ソルターニーエ/イラン・イスラム共和国の世界遺産

イラン・イスラム共和国の世界遺産の中からソルターニーエについての紹介ですイラン・イスラム共和国旅行のときにはソルターニーエへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ソルターニーエ
Soltaniyeh
所在国:イラン・イスラム共和国
世界遺産登録:2005年
世界遺産の種類:文化遺産

ソルターニーエとは、イラン北西部に位置するザンジャーン州(Zanjan province)の文化遺産です。ソルターニーエは、イルハン朝(Ilkhanid)第8代君主オルジェイトゥ(Oljaytu)によって建設された都市遺跡で、1302年から1312年にかけて王朝の中心地に建設された、オルジェイトゥの霊廟も残されています。ソルターニーエは、ペルシャ建築とともにイスラム建築物の重要な遺産の一つです。八角形の建物は二重のシェル構造で、細長いミナレットと高さ50mのドームを持ち、ターコイズブルーのタイルで覆われた、最も初期の例を示した貴重な建造物です。また霊廟の室内装飾も、モザイク、彩色陶器、壁画など貴重な遺産となっています。ソルターニーエは、イランの交易ルートの交点にあたり、当時は首都として栄えていました。現在でも、平地の真ん中に立つ大きな建物が、王朝時代からの景観の素晴らしさを伝えています。

パサルガダエ/イランの世界遺産

イランの世界遺産の中からパサルガダエについての紹介ですイラン旅行のときにはパサルガダエへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

パサルガダエ
Pasargadae
所在国:イラン
世界遺産登録:2004
世界遺産の種類:文化遺産

パサルガダエは紀元前546年頃キュロス大王によって開かれたアケメネス朝最初の首都、つまりペルシャ帝国発祥の地です。パサルガダエは世界最古の大帝国アケメネス朝ペルシャの最初の都でもあります。キュロス大王は紀元前550年にペルシャを治めていたメディア王国を倒して独立し、その後、新バビロニア王国を倒してオリエントを支配下におきました。彼の息子は更にエジプトまでも支配化に置き、アケメネス朝ペルシャは西は小アジア・エジプトから東はインダス川までという広大な大帝国となりました。パサルガダエの宮殿や城塞、霊廟などの遺構は、アケメネス朝初期の建築様式や芸術を伝える貴重な史料です。遺構には東地中海方面やエジプト、インドなどの影響が見られ、この王朝が異文化を尊重していたことを示しています。また、その造園技術は西アジア諸国の模範となっています。

ハトラ/イラク共和国の世界遺産

イラク共和国の世界遺産の中からハトラについての紹介ですイラク共和国旅行のときにはハトラへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ハトラ
Hatra
所在国:イラク共和国
世界遺産登録:1985年
世界遺産の種類:文化遺産

ハトラは、別名『神の家』とも呼ばれ、紀元前3世紀頃から紀元後3世紀半ばまでパルティア王国内の半独立国アラビア王国の首都して栄えた都市で、今でも当時を彷彿とさせる建造物が多く残されている古代都市遺跡です。イラク北西部モスール州から南西約100km地点に位置し、砂漠地帯の中にハトラの古代都市遺跡が残されています。ハトラは、1世紀頃は、パルティア王国の隊商都市として栄えたが、ササン朝ペルシアに征服され、滅びたと言われています。ハトラは二重構造の城壁に囲まれており、東西南北には城門があり、その外側には堀が残されています。ハトラ市内中央は、聖域とされ、アッラート女神や太陽神シャマシュの神殿などの遊牧民特有のイーワーン様式のイスラム建造物や、ギリシャやローマの影響を受けたと見られる神像や肖像、小神殿などの建築物も残されています。

アッシュール(カラット・シェルカット)/イラクの世界遺産

イラクの世界遺産の中からアッシュール(カラット・シェルカット)についての紹介ですイラク旅行のときにはアッシュール(カラット・シェルカット)へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

アッシュール(カラット・シェルカット)
Ashur (Qal'at Sherqat)
所在国:イラク
世界遺産登録:2003年
世界遺産の種類:文化遺産/危機遺産

アッシュールとは、アッシュルとも表記されますが、現在のイラクのカラット・シェルカットに位置するアッシリアの最初の首都となったチグリス川西岸の都市を指します。また、アッシリアの最初の首都となったチグリス川西岸の都市を中心とする地域のことも指し、その主神のこともアッシュールと言います。アッシュールがメソポタミア諸都市の中でも、少し変わっているのは、「都市アッシュール」と、それを中心とした地域である「アッシュールの地」と、それらを守護する「アッシュール神」が全く同一の名前である点である、ということです。粘土板文書では発音されない限定詞によってこの3つが区別されています。アッシュールは、紀元前14世紀後半からアッシュールナシルパル2世の世までアッシリア国王の都市として栄えました。紀元前883年に、アッシュールナシルパル2世によってカルフ(ニムルド)へ首都が移されたあとは、イシュタルとアッシュールの神殿とともに、アッシリアの宗教的な中心としてその重要性を維持し続けたと言われています。アッシュールはその後、バビロニア人によって征服されました。紀元前614年のことです。アッシュールのシンボル、シッグラトとは、ピラミッドのような形をした煉瓦を積み上げた聖なる塔のことです。平原ばかりのメソポタミアで、神を天から迎えるために築かれたものといわれています。また、洪水が襲ってきた時には、避難場所としても使われたようです。アッシュ−ルの遺跡は、フセイン政権時代に、ダム建設によって水没の危機に陥ります。2003年ユネスコは、アッシュールを世界遺産に登録すると同時に、危機遺産リストにも登録しました。

テル・アビーブのホワイト・シティ-近代化運動/イスラエル国の世界遺産

イスラエル国の世界遺産の中からテル・アビーブのホワイト・シティ-近代化運動についての紹介ですイスラエル国旅行のときにはテル・アビーブのホワイト・シティ-近代化運動へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

テル・アビーブのホワイト・シティ-近代化運動
White City of Tel-Aviv-the Modem Movement
所在国:イスラエル国
世界遺産登録:2003年
世界遺産の種類:文化遺産

イスラエルの首都イスラエルの西側地中海に面する地域に位置するテルアビブ都市圏はイスラエル最大の都市で、同国の人口(約600万)のおよそ3分の1が集中している。テル・アビブとはヘブライ語で「春の丘」を意味し、多民族が共存する都市でもあります。イスラエル経済の中心地都市でもあるこの地は昔は商業港で賑わった東洋の都市であったが19008年にユダヤ人が新都市を建設した、現在のテル・アビブは国際的な現代建築のユニークな歴史をとどめるもので1930年代にナチスの迫害から新天地を求めていたバウハウスの手法を受け入れ、国際的なビルが次々と建てられドイツの技術がこの地で花開いたものです。建物が白いことから後にホワイトシティーと愛称されるようになったものなのです。

アッコ旧市街 /イスラエル国の世界遺産

イスラエル国の世界遺産の中からアッコ旧市街 イスラエル国についての紹介ですイスラエル国旅行のときにはアッコ旧市街 イスラエル国へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

アッコ旧市街
Old City of Acre
所在国:イスラエル国
世界遺産登録:2001年
世界遺産の種類:文化遺産

アッコ旧市街は、レバノン国境に近いイスラエル北西部の港町に位置しており、その歴史は驚くほど古くて、紀元前20世紀には町の機能を備えていたとされています。そして紀元前16世紀にはフェニキア時代に港湾都市として建設され、繁栄していたといわれています。アッコは、アッカ、アッコン、アクレなどとも表記されています。旧約聖書ではアッコ、新約聖書ではプトレマイスの名で知られています。5世紀にはアルタクセルクセス王のエジプト遠征の基地でありましたが、後にビザンチン帝国、十字軍、イスラム教徒、オスマン帝国に支配されるという歴史があります。18〜19世紀のオスマン帝国時代のイスラム的な都市デザインを濃厚に残すアッコ旧市街の地下には、1104年から1291年の間に築かれた、十字軍時代のヨハネ騎士団の本拠地となった町の都市遺構がほぼ完全な形で埋もれています。良好な状態で保存された地下要塞は、中世の十字軍都市の設計及び建築に関する貴重な資料となっています。

マサダ/イスラエル国の世界遺産

イスラエル国の世界遺産の中からマサダについての紹介ですイスラエル国旅行のときにはマサダへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

マサダ
Masada
所在国:イスラエル国
世界遺産登録:2001年
世界遺産の種類:文化遺産

マサダは、紀元前にヘロデ一族が立て籠もったことで、難攻不落と言われた岩山の頂上にある要塞の遺跡です。マサダは、アラム語の『要塞』を意味する『ハ・メサド』に由来すると言われています。マサダは、イスラエル国のエン・ゲディの南側約25km、死海の西側の絶壁のような岩山の上にあり、その岩山は死海(東)側の高さは400m、麓(西)側の高さは100m、頂上は東西300m、南北600mという菱形をしています。マサダは、古代イスラエルの歴史家であるフラウィウス・ヨセフスの『ユダヤ戦記』によると紀元後70年にエルサレムがローマ軍の手により陥落した後、967人のユダヤ人がマサダに立て籠もりましたが、ローマ軍は15000人もの兵士でマサダを包囲し、紀元後73年に陥落したといわれています。マサダの周辺には、ローマ軍陣営の遺跡が残されています。陥落後、マサダに籠城していた女性2人と子ども5人以外のすべてユダヤ人がローマ軍の奴隷になるよりは、と集団自決をしたという話は、抑圧と自由の狭間での人間の闘いの歴史を物語る悲しいエピソードです。

聖書時代の遺丘群−メギッド、ハツォール、ベエル・シェバ/イスラエルの世界遺産

イスラエルの世界遺産の中から聖書時代の遺丘群−メギッド、ハツォール、ベエル・シェバについての紹介ですイスラエル旅行のときには聖書時代の遺丘群−メギッド、ハツォール、ベエル・シェバへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

聖書時代の遺丘群−メギッド、ハツォール、ベエル・シェバ
Biblical Tels - Megiddo, Hazor, Beer Sheba
所在国:イスラエル
世界遺産登録: 2005年
世界遺産の種類:文化遺産

聖書時代の遺丘群−メギッド、ハツォール、ベエル・シェバ (Biblical Tels - Megiddo, Hazor, Beer Sheba)メギドは、イスラエル北部、エズレル平原の西端に位 置する遺跡丘(テル)。新約聖書の黙示録に、最終戦争が行われる場所としてハルマゲドン(ヘブライ語でメギドの丘)として記述されています。紀元前2000年代にはカナン人の都市として、また紀元前1000年ごろにはソロモン王の重要な都市としてメギドが登場します。メギドのテルはイスラエルでも最大級で、聖書時代のテル(遺跡丘群)として、ハツォール、ベエル・シェバの遺跡とともに、2005年に世界文化遺産に登録された。ハルマゲドン=ヨハネの黙示録(16:16)によると、善と悪の最終決戦がハルマゲドンで行われた後、神(とイエス)が降臨し、キリスト教の教えに忠実に生きてきた善人のみを救い出し、1000年続く王国(ミレニアムキングダム、千年王国)をつくりだす。

香料の道−ネゲヴ砂漠都市/イスラエルの世界遺産

イスラエルの世界遺産の中から香料の道−ネゲヴ砂漠都市についての紹介ですイスラエル旅行のときには香料の道−ネゲヴ砂漠都市へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

香料の道−ネゲヴ砂漠都市
Incense Route / Desert Cities in the Negev
所在国:イスラエル
世界遺産登録:2005年
世界遺産の種類:文化遺産

ネゲヴ(Negev)はイスラエルの南部地方を指します。 イスラエルでは、 香は神への捧げ物やなどに使われる貴重な必需品でした。香料の道は紀元前3〜後2世紀にかけ、古代ナバタイ人が地中海沿岸の富裕階級の人々が求めた乳香や没薬を運ぶ際に通過した、ネゲヴ砂漠上の交易路です。一帯にはナバタイ人の築いたハルザ、マムシト、アヴダト、シヴダの四つの町のほか、要塞や隊商宿などが点在しています。ネゲヴの土壌はもともと多くの塩分を含むため、 生育できる植物は限られており、 聖書にも記されているアカシアやギョリュウくらいしか育ちません。またネゲヴの土壌はチョーク質なので、 水が土に沁み込む速さが極めて遅く、 雨季にはちょっとした雨でも簡単に洪水を引き起こします。 (聖書にもこの「ネゲヴの洪水」を扱ったものがあります。)

古都ザビード/イエメン共和国の世界遺産

イエメン共和国の世界遺産の中から古都ザビードについての紹介ですイエメン共和国旅行のときには古都ザビード 文化遺産へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

古都ザビー
Historic Town of Zabid
所在国:イエメン共和国
世界遺産登録:1993年 2000年 
世界遺産の種類:文化遺産  危機遺産

古都ザビードはイエメンの首都サナアの南西160q、紅海に近いワジ川の川岸に位置しています。「ワディ・ザビード」の名前で知られる湧水の南に広がるこの町は、イエメンの中でも最古の都市であると同時に、アラビア初の大学〔アル・アシェル大学の前身〕を建設し13世紀から15世紀にかけて、イエメン王国の首都であり、また、カイロにも教師を派遣しアラブ、イスラーム世界において名声をはせたザビード大学もあったことから、教育の中心地でもあった都市でモスクも200以上建てられ学生だけで5000人が住居していたと言われている。現在は都市化や劣化、コンクリートの建物などの建造物の増加により2000年に危機に晒されているとして危機遺産として登録された

シバームの旧城壁都市/イエメンの世界遺産

イエメンの世界遺産の中からシバームの旧城壁都市についての紹介ですイエメン旅行のときにはシバームの旧城壁都市へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

シバームの旧城壁都市
Old Walled City of Shibam
所在国:イエメン
世界遺産登録:1982年
世界遺産の種類:文化遺産、危機遺産

シバームの旧城壁都市は、イエメン共和国の首都サナアから東へおよそ470キロ向かった、ハドラマウト地方の砂漠内に位置しています。一般に「砂漠の摩天楼」とも「砂漠のマンハッタン」とも言われます。というのも、地上30メートルにもおよび、そのすべてが6〜7階建ての高層ビルが密集して建てられているからです。高層ビルのほとんどはもとが作られたのは、500年以上も前とされています。どれも日干し煉瓦で造られたもので、現存する中では、世界でもっとも古い摩天楼として知られています。そうした理由で町全体が世界遺産となっています。建物上部は砂漠の強烈な日差しへの対策として、白く塗装されています。町自体は、ワジといわれる涸れ川の上に建設されており、洪水の度に、再建されてきました。シバームは、古代から、乳香の交易拠点として栄えてきました。珍重された高価な乳香を狙った略奪、侵略から守るために、建物の一階部分には窓を作らず、高層階から隣のビルへ逃げれるよう、ビルとビルの間を密に狭くしたりしたのです。

サナア旧市街/イエメンの世界遺産

イエメンの世界遺産の中からサナア旧市街についての紹介ですイエメン旅行のときにはサナア旧市街へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

サナア旧市街
Old City of Sana'a
所在国:イエメン
世界遺産登録:1986
世界遺産の種類:文化遺産

サナア旧市街とは、アラビア半島南西にあるイエメンの首都であるサナア(サヌア)に残る旧市街地のことで、世界遺産に登録されています。サナアは最も高い所で標高3,760メートルもの高原にあり、モンスーンの影響を受けるために雨量も多いです。サヌア市内には粘土で作った煉瓦造りの建物があって、アラブ文化が色濃く残っています。イスラムの都市であり、市内にはムスリム大学やモスクが数多く見受けられます。世界最古の摩天楼都市サナアは、砂漠と海に挟まれた山岳地帯にありますが、古代より、交易によって栄え、その豊かさゆえに、抗争にさらされてきました。サナアでは、膨らむ人口を城壁の中に詰め込むために建物を高くしていきましたが、高いものは、7階にも及びます。ひとつの建物の中に、同じ血縁の者同士が10人から30人で部屋を分け合って住んでいることもあります。主な建材は、土を固めただけの日干しレンガで、建物を補強するため、低層階には堅牢な石が使われています。 最上階に置かれているのは、マフラージという特別な部屋には、市街を一望することが出来ます。

ジャムのミナレットと考古遺跡群/アフガニスタンの世界遺産

アフガニスタンの世界遺産の中からジャムのミナレットと考古遺跡群についての紹介ですアフガニスタン旅行のときにはジャムのミナレットと考古遺跡群へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ジャムのミナレットと考古遺跡群
Minaret and Archaeological Remains of Jam
所在国:アフガニスタン
世界遺産登録:2002年
世界遺産の種類:文化遺産、危機遺産

ジャムのミナレットと考古遺跡群は、アフガニスタンの中西部ゴール州のシャーラク地方に位置しています。ハリー・ルード川とジャーム・ルード川の合流点のほとりの渓谷に、建っているミナレットは、グール朝のスルタンであるギヤースッディーン・ムハンマドが12世紀末に築いた、世界第二の高さ(65メートル)をもつミナレットとして知られています。なお世界第一のミナレットはインドのクトゥプ・ミナール(72.5メートル)です。このジャムのミナレットの特徴としては、八角形の土台の上に建ち、幾何学模様がなされた青色のタイル装飾、褐色の耐火レンガ、クーフィー体アラビア文字によるコーランの刻印装飾がなされていることなどが挙げられます。世界遺産登録以前に、政変や内戦などにより遺跡の損傷が激しく、2002年に文化遺産として登録されるだけでなく、同時に危機遺産としても登録されました。

バーミヤン渓谷の文化的景観と古代遺跡群/アフガニスタンの世界遺産

アフガニスタンの世界遺産の中からバーミヤン渓谷の文化的景観と古代遺跡群についての紹介ですアフガニスタン旅行のときにはバーミヤン渓谷の文化的景観と古代遺跡群へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

バーミヤン渓谷の文化的景観と古代遺跡群
Cultural Landscape and Archaeological Remains of the Bamiyan Valley
所在国:アフガニスタン
世界遺産登録:2003年
世界遺産の種類:文化遺産/危機遺産

バーミヤン渓谷の文化的景観と古代遺跡群とは、バーミヤン渓谷(バーミヤーン渓谷)にある古代遺跡群で、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されています。バーミヤン渓谷の文化的景観と古代遺跡群は、アフガニスタンの首都カブールの北西230kmの山岳地帯に位置しています。バーミヤン渓谷とは、標高2500mほどの高地に位置する、古代以来の都市であるバーミヤーン(バーミヤン)の町を中心とするヒンドゥークシュ山脈山中の渓谷地帯のことです。古代から存続する都市バーミヤーンの近郊には、1世紀からバクトリアによって石窟仏教寺院が開削され始めたといわれます。石窟の数は1000以上にものぼり、グレコ・バクトリア様式の流れを汲む仏教美術の優れた遺産です。高さ55mの西大仏や38mの東大仏など2体の大仏をはじめとする多くの巨大な仏像が彫られはじめたのは、5世紀から6世紀頃のことです。石窟内にはグプタ朝のインド美術やサーサーン朝のペルシア美術の影響を受けた壁画が描かれ、バーミヤーンの仏教文化は繁栄をきわめました。唐の仏僧玄奘がこの地を訪れた630年にも、依然として大仏は美しく装飾されて金色に光り輝き、僧院には数千人の僧が居住していたといわれています。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。