古都メクネス/モロッコの世界遺産

モロッコの世界遺産の中から古都メクネスについての紹介ですモロッコ旅行のときには古都メクネスへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

古都メクネス
Historic City of Meknes
所在国:モロッコ
世界遺産登録:1996年
世界遺産の種類:文化遺産

古都メクネスは、城壁に囲まれた都市で、1675年から1728年までアラウィー朝の首都が置かれました。
北部には、聖地ムーレイ・イドリスや古代ローマ遺跡で世界遺産に登録されているヴォルビリスの古代遺跡があります。
世界遺産メクネスの歴史は、9世紀にベルベル人のメクネッサ・ゼイトーン族がこの地に定住し始まります。
アルモハデス朝、メリニド朝のもとで町は繁栄するがメリニド朝の衰退にともない町も活気を失っていきます。
古都の栄光は17世紀ムーレイ・イスマイル王の時代に花開く活気が戻ります。
1672年にアラウイー朝の後継者となったスルタン、イスマイルはメクネスを都とし次々と巨大な城壁、壮大な門、穀物倉庫、カスバなどを建てます。
王は同時代に君臨したフランスのルイ14世に憧れ、あのヴェルサイユ宮殿をとても好んでいました。
その熱意はフランス王に娘をくれと懇願するほどだったと云われています。
(結局この申し出は、拒否されたが)55年間この町を繁栄させたムーレイ・イスマイルは1792年に亡くなります。
死後のメクネスは衰退し、歴史の舞台はマラケシュやフェズへと移っていきます。
1912年フランスとの保護領条約締結後、メクネスはフランスの軍事基地の中心になり、肥沃な土地に目をつけたフランス人農家が連れ立ってメクネスにやってきます。
メクネスは現在ではフランス人が導入したワインの一大生産地です。
現在は人口約50万人の静かな落ち着いた町だが、ムーレイ・イスマイルの遺産を訪れる巡礼者、観光客の姿は絶えません。

モザンビーク島/モザンビーク共和国の世界遺産

モザンビーク共和国の世界遺産の中からモザンビーク島 モザンビーク共和国についての紹介ですモザンビーク共和国旅行のときにはモザンビーク島 モザンビーク共和国へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

モザンビーク
Island of Mozambique
所在国:モザンビーク共和国
世界遺産登録:1991年
世界遺産の種類:文化遺産

モザンビーク島は、モザンビーク北部のモザンビーク海峡とモスリル湾の間に位置する島で、長さ3km、幅200 - 500m といった比較的小さな島です。
もともと、ここはアラブ人の港であり、造船所でもあったわけですが、ポルトガルに植民地化され、モザンビークの中心的な都市として機能していました。
ポルトガルが港と海軍拠点を建造し、その後ノサ・セニョラ・デ・バルアルテ礼拝堂が建てられました。
この礼拝堂は、南半球における現存最古のヨーロッパ建築と見なされています。
インド航路におけるポルトガルの重要な拠点としての地位を保持し続け、黒人奴隷、香辛料、金などの交易で栄えていましたが、スエズ運河の開通によって島は衰退に向かっていきました。
16世紀にサン・セバスティアン要塞が建造され、それはポルトガル植民地時代の面影を色濃く残しています。
現在は、約14000人が住んでいる島ですが、ほとんどの史跡は島の北端に集中していて、島民たちのほとんどは、島の南端のマクティという町に住んでいます。

ウワダン、シンゲッティ、ティシット及びウワラタの古い集落/モーリタニアの世界遺産

モーリタニアの世界遺産の中からウワダン、シンゲッティ、ティシット及びウワラタの古い集落についての紹介ですモーリタニア旅行のときにはウワダン、シンゲッティ、ティシット及びウワラタの古い集落へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ウワダン、シンゲッティ、ティシット及びウワラタの古い集落
Ancient ksour of Ouadane, Chinguetti, Tichitt and Oualata
所在国:モーリタニア
世界遺産登録:1996年
世界遺産の種類:文化遺産

ウワダン、シンゲッティ、ティシットとウワラタの古い集落とは、モーリタニア内陸部にあるアドラル地方、タガント地方、ホズ・エッシャルギ地方に位置する世界遺産(文化遺産)で、サハラ砂漠と、その周辺部に点在する四つの隊商都市のことです。モロッコとマリやガーナを結ぶ交易路の中継地として、10〜12世紀頃からサハラ交易が盛んなりし頃に栄え、イスラム文化が開花するのに大きく貢献した都市群です。当時、ここはラクダの隊商で賑わいました。地中海文明圏のモノと情報が砂漠にあふれていました。砂丘に囲まれたシンゲッティの旧市街には、当時の富豪がイスラム教の聖地メッカから取り寄せていた数百年も前の古書が1万冊以上も残っています。交易で成した財を投じ、教養を身につけることがステータスだったのです。観光都市化が進められているシンゲッティとは違って、ティシットの街はモーリタニアで最も隔絶された陸の孤島です。ティシットは、20世紀の大干ばつに見舞われてしまったため、急激な過疎化が進んでいます。そのために、住人がティシットの街を出てしまっているため、伝統的な石を積んだ住居が主を失い、廃墟と化す可能性が出てきました。さしたる産業も無く貧困を強いられているティシットを守るにはインフラを早急に整備する必要があるでしょう。

バンダルギン国立公園/モーリタニア・イスラム共和国の世界遺産

モーリタニア・イスラム共和国の世界遺産の中からバンダルギン国立公園についての紹介ですモーリタニア・イスラム共和国旅行のときにはバンダルギン国立公園へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

バンダルギン国立公園
Banc d’Arguin National Park
所在地:モーリタニア・イスラム共和国
世界遺産登録:1989年
世界遺産の種類:自然遺産

バンダルギン国立公園(別名:アルガン岩礁国立公園)は、モーリタニアの首都ヌアクショットの北150キロ、モーリタニア北西部沿岸にあるティミリス岬の北方200キロにもわたる絶壁が続いている岩礁地帯です。アルガン暗礁の名が示す通り一帯は暗礁の多い浅瀬が広がっており、船が暗礁に乗り上げる事故も発生しています。沿岸域は、暖流と寒流が交わるため、魚類が豊富です。魚を食する渡り鳥も多く集まって、ティドラ島、ニルミ島、ナイル島、キジ島、アルガン島など周辺の島には、フラミンゴ、シサシギ、シロペリカンなどの餌場となり、ヨーロッパやシベリアからの渡り鳥の越冬地になっています。浅瀬が沖合い25キロ近くまで広がっているため、クロアジサシ、ウスイロイルカ、シワハイルカ、チチュウカイモンクアザラシなどの海洋動物が魚目当てに集まり多彩な生息生物を観察することができます。しかし、岩礁のある海岸線の近くまで砂漠が迫る砂漠化が深刻になってきており、風による砂の移動が激しくなってきています。

アプラヴァシ・ガート/モーリシャスの世界遺産

モーリシャスの世界遺産の中からアプラヴァシ・ガートについての紹介ですモーリシャス旅行のときにはアプラヴァシ・ガートへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

アプラヴァシ・ガート
Aapravasi Ghat
所在国:モーリシャス
世界遺産登録:2006年
世界遺産の種類:文化遺産、負の遺産

アアプラヴァシ・ガットは、インド洋のマスカレン諸島のひとつに数えられるアフリカの国、モーリシャスの首都ポートルイスにある移民受入施設の跡地です。1835年に奴隷制度が廃止された穴を埋めるために、イギリスは強制的に契約を交させたインド系労働者を調達し輸送しました。その数は40万人にも及んだと伝えられています。これはクーリー貿易と呼ばれました。この遺産の名称である、アプラヴァシ・ガートとはヒンディー語で「移民の駅」を意味し、もともとは、「クーリー・ガット」と言われていたものを、差別的な意味があるということで名称が変更になったものです。世界遺産の中でも、「負の遺産」とされるものの一つです。世界遺産登録までには多くの紆余曲折がありましたが、国際的な労働力移動の証、という意味が評価され、世界遺産として認められました。

アスキア墳墓/マリ共和国の世界遺産

マリ共和国の世界遺産の中からアスキア墳墓についての紹介ですマリ共和国旅行のときにはアスキア墳墓へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

アスキア墳墓
Tomb of Askia
所在国:マリ共和国
世界遺産登録:1988年
世界遺産の種類:文化遺産

アスキアアスキア墳墓はマリ共和国、トンブクツーの東300q、ニジェール川流域のガオという町に残る遺跡群です。アスキアの墳墓は北アフリカとの交易で栄え15世紀〜16世紀に全盛期を誇ったソンガイ王国の皇帝アキスア・モハメドによって1495年、当時の首都ガオに建設されました。ソンガイ帝国は15世紀ごろ、西アフリカ最強の国であった帝国で、かっては西アフリカ地方とサハラの交易を支配し絶大な権力でありました。1495年にガオの町を首都とし、アスキア・モハメド王がメッカに巡礼して以降、イスラム国となりました。遺跡にはモスクや共同墓地なども残っており、アスキア王の墓は土着の伝統的建築様式を反映しており高さ17mのピラミッドの形をしています。

バンディアガラの断崖(ドゴン人の地)/マリ共和国の世界遺産

マリ共和国の世界遺産の中からバンディアガラの断崖(ドゴン人の地)についての紹介ですマリ共和国旅行のときにはバンディアガラの断崖(ドゴン人の地)へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

バンディアガラの断崖
Cliff of Bandiagara (Land of the Dogons)
所在国:マリ共和国
世界遺産登録:1989年
世界遺産の種類:複合遺産

バンディアガラの断崖は、マリ共和国の首都バマコの北東480q中部のモプティー地区にそびえるバンディアガラ山地のニジェール川に面した独特の景観をほこる標高差500メートルの花崗岩の断崖です。ドゴン族居住地域となっている断崖でもあり、その壮観な自然環境と、マルセル・グリオールの紹介によって広く知られるようになったドゴン族の文化が保持されている地域であることから、ユネスコの世界遺産に登録されたものです。幅は150kmにも及んでいる。この断崖の所々や、断崖の裾野に、ドゴン族はおよそ700の村落を作り、25万人ほどが暮らしている。ドゴン族はこの断崖の上下に土の要塞を作り外敵から実を守っていました。絶壁の中腹にはドゴン族の壮大な宇宙とジャッカル占いなど神話の世界に基いた墓や社を造り先祖の霊を祀る。

トンブクトゥ/マリ共和国の世界遺産

マリ共和国の世界遺産の中からトンブクトゥについての紹介ですマリ共和国旅行のときにはトンブクトゥへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

トンブクトゥ
Timbuktu
所在国:マリ共和国
世界遺産登録年:1988年
世界遺産の種類:文化遺産

トンブクトゥトンブクトゥ(ティンブクトゥとも呼ばれる)は、西アフリカのマリ共和国内のニジェール川沿いに位置しており、19世紀まで黄金の帝国マリを象徴する「幻の都市」として、ヨーロッパ人には憧れの地ででした。この地域は北のサハラ砂漠と南の熱帯雨林地帯の境にあたり、遊牧民トゥアレグ族の特定の季節だけの野営地でした。その野営地が、その後、ラクダ隊商路の要地として発達しました。北アフリカから馬・織物・武器等が、森林地帯から金や象牙、奴隷、塩などの交易品が行き来するサハラ砂漠の通商路において重要な中継地として都市へ成長し、この地に興隆したガーナ王国、マリ帝国、ソンガイ帝国を通じて莫大な富が集まる重要都市として、16世紀前半には西アフリカ最大のイスラム都市として繁栄の頂点に達しのです。しかし、ポルトガルや他のヨーロッパ諸国から来た探険家や奴隷商人が海路から西アフリカに上陸し、サハラ砂漠を経由しない通商路が開拓され、トンブクトゥは衰退を始めました。さらに1591年にはモロッコ人のスルタンに仕えていたムーア人の傭兵集団に占領され、それ以来、ますます重要な通商路としての地位を失っていきました。とはいえ、トンブクトゥが建設されたのは12世紀のはじめ頃ですが、このあたりで活動する商人は「ワンガラ」と呼ばれ、そのネットワークはいくらか形をかえつつも現在も生き続けていると言われています。サグラダ・ファミリアを設計したアントニ・ガウディは、この地の泥土で建てられたモスクの様式に啓発されたと言われています。

ジェンネ旧市街/マリ共和国の世界遺産

マリ共和国の世界遺産の中からジェンネ旧市街についての紹介ですマリ共和国旅行のときにはジェンネ旧市街へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ジェンネ旧市街
Old Towns of Djenne
所在国:マリ共和国
世界遺産登録:1988年
世界遺産の種類:文化遺産

ジェンネ旧市街は、マリ帝国(マリンケ族の帝国として14〜16世紀に繁栄)やソンガイ帝国(西スーダンの王国)が、北部アフリカのイスラム商人との交易都市として栄えた町ジェンネを含めた周辺を指す世界遺産(文化遺産)のことで、ジェンネの中心の西アフリカのイスラムの象徴とも言われるスーダン様式の大モスク、旧市街にはナナ・ワンゲラという聖なる井戸、ジェンネ最古のテパナ墓地などが残っています。ジェンネの大モスクは、56m四方の基層分と11mの高さまで積み上げられた日干しレンガが特徴的です。ジェンネ旧市街は、マリ中部のニジェール川とバニ川の中州にあります。ジェンネとともに交易都市として栄えたところとしては、黄金の都と呼ばれたトンブクトゥやニジェール川下流のガオなどが有名です。

マラウイ湖国立公園/マラウイ共和国の世界遺産

マラウイ共和国の世界遺産の中からマラウイ湖国立公園 マラウイ共和国についての紹介ですマラウイ共和国旅行のときにはマラウイ湖国立公園 マラウイ共和国へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

マラウイ湖国立公園
Lake Malawi National Park
所在国:マラウイ共和国
世界遺産登録:1984年
世界遺産の種類:自然遺産

マラウイ湖国立公園は、アフリカ大陸南西部にあるマラウイ湖を対象とする国立公園で、アフリカ大陸で3番目に大きな湖です。
面積は四国の1.5倍、マラウイの国土の4分の1を占めるそうです。
湖はマラウイ、タンザニア、モザンビークにまたがりますが、国立公園に指定されているのは、マラウイ領内の湖の南端にあたるごく一部で、全面積のわずか0.3%程度を占めるに過ぎません。
マラウイ湖は一番深いところで706mもあり、500種類以上の魚類が確認されています。
それが、この魚類のほとんどがマラウイ湖の固有種というのが特徴で、進化の多彩さで有名です。
「湖のガラパゴス諸島」の異名をとるくらいです。
中でも、「カワスズメ」の数の多さは世界的にも類を見ません。
淡水湖として世界遺産に登録されたのは、このマラウイ国立公園が初めてでした。

チョンゴニ・ロック‐アート地域/マラウイ共和国の世界遺産

マラウイ共和国の世界遺産の中からチョンゴニ・ロック‐アート地域についての紹介ですマラウイ共和国旅行のときにはチョンゴニ・ロック‐アート地域へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

チョンゴニ・ロック‐アート地域
Chongoni Rock-Art Area
所在国:マラウイ共和国
世界遺産登録年:2006年
世界遺産の種類:文化遺産

チョンゴニ岩石芸術地域は、2006年に文化遺産として世界遺産登録された遺跡です。岩壁や洞窟などに描かれた先史時代の芸術に関する遺跡は、結構多くの登録例があるようです。 数多くの岩絵群があるチョンゴニ岩石芸術地域は、マラウイ中部デッザ県中部にあります。洞窟壁画や居住の痕跡をうかがわせる遺跡は、チョンゴニ森林保護区の区域内を中心に127が確認されています。 初期の絵画は狩猟生活を物語るように狩人が描かれています。それ以降は、農耕生活を裏付けるような農耕的な主題が絵がられています。前者を描いたのは石器時代のバトワ人 (Ba Twa) で、後者を描いたのはチェワ人 (Chewa) です。チェワ人はこの地域の洞窟に住み、20世紀に至るまで、この地で岩絵群を蓄積してきたのです。 チョンゴニ岩石芸術地域は、「現存する、または、消滅した文化的伝統、または、文明の、唯一の、または少なくとも稀な証拠」として、2006年にやっと登録されました。登録が遅れた理由は、なんと、申請書類の不備等によって審議が延期されていたからなんだそうです。近年は、岩壁や洞窟など遺産は登録件数が増えている傾向のようです。注目されているのが分かりますね。 ※マラウイ Malawi アフリカ大陸南東部にある共和国。 正式国名はマラウイ共和国で、かつてのイギリス保護領ニヤサランド。 東にマラウイ湖が広がり、モザンビーク、タンザニア、ザンビアと接する。 総面積は11万8484km2で、その5分の1近くがマラウイ湖と3つの小さな湖で占められている。

アンブヒマンガの丘の王領地/マダガスカル共和国の世界遺産

マダガスカル共和国の世界遺産の中からアンブヒマンガの丘の王領地 マダガスカル共和国についての紹介ですマダガスカル共和国旅行のときにはアンブヒマンガの丘の王領地 マダガスカル共和国へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

アンブヒマンガの丘の王領地
The Royal Hill of Ambohimanga
所在国:マダガスカル共和国
世界遺産登録:2001年
世界遺産の種類:文化遺産

アンブヒマンガの丘の王領地は、マダガスカル共和国の首都アタナナリボから北へ21kmの距離に位置し、マダガスカルを最初に統一したメリナ王国の王宮跡と、それを取り囲む要塞跡が残っています。
アンブヒマンガとは、マダガスカル語で「青い丘」、「美しい丘」の意味らしく、現在はこの王宮跡と要塞跡は博物館として公開されています。
王宮は、二重の堀と城壁で囲まれており、占星術によって位置決めされた7つの門が設置されて、王宮へとつながっています。
メリナ王国がマダガスカルを統一したときのアンドリアナンポイニメリナ王が、この要塞内部の木造建物の王宮で暮らしていました。
この王宮は、1788年ごろに建てられたと推定されていて、アフリカ大陸の奴隷達によって運ばれたとされる長さ15mの大黒柱が、王宮内部に立っています。
1794年、メリナ王国の首都は政治的理由により、アンブヒマンガからアタナナリボに移りました。

チンギ・デ・ベマラ厳正自然保護区/マダガスカル共和国の世界遺産

マダガスカル共和国の世界遺産の中からチンギ・デ・ベマラ厳正自然保護区についての紹介ですマダガスカル共和国旅行のときにはチンギ・デ・ベマラ厳正自然保護区へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

チンギ・デ・ベマラ厳正自然保護区
Tsingy de Bemaraha Strict Nature Reserve
所在地:マダガスカル共和国
世界遺産登録:1990年
世界遺産の種類:自然遺産

チンギ・デ・ベマラ厳正自然保護区(ベマラハ厳正自然保護区のチンギ)は、マダガスカルの西部にある剃刀のような尖った岩が多数並ぶとても稀有な景観をもった自然保護区域です。マダガスカル島は創世記時代から外界との交流が無かったため、独特の進化を遂げた世界有数の珍しい生き物が生息する場所です。チンギは、絶滅危惧種のアイアイ(Aye-aye)、夜行性のネズミ・キツネザル、滑稽な歩き方をするベロー・シファカ、世界の種の半分以上を占めるカメレオンなど、今でも観察されていない野生生物が生息しています。チンギの特異な景観を造っているカルスト台地は、古生代の石灰岩が、二酸化炭素を含んだ雨水や地下水によって浸食されて、無数の針のように鋭く尖った岩が切り立つようになっています。チンギは、二つに分けられ、それぞれビッグ・チンギとスモール・チンギと言われています。チンギは、日本の山口県にある「秋吉台」と同じように、地下は鍾乳洞などの洞窟になっています。チンギ・デ・ベマラ厳正自然保護区は、発音の仕方によってツィンギ・デ・ベマラ厳正自然保護区とも言われます。

ツォディロ/ボツワナの世界遺産

ボツワナの世界遺産の中からツォディロについての紹介ですボツワナ旅行のときにはツォディロへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ツォディロ
Tsodilo
所在地:ボツワナ
世界遺産登録:2001年
世界遺産の種類:文化遺産

ツォディロは、ボツワナの北西、カラハリ砂漠の中にある岩絵群が広がる地域です。ツォディロは、シャカウェとセポパを結ぶ主要道路の西の丘陵地帯にあり、アマンからは約300キロ離れています。ツォディロは、普遍的価値を持つ世界中で最も素晴らしい壁画が存在する場所のひとつで「砂漠のルーブル」とも言われ、4500以上の岩絵群が比較的狭い地域に密集して存在しています。ツォディロは何万年もの間住んでいたサン族(別名でブッシュマン、コイサン、バサルワ)による先史時代からの生活、動物、幾何学模様デザインなどの約4500以上の岩絵が残されています。この地域には、サン族の居住地の他に、ハンブクシュ族もの付近に村を作って住んでいます。ツォディオには、先史時代の村々が丘陵地のあちこちに存在しており、岩の家や古代の鉱山があります。ツォディオでは、ヒョウ、ダチョウ、オオアリクイ、サル、ブラウン・ハイエナ、クドォなどを特有な動物も多数生息しています。

アボメイの王宮群/ベナンの世界遺産

ベナンの世界遺産の中からアボメイの王宮群についての紹介ですベナン旅行のときにはアボメイの王宮群へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

アボメイの王宮群
Royal Palaces of Abomey
所在国:ベナン
世界遺産登録:1985年
世界遺産の種類:文化遺産、危機遺産(2007.6に除去)

アボメイの王宮群は、西アフリカのベナン南部ズー県に位置しています。17世紀前半に、フォン族のド・アクリン王子が建国したアボメイ王国(のちにダホメイ王国に改名)は、12代の王により200年以上存続し、それぞれの王がそれぞれの宮殿を建て、それが遺されたものです。強力な王の権力で支配し、近隣の国々を侵略しては奴隷を集め、奴隷貿易で栄華を誇りました。そのこともあり、この西海岸は「奴隷海岸」と呼ばれることになったほどです。遺された王宮は、この地を襲った大竜巻で被害を受け、完全な形として残っているのは、ケゾー王、グレン王のものとなります。宮殿は博物館となっていて、ライオンのレリーフやタペストリーなどが展示されています。竜巻の被害のため、危機遺産とされていましたが、世界遺産基金支援による復旧作業が一段落し、2007年6月には、危機遺産リストからは外されています。

ニジェールのW国立公園/の世界遺産

の世界遺産の中からニジェールのW国立公園についての紹介です旅行のときにはニジェールのW国立公園へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ニジェール
W National Park of Niger
所在国:
ニジェール
世界遺産登録年:1996年
世界遺産の種類:自然遺産

ニジェールのW国立公園は、ニジェール川の湾曲に沿って「W」字形に広がる西アフリカにある国立公園です。国立公園そのものは、ニジェール、ブルキナファソ、ベナンがまだフランス領西アフリカの一部だった1954年に、この3カ国にまたがる広大な広さを誇る国立公園として成立しました。現在、ユネスコの世界遺産として登録されているのは、国立公園のうち、ニジェール国内の一部にあたる2200 km2だけです。サバンナと熱帯雨林からなるW国立公園は、雨季に入るとWに蛇行するニジェール川が氾濫し、一帯を潤す恵みの川となり、植物454種、哺乳類70種、350種以上の鳥類が確認されているほど、動植物相は多彩です。特に、ツチブタ、ヒヒ、カラカル、チーター、ゾウ、カバ、ライオン、サーバル、イボイノシシなどの大型哺乳類が多く生息することで知られています。サバンナでは、コリガムダマリスクやローンアンテロープなどの、ウシ科の草食動物がよく見られます。自然界で最高の建築物といわれる巨大なアリ塚も、サバンナの重要な景観の一つです。

アイールとテネレの自然保護区群/ニジェールの世界遺産

ニジェールの世界遺産の中からアイールとテネレの自然保護区群についての紹介ですニジェール旅行のときにはアイールとテネレの自然保護区群へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

アイールとテネレの自然保護区群
Air and Tenere Natural Reserves
所在国:ニジェール
世界遺産登録:1991年
世界遺産の種類:自然遺産、危機遺産

アイルとテネレの自然保護区群は、ニジェールは北部にある、かのサハラ砂漠北部に位置する山岳地帯です。最高峰である標高2022メートルのバグザン山を筆頭とする、アイル山地には、乾燥地帯特有の植物を多くみることができます。そのこともあって、ここはサハラ砂漠のオアシス的存在で、サル、レイヨウ類、鳥類、は虫類などの動物が多く生息しています。中でも、リムガゼル(小型のレイヨウ類)、アダックス(ねじれた角と白い体毛が特徴のウシ科)、バーバリシープ(北アフリカ固有の野生の羊)などの種はいまや貴重で、世界遺産と同時にユネスコ生物圏保護区にも指定されています。サハラ砂漠エリアにあることと、近隣の紛争によって、自然破壊が進み、危機遺産とされています。

スクルの文化的景観/ナイジェリア連邦共和国の世界遺産

ナイジェリア連邦共和国の世界遺産の中からスクルの文化的景観についての紹介ですナイジェリア連邦共和国旅行のときにはスクルの文化的景観へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

スクルの文化的景観
Sukur Cultural Lnadscape
所在国:ナイジェリア連邦共和国
世界遺産登録:1999年
世界遺産の種類:文化遺産

スクルの文化的景観は、コーヒーの産地として有名なアダマワ州マダガリ地方(カメルーンとの国境近くナイジェリア東部)の高地にあり、ハウサ系マダガリ人の豊かな知恵と精神的な強さを証明する文化遺産です。起伏のはげしい丘陵という生活には不向きな土地をうまく利用した段々畑と、信仰や崇拝のシンボルである部族長クシディの館は、その頂上にそびえ、広がる段々畑を眼下に見下ろすように建てられています。鉄器時代の露天掘りや鉄器の生産・加工を行っていたと見られる数々の遺跡が点在しており、20世紀初頭までは、その景観が保たれていましたが、1912年から10年にわたり、近くに住む部族に荒らされてしまい、今では部族長クシディの館は廃墟と化してしまっています。

オスン-オソボ聖林/ナイジェリア連邦共和国の世界遺産

ナイジェリア連邦共和国の世界遺産の中からオスン-オソボ聖林についての紹介ですナイジェリア連邦共和国旅行のときにはオスン-オソボ聖林へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

オスン-オソボ聖林
Osun-Osogbo Sacred Grove
所在国:ナイジェリア連邦共和国
世界遺産登録:2005年
世界遺産の種類:文化遺産

オスン-オソボ聖林とは、ナイジェリア連邦共和国のオソボという都市の郊外に位置する高地原生林のことです。南ナイジェリアの主要な森の最後の1つと言われており、2005年にオスン-オソボ聖林は世界遺産に登録されました。ナイジェリア連邦共和国には、オスン-オソボ聖林のほかに1999年には東部にあるスクルの集落が「スクルの文化的景観」として国内最初の世界遺産として登録されました。その他、ユネスコの「人間と生物圏計画」にもとづいて1カ所が生物圏保護地区に指定されています。さて、オスン-オソボ聖林ですが、ここにはヨルバ文化の女神であるオスンが住んでいるとされています。オスン-オソボ聖林が、豊かさの象徴であるオスンの女神の住居と考えられているのです。そして、この密林には、神殿、像などが点在しています。すなわち、ヨルバ族の神殿・密林の景色と、その曲りくねった川のうちの1本には、オスンと他のヨルバ族神を記念して聖域と聖地、彫刻とアートワークが点在しているのです。現在すべてのヨルバ族類のための象徴とされるグローヴは、おそらくヨルバ族文化の最後の神聖な木立ちと言う事が出来るでしょう。

クタマク、バタマリバ人の土地/トーゴの世界遺産

トーゴの世界遺産の中からクタマク、バタマリバ人の土地についての紹介ですトーゴ旅行のときにはクタマク、バタマリバ人の土地へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

クタマク、バタマリバ人の土地
Koutammakou, the Land of the Batammariba
所在国:トーゴ
世界遺産登録:2004年
世界遺産の種類:文化遺産

クタマク、バタマリバ人の土地は、西アフリカはギニア湾に面するトーゴ北東部に位置する、バタマリバ人の居住地のことです。バタマリバ人の土地クタマクの特徴として、タキヤンタ (Takienta) というクタマク独特な泥の住居がまず挙げられるでしょう。泥によってつくられた複数階層の建築物となっていて、これらが5万ヘクタールものエリア内に整然と並ぶさまは、景観です。3万人ものバタマリバ人(Batammariba)がここで暮らしています。これらの住居群はそれぞれの氏族と関連付けて建てられています。また、ドアは口、窓が目というように、建物の構造と人体を照らし合わせるように家は考えられています。キリスト教やイスラム教の文化とはまったく関係をもたず、独自の宗教観を宿した文化を保持し続けたことが評価されて、世界遺産に登録されました。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。