に改良され、耐久性も向上しました。基本システムをさらに改良しインプラント治療のデータ−がたくさん集まり、成功率も安全性もかくりつされたのが現代のインプラント治療というわけです。
Posted by at 2008年03月13日 03:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/58815663
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。