アフリカの世界遺産カテゴリの記事一覧

エル・ジェムの円形闘技場/チュニジア共和国の世界遺産

チュニジア共和国の世界遺産の中からエル・ジェムの円形闘技場についての紹介ですチュニジア共和国旅行のときにはエル・ジェムの円形闘技場へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

エル・ジェムの円形闘技場
Amphitheatre of El Jem
所在国:チュニジア共和国
世界遺産登録年:1979年
世界遺産の種類:文化遺産

エル・ジェムの円形闘技場はチュニジア共和国のスースの南約60キロメートルのマハディア州にあり、ローマ帝国の属州として繁栄した3世紀に約10年の
歳月をかけて造られたもので、円形闘技場の周囲は400メートル、長径が165メートル、短径118メートル、アリーナと呼ばれている中央の舞台の直径
が65メートル、収容人員35,000人の3階建ての建造物で、1979年ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されました。このエル・ジェムの円形闘
技場はイタリアはローマ、ヴェローナに次ぐ3番目に大きな円形闘技場であり、保存状態は現存する円形闘技場の中で最も良いものと言われています。エル・
ジェム円形闘技場の特徴は建築当初から地下通路を造ることを計画してあったことです。その地下通路の部分にはライオンなどの猛獣が檻ごとロープで引き揚
げられる仕掛けになっていたおり、剣闘士が登場するゲートも設けられていて、猛獣と人がこの円形闘技場で戦ったり、人々が格闘をしていました。このよう
に凝った造りになっているエル・ジェム円形闘技場の建設資金は、当時栄えていたオリーブオイルの交易で得た資金で、エル・ジェムの貴族たちがその豊かさ
を誇示するためにローマに対抗してこの円形闘技場を造ったと言われています。

チュニス旧市街/チュニジア共和国の世界遺産

チュニジア共和国の世界遺産の中からチュニス旧市街についての紹介ですチュニジア共和国旅行のときにはチュニス旧市街へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

チュニス旧市街
Medina of Tunis
所在地:チュニジア共和国
世界遺産登録:1979年
世界遺産の種類:文化遺産

チュニス旧市街は、メディナと呼ばれる城壁に囲まれておりた旧市街地で、古く続くチェニジアの首都です。チュニス旧市街は、チェニジアの北東にあり地中海に面しており、チュニス湖とその西方の塩湖の間の地峡に挟まれた位置にあります。その歴史は古く紀元前のローマ帝国との戦いの時代から栄えていました。戦争により破壊と再建が繰り返されました。現在の形を形成し始めたのは、7世紀末にピザンチン帝国の統治下であったチュニスの近郊にあるカルタゴを破ったアラブの征服者ハッサーン率いるサラセンが現在の町の原型を作りました。アグラブ朝の首都になった9世紀にイスラム教の礼拝場所である「オリーブの木のモスク」と呼ばれる大モスクが再建されました。ジトウナ・モスクを中心にミナレットが印象的なマレカイト・モスクやハネファイト・モスクなどがあります。ミナレットとは、モスクに据え付けられた礼拝時刻の告知(アザーン)を行うために使われる塔のことです。現在の町は、中庭のある家並みを含めて、ハフシド王朝時代の14世紀にほどから続いています。

ドゥッガ/トゥッガ/チュニジア共和国の世界遺産

チュニジア共和国の世界遺産の中からドゥッガ/トゥッガについての紹介ですチュニジア共和国旅行のときにはドゥッガ/トゥッガへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ドゥッガ/トゥッガ
Dougga/Thugga
所在国:チュニジア共和国
世界遺産登録:1997年
世界遺産の種類:文化遺産

ドゥッガ/トゥッガは、チュニジアの北部に位置する文化遺産です。ドゥッガ(トゥッガ)は、肥沃な平野を見下ろす高台に作られた、65ヘクタールと北アフリカ最大のローマ時代の遺跡です。東ローマ帝国の支配地となり、北アフリカで最も印象的なローマの遺跡が残る遺跡となりました。ローマおよびビザンチンの時代に最も栄えた都市でしが、イスラム教に支配され没落していきました。ドゥッガ(トゥッガ)の中心には、ジュピター、ジュノー、ミネルバの3神を祀った「キャピトル」があり、その神殿を中心に風の広場や議会が広がっています。また珍しいローマ人の水洗トイレや、リキニウスのテルメと言われる公共浴場の跡も残っています。他にも、ユノ・カエレスティス神殿、アレクサンデル・セヴェルスの凱旋門、ドゥッガの古代劇場、貯水場など、多くの遺跡が見られます。ドゥッガ(トゥッガ)は、保存状態の良い北アフリカ最大のローマ遺跡として、多くの観光客を集めています。

カイルアン/チュニジア共和国の世界遺産

チュニジア共和国の世界遺産の中からカイルアンについての紹介ですチュニジア共和国旅行のときにはカイルアンへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

カイルアン
Kairouan
所在国:チュニジア共和国
世界遺産登録:1988年
世界遺産の種類:文化遺産

カイルアンは、北アフリカのチュニジアのほぼ中央部に位置する文化遺産です。西暦670年に創設され9世紀ころにアグラブ(Aghlabid)王朝の下で最も繁栄し、イスラム教の4大聖地の一つとされている都市です。カイルアンは、イスラム世界の代表的な迷宮都市となっており、中に入ると王朝時代のイスラム世界を彷彿とさせる雰囲気を漂わせています。カイルアンには、大理石や斑岩のコラムで建築されたモスクが多く、7世紀に建設れた古い街と装飾が美しい霊廟とが良くマッチしています。なかでも多くの柱が並ぶアフリカ最古のグランド・モスクは640年に建てられ、今も多くの巡礼者が訪れています。また、シッディ・サハブ霊廟は、マグレブで最も美しいといわれる霊廟で、壁面にはみごとなアラベスク文様が描かれていることでよく知られています。また、アグラブ朝時代に建設された貯水池は、過装置など高度な技術も使われ、当時の科学水準の高さを表しています。

スース旧市街/チュニジアの世界遺産

チュニジアの世界遺産の中からスース旧市街についての紹介ですチュニジア旅行のときにはスース旧市街へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

スース旧市街 文化遺産
Medina of Sousse
所在国:チュニジア
世界遺産登録: 1988年
世界遺産の種類:文化遺産

スースは、チュニジアの第三の都市。チュニスの南約140kmに位置し、人口は約43万人。スースの町は美しく、「サヘルの真珠」といわれる。その、旧市街メディナが世界遺産の文化遺産として登録されています。スースは紀元前9世紀頃、フェニキア人によって建てられ、第二次ポエニ戦役の際、ハンニバルが陣を張ったところでもあります。市内にある「リバトの塔」は8世紀に建てられた、メディナで最も古い建築です。当初は要塞の役目を果たしていました。2階の回廊はイスラム教徒たちの住まいにもなっていて、いくつもある銃眼は彼らの警戒心を物語っています。地上38メートルのリバトの塔からは、町や港を監視することが出来ました。スースが難航不落の都市となったのは、旧市街の高い場所に位置するカスバの役割が大きいです。今は灯台になっていますが、かつては、のろしを焚いたり、夜はタイマツを灯したりして、北アフリカ一帯と連絡を取り合う機能がありました。

イシュケル国立公園/チュニジアの世界遺産

チュニジアの世界遺産の中からイシュケル国立公園 チュニジアについての紹介ですチュニジア旅行のときにはイシュケル国立公園 チュニジアへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

イシュケル国立公園
Ichkeul National Park
所在国:チュニジア
世界遺産登録:1980年
世界遺産の種類:自然遺産、危機遺産

イシュケル国立公園はアフリカ北部のチュニジアにあります。チュニジアといえば地中海に面した歴史のある国です。紀元前814年にはカルタゴと名乗り、沿岸の国々を支配していました。さて、イシュケル国立公園ですが、イシュケウル山を中心にイシュケウル湖や湿地帯から成り立っています。湿地帯には水牛の姿も見られ、イシュケウル湖や湿地帯にはにはあひる、ガチョウ、コウノトリ、フラミンゴなど毎年何十万もの渡り鳥が訪れます。この公園には農家の住宅もあり、山羊が放し飼いされています。世界遺産と危機遺産に登録された理由ですが、まず世界遺産に登録された理由は、広大な湿地と湖に飛来する水鳥と植物にあります。さらに危機遺産になったのは、もともと湿地帯と湖は淡水でしたが、湖の水源である川へのダムの構築は、湖と湿地の生態的均衡に大変化をもたらし、ダムが湖と沼への真水の流入を急激に減少させたので、ヨシ、スゲ、その他の真水植物類は好塩性の植物に置き換わってしまいました。こうした変化は、かつて存在した植物群に依存していた渡り鳥の個体数の急激な減少をもたらしたのです。イシュケル国立公園に行くには、直通バスなどはないので、途中まで路線バスを乗り、タクシーを利用するしかないようです。

カルタゴ遺跡/チュニジアの世界遺産

チュニジアの世界遺産の中からカルタゴ遺跡についての紹介ですチュニジア旅行のときにはカルタゴ遺跡へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

カルタゴ遺跡
Site of Carthage
所在国:チュニジア
世界遺産登録:1979年
世界遺産の種類:文化遺産

カルタゴ遺跡とは、チュニス(チュニジアの首都)から車で約30分、ちょっと郊外へ行ったところにあります。かつての大帝国の首都カルタゴは、紀元前9世紀頃、アルファベットの原形を考案したことで有名なフェニキア人によって開かれました。その後、商才と航海術に才覚を発揮したフェニキア人と呼ばれる民族は、地中海貿易で巨万の富を蓄え強大な軍隊を持つ国になっていました。そんな中、その繁栄ぶりは、当時もう1つの覇者として名高かったローマ帝国の怒りを買ってしまい、戦いになりました。それがボエニ戦争です。その後、ローマやギリシャとの地中海の覇権争いを数回繰り返すことになります。カルタゴは惜しくも1回目、2回目と敗戦したのですが、脅威の経済力で復興しました。ところが、それがまたローマ帝国の怒りを買ってしまう事になるのです。ハンニバルで知られるカルタゴ軍はローマとの3度のポエニ戦争の末、紀元前146年にローマに大敗し、カルタゴの街は二度と再建出来ないよう17日間も火で燃やされ、その後は徹底的に完全に破壊されてしまいました。そのちょうど100年後、ローマの植民都市として再建され、施設や街が整備されたのです。

ケルクアンの古代カルタゴの町とその墓地遺跡/チュニジアの世界遺産

チュニジアの世界遺産の中からケルクアンの古代カルタゴの町とその墓地遺跡についての紹介ですチュニジア旅行のときにはケルクアンの古代カルタゴの町とその墓地遺跡へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ケルクアンの古代カルタゴの町とその墓地遺跡
Punic Town of Kerkuane and its Necropolis
所在国:チュニジア
世界遺産登録:1985年、1986年
世界遺産の種類:文化遺産

ケルクアンは、北東チュニジアのボン岬の近くにあったカルタゴの都市です。
このフェニキア人(カルタゴ人)の都市は、第一次ポエニ戦争(紀元前264年 - 紀元前241年)の間に放棄されたと見られており、ローマ人によって再建されませんでした。
この街は、ほぼ400年間存在しました。カルタゴは、フェニキア人の作った豊かで、経済力もある海運都市国家、その豊沃さ故に宿敵ローマ帝国に滅ぼされてしまった国です。一部分が破壊されるにとどまったので、ケルクアン(町から離れたビット)は古代のカルタゴの最良の遺跡です。
発掘の結果、この遺跡が、紀元前4世紀から紀元前3世紀のものであることが明らかになっています。建物の配置がはっきり分かる遺跡のここかしこに多くの家の壁が残されています。
またファサード上の有色の粘土も数々残っています。
個々の家は、緻密な都市計画に基づいて標準化されています。
チュニス郊外のカルタゴの町には、ローマ帝国に完全に壊滅されてしまった町の残骸がありますが、本当に壊滅されてしまったため、カルタゴ時代のものはほとんど残っていません。
現在見られる遺跡のほとんどはその後、植民都市として築きあげられたローマ時代のもののみです。
だからカルタゴ時代のものはこの地上から完全に抹殺されてしまったと長年思われていました。
しかし、20世紀になっての調査の結果、カルタゴ時代の町の遺跡がほぼそのままの形で残されている都市がが発見されたのです。
その世紀の大発見の地がここ、ケルクアン。
ここには地球上から消え去ってしまったはずのカルタゴ人の生活が唯一残されている大変重要な遺跡です。
聖壇には柱列が設けられており、また、小さな中庭にはモザイクが見られます。
単純なモザイクの縁石、ドアステップ、敷居、床は、至る所にあります。
現在も、考古学者はケルクアンの発掘を行っています。
しかし、最良の部分はすでに発掘済であると考えられています。
ケルクアンは、カルタゴ、ハドルメトゥム(Hadrumetum、現代のスース)およびウティカ(Utica)と共に、最も重要なフェニキア人の都市のうちの1つでした。

セレンゲティ国立公園/タンザニア連合共和国の世界遺産

タンザニア連合共和国の世界遺産の中からセレンゲティ国立公園についての紹介ですタンザニア連合共和国旅行のときにはセレンゲティ国立公園へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

セレンゲティ国立公園
Sserengeti National Park
所在国:タンザニア連合共和国
世界遺産登録:1981年
世界遺産の種類:自然遺産

セレンゲティ国立公園は、タンザニア連合共和国北部の、マラ州、アルーシャ州、シニャンガ州にまたがりキリマンジェロの山麓に広がる自然保護を目的とした大サバンナ地帯です。、国立公園。アフリカで一番良く知られた国立公園の1つでマサイ族の言葉で〔広大な平原〕をもちます。1981年、ユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録されるましたが、東京都、神奈川、千葉、埼玉県の一都3県の広さに匹敵しています。このサバンナにはライオン、チーター、ヒョウ等の肉食動物からアフリカゾウ、バッファロー、インパラ、キリン、シマウマ、ガゼル、アンテロープ等の草食動物まで多くの動物たちの群れが絶え間ない生存競争を繰り広げています。この平原は乾季と浮きを繰り返し草食動物の多くは水と草を求め大移動を繰り返し、この移動に肉食動物も井戸を繰り返すのです。

ンゴロンゴロ保全地域/タンザニア連合共和国の世界遺産

タンザニア連合共和国の世界遺産の中からンゴロンゴロ保全地域 タンザニア連合共和国についての紹介ですタンザニア連合共和国旅行のときにはンゴロンゴロ保全地域 タンザニア連合共和国へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ンゴロンゴロ保全地域
Ngorongoro Conservation Area
所在国:タンザニア連合共和国
世界遺産登録:1979年
世界遺産の種類:自然遺産

ンゴロンゴロ保全地域はタンザニアの中央部にある自然保護地域です。
ンゴロンゴロは、中生代後期に活動していた火山群が何度も噴火した跡のクレーターで形成された、カルデラに広がる平野なのです。
ンゴロンゴロは、現地の言葉であるスワヒリ語で「巨大な穴」の意味ですが、外輪は南北16km、東西19kmと阿蘇山に次ぐ世界第二の広さのカルデラを持っています。
標高でいうと、カルデラ内部の平野部で1,800mくらいで、外輪は2,400mあります。
このためカルデラ内部は、カルデラ外部と遮断されていて、その上、森林や湖、草原などの多様な自然がありますから、このカルデラ内に生息する大型動物の棲家になっていますから、動物たちのほとんどはカルデラの外にでることはありません。
ですから、カルデラ外部と隔離された生態系が形成されるに至りました。
また、絶滅寸前の野生動物たちの貴重な保護区ともなっています。

ザンジバル島のストーン・タウン/タンザニア連合共和国の世界遺産

タンザニア連合共和国の世界遺産の中からザンジバル島のストーン・タウンについての紹介ですタンザニア連合共和国旅行のときにはザンジバル島のストーン・タウンへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ザンジバル島のストーン・タウン
Fossil Hominid Sites of Sterkfontein, Swartkrans, Kromdraai, and Environs
所在国:タンザニア連合共和国
世界遺産登録: 2000 年
世界遺産の種類:文化遺産

ザンジバル島は、アフリカ大陸の東側、タンザニア連合共和国の東、インド洋に浮かぶ美しい島ですが、奴隷・象牙貿易中継地として栄えた島でもあります。また、世界最大のクローブ市場としても有名です。1963年にいったんはザンジバルとして独立するがクーデターが起こって崩壊し、1964年、大陸のタンガニーカと合併してタンザニアとして連合共和国に組み込まれることになった。ストーン・タウンでは、11世紀頃にイスラム教が根付いて以降、スワヒリ文化が発展しました。ザンジバルは長さ約100kmにも及ぶ大きな島です。ストーン・タウンの港には大きなサンゴ礁はありませんが、それ以外の海岸線はほとんどサンゴに覆われています。ストーン・タウンの建物は地元の建材であるサンゴ礁石灰岩(コーラル/セメント)で造られており、ドアには「コーラン」の一節や花などをモチーフとしたとした精緻な彫刻が施されています。建物が生む独特な町並みが、良好な状態で保存されていることと、ザンジバルの歴史的背景から2000年に世界文化遺産として登録されました。

セルー・ゲーム・リザーブ/タンザニア連合共和国の世界遺産

タンザニア連合共和国の世界遺産の中からセルー・ゲーム・リザーブ タンザニア連合共和国についての紹介ですタンザニア連合共和国旅行のときにはセルー・ゲーム・リザーブ タンザニア連合共和国へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

セルー・ゲーム・リザーブ
Selous Game Reserve
所在国:タンザニア連合共和国
世界遺産登録:1982年
世界遺産の種類:自然遺産

タンザニアはアフリカ東部に位置する国です。セルー・ゲーム・リザーブはタンザニア南部の野生動物の保護区となっている自然遺産です。開設は20世紀初めで、以来、拡張が続けられ、現在ではアフリカ最大の野生動物の保護区となっています。この野生動物保護区の特徴はアフリカゾウなどの大型哺乳動物が、多数生息しているところにあります。セルー・ゲーム・リザーブは東アフリカ一の大河ルフィジ川が流れていますが、流域には野生のカバが群れを成して生息し、カバ独特の行動があちこちで観察できます。またアフリカの河には欠かせないワニも水面から目だけをのぞかせています。地上ではキリン、 チーター、バッファローなども見られます。旅行シーズンは雨季(3〜5月)を外して行くことをお勧めします。交通はダルエスサラームからセルーまでは軽飛行機で約40分くらいです。車では約7時間、鉄道利用で5時間ほどかかります。

コンドア・ロック‐アート遺跡群/タンザニア連合共和国の世界遺産

タンザニア連合共和国の世界遺産の中からコンドア・ロック‐アート遺跡群についての紹介ですタンザニア連合共和国旅行のときにはコンドア・ロック‐アート遺跡群へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

コンドア・ロック‐アート遺跡群
Kondoa Rock Art Sites
所在国:タンザニア連合共和国
世界遺産登録:2006年
世界遺産の種類:文化遺産

コンドア・ロック‐アート遺跡群は、タンザニアのほぼ中央部に位置するドドマ州コンドア地区にある文化遺産です。コンドアの大きな谷間に接する急斜面に、自然な石によって作られた洞窟の壁画群を中心とする遺跡です。2千年あまりに渡り蓄積された石の絵画や、いまだ住んでいる人々の伝統文化が評価されています。コンドアの壁画は、弓矢を携えた狩人やレイヨウ、ゾウなどの狩猟対象の獣が、赤い絵と白黒の絵で描かれていることが良く知られています。描かれた年代的には、赤い絵が古く1500年ほど遡って白黒の絵が描かれたと言われています。また洞窟は聖地と崇められ、現在もまだ宗教的儀式や伝統行事に使われています。コンドアの洞窟群は150以上あると言われ、未だに全体像は未解明となっていますが、主な所にパヒ (Pahi complex) 、クンドゥシ‐キニャシ (Kundusi-Kinyasi complex) 、チェケ・チュンガイ (Cheke Chungai complex) などがあります。

キルワ・キシワニとソンゴ・ムナラの遺跡群/タンザニアの世界遺産

タンザニアの世界遺産の中からキルワ・キシワニとソンゴ・ムナラの遺跡群についての紹介ですタンザニア旅行のときにはキルワ・キシワニとソンゴ・ムナラの遺跡群へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

キルワ・キシワニとソンゴ・ムナラの遺跡群
Ruins of Kilwa Kisiwani and Ruins of Songo Mnara
所在国:タンザニア
世界遺産登録:1981年
世界遺産の種類:文化遺産/危機遺産

キルワ・キシワニとソンゴ・ムナラの遺跡群とは、現在は木々に埋もれて廃墟と化した遺跡が残るのみですが、ユネスコの世界遺産に登録されている物件で、タンザニアにあります。キルワ・キシワニ島は、東アフリカ(現タンザニア領内)沖に浮かんでおり、中世には重要な交易地として栄えました。キルワ・キシワニ島には、イスラム教徒のコミュニティが現在も存在しています。この島は、商人アリ・ビン・アル=ハサンに9世紀に売り渡され、以降の数世紀にわたり、交易の拠点たる大都市として成長を遂げました。ジンバブエからの黄金や鉄、アジアからの繊維、宝石、陶磁器、香辛料、タンザニアからの象牙や奴隷、などが取引されていました。キルワは東アフリカ沿岸部最大の都市となり、13世紀までに、マフダリ家の支配の下で、その影響力はモザンビークにまで及びました。フスミ・クブワ宮殿の建造や、キルワの大モスクの拡張が、この時期よりあとに行われました。対して、キルワ・キシワニと違い、ソンゴ・ムナラ島は、14世紀から15世紀頃に繁栄していたらしいと言うことが分かっているのみで記録はほとんどありません。5つのモスクの廃墟などが残っていますが、ソンゴ・ムナラ島は、現在マングローブ林などに埋もれています。

キリマンジャロ国立公園/タンザニアの世界遺産

タンザニアの世界遺産の中からキリマンジャロ国立公園についての紹介ですタンザニア旅行のときにはキリマンジャロ国立公園へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

キリマンジャロ国立公園
Kilimanjaro National Park
所在国:タンザニア
世界遺産登録:1987年
世界遺産の種類:自然遺産

キリマンジャロは、標高5,895mでアフリカ最高峰で赤道の南300kmのところにありながら山頂は雪と氷につつまれる美しい山です。
また、南米のコトパクシ山に並ぶ標高を持つ世界最高峰級の火山でもあります。
タンザニア北東部にあるキリマンジャロ国立公園は1987年に世界遺産に登録された自然遺産です。
キリマンジャロの頂上には、氷河が形成されています。
この氷河から供給される水で出来た高山湿地帯を始め、標高別に、砂漠、高山湿地帯、高地草原、草原、熱帯雨林と広がっています。
そのキリマンジャロ周辺に広がる国立公園には熱帯雨林から氷河に至る様々な植生が存在しています。
標高3,000m程度までは熱帯雨林、3,000m〜4,000mではヒースとよばれる常緑低木が群生する荒れ地帯や草原地帯、そして4,000m以降は荒地が広がり、4,500mを超えると氷河地帯になります。
熱帯雨林にはヒョウやブルーモンキーのような希少種も棲息しています。
キリマンジャロ山とその周囲の森林は、ドイツ植民地時代の20世紀初頭から保護対象となっていました。
1921年に、法的な保護対象となり、タンザニア独立後の1973年、山域の一部75,575haが国立公園として指定されました。
1987年に世界遺産に登録され、自然保護が活発的に行われています。
一方、キリマンジャロ周囲の乾燥化に伴い、山頂の氷河の縮小が懸念されています。

ジュッジ国立鳥類保護区/セネガル共和国の世界遺産

セネガル共和国の世界遺産の中からジュッジ国立鳥類保護区についての紹介ですセネガル共和国旅行のときにはジュッジ国立鳥類保護区へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ジュッジ国立鳥類保護区
Djoudj National Bird Sanctuary
所在国:セネガル共和国
世界遺産登録:1981年
世界遺産の種類:自然遺産

ジュッジ国立鳥類保護区はセネガル共和国のサハラ砂漠最西端に接するセネガル川河口の三角州に広がる地域とサハラ砂漠に接している湿地帯の地域に広がり1980年にラムサール条約に登録され翌年には世界遺産の登録がなされた。この地域の北西部に豊かに残っている緑地帯を目指して遠くはヨーロッパ大陸、東部アフリカから冬季にはオオフラミンゴ、モモイロペリカン、ガンやカモ、サギ、ツル、トキ、ワシやタカなど300万羽もの渡り鳥が飛来し越冬しています。近年、砂漠化の広がり、農業廃水による水質汚染、ディアマ・ダムが稼働するなどの影響で水質養分の低下など、それらの影響による水草の大量発生などで生態系や自然環境の悪化が深刻化し2000年には危機遺産となったが各国の協力もありバイオコントールを講じたことにより湿地帯への進入植物種の脅威を根絶したとして2006年には危機遺産から解除されました。ジュッジ鳥類国立公園は、二度にわたって危機遺産に登録されている(1984年から1988年までと、2000年から2006年)。ダムによる環境変化のほか、2000年の危機遺産登録時には外来種の水草の繁殖による固有の生態系への脅威が問題とされた。

ゴレ島/セネガル共和国の世界遺産

セネガル共和国の世界遺産の中からゴレ島についての紹介ですセネガル共和国旅行のときにはゴレ島へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ゴレ島
Island of Goree
所在国:セネガル共和国
世界遺産登録:1978年
世界遺産の種類:文化遺産

ゴレ島とは、1814年にフランスで奴隷貿易が廃止されるまで利用されていた奴隷貿易中継の島で、島内には、奴隷にまつわるさまざまな施設が残されています。狭く暗い奴隷収容所、奴隷売買が行われていた商館などです。その一方で、セネガル最古のイスラム教の石のモスクや古典主義様式のカトリック聖堂なども残されています。ポルトガル人がゴレ島にやってきた当初は、商業基地として繁栄しましたが、のちに西アフリカ地方などから集められた黒人奴隷やアラビアゴム、黄金、密猟などの交易を巡り、イギリス、フランス、オランダ、ポルトガルによる商権争いが繰り返され、ゴレ島の所有権は転々としていました。ゴレ島は、『絶好の錨地(びょうち)』という意味を持ち、1777年頃に作られ、奴隷の積み出し場として利用された『奴隷の家』は、今では歴史博物館として一般公開されています。ゴレ島は、南北の最長部分が900m、東西の最長部分が300mの小さな島で、セネガルの首都ダカールの沖合3kmの大西洋上にあります。

サン-ルイ島/セネガル共和国の世界遺産

セネガル共和国の世界遺産の中からサン-ルイ島についての紹介ですセネガル共和国旅行のときにはサン-ルイ島 セネガル共和国へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

サン-ルイ島
Island of Saint-Louis
所在国:セネガル共和国
世界遺産登録:2000年
世界遺産の種類:文化遺産

サン-ルイ島はアフリカ西部のセネガルのセネガル川の河口にあります。サン-ルイ島という名前はセネガルが昔フランスの植民地だったころの名残を見せています。植民地だった年代は1638年から1960年までですが、当時はゴムの原料や象牙の輸出港として発展するとともに、奴隷貿易の中心地としても重要な役割を担いました。こうした貿易の中心地として発展したサン−ルイ島の中心地のサン−ルイは、かつてのフランス領西アフリカの首都でした。当時の面影を残す19世紀半ばの都市整備によって築かれた、木製のバルコニーや赤い瓦屋根をもつコロニアル風の家並みは、今でも往時の面影を偲ばせています。その町の古い街並みは、植民地時代に計画的に整備された都市の建造物群が現存しているため、西アフリカにおける植民地支配の様子を現代に伝える貴重な例証となっています。名称サン=ルイ(聖なるルイ)は聖王ルイにならったものであるとともに、当時在位していたルイ大王にちなむものであったといわれています。こうした歴史的町並みが世界遺産として価値があるとして2000年にユネスコに登録されました。

セネガンビアのストーン・サークル群/セネガル共和国/ガンビア共和国の世界遺産

セネガル共和国/ガンビア共和国の世界遺産の中からセネガンビアのストーン・サークル群についての紹介ですセネガル共和国/ガンビア共和国旅行のときにはセネガンビアのストーン・サークル群へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

セネガンビアのストーン・サークル群
Stone Circles Of Senegambia
所在国:セネガル共和国/ガンビア共和国
世界遺産登録:2006年
世界遺産の種類:文化遺産

セネガンビアのストーン・サークル群(セネガンビアの環状列石群)は、セネガルのカオラック地域からガンビアのセントラル・リバー区に分布するストーン・サークル群(環状列石群)です。ガンビア川の350kmに沿った幅100km、39000平方kmの地域に広がるセネガンビアのストーン・サークル群は、セネガル共和国カオラック州のシネ・ンガエネ Sine Ngayene(フランス語)とワナール(Warnar)、ガンビア共和国ガンビア川中流地方のワッス(Wassu)、ケルバチ(Kerbatch)という4つの大きなストーン・サークル群と周辺にある数々の塚や古墳からなり、遺跡総数1965箇所の中には、16790基の石碑や石柱が発見されています。その大きさや密度、複雑性は世界的にも珍しく、広大な巨石時代を代表する世界遺産で、ストーン・サークル群の全ては古墳の近くに造られています。各ストーン・サークル群は、直径4〜6mのエリアに8〜14の支柱が立てられ、支柱は、ほとんどが鉄の道具で採石され、ほぼ同一の円柱状、もしくは約2mの高さに加工されています。

ニオコロ-コバ国立公園(ニョコロ=コバ国立公園)/セネガルの世界遺産

セネガルの世界遺産の中からニオコロ-コバ国立公園(ニョコロ=コバ国立公園)についての紹介ですセネガル旅行のときにはニオコロ-コバ国立公園(ニョコロ=コバ国立公園)へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ニオコロ-コバ国立公園(ニョコロ=コバ国立公園)
Niokolo-Koba National Park
所在国:セネガル
世界遺産登録年:1981年
世界遺産の種類:自然遺産

ニオコロ-コバ国立公園(ニョコロ=コバ国立公園)オコロ-コバ国立公園は、セネガル南東部にある国立公園で、西アフリカの国立公園としては最大の面積を誇っています。ギニア共和国との国境に近い、タンバクンダ地方のダカールの東650キロのところにあ利ます。オコロ-コバ国立公園は、1926年に狩猟鳥獣保護区が設置されたのが起源となり、1951年に森林も保護対象になり、ついで1953年に動物保護区に、更に翌年国立公園となりました。ガンビア川とその支流が国立公園内を横切るように流れています。支流のひとつはクルントゥ川で、もうひとつはオコロ-コバ川で、公園名の由来になっています。かつてはこの公園内に羊飼いや農民が住み生活を営んでいましたが、狩猟や農業が禁止され、人間は園内から立ち退くことになりました。国立公園はさらに1962年、1965年、1968年、1969年と相次いで拡張されましたが、各地域が独立して編入されていった結果、十分な管理体制が整備されず、密猟が横行している地域もありました。1981年には世界遺産と生物圏保護区 (MAB) に同時登録され、スーダンサバンナからギニア森林までの幅広い動物層、植物層を保護しています。この2つの植生地帯をもつ公園では、現在、西アフリカで最多の動植物が見られますが、密猟による被害は後を絶たず、アフリカゾウやキリンなどの減少が危惧されています。1990年代からは国立公園当局とフランス海外科学技術調査局(ORSTOM ; 現IRD)が協力し、公園内に生息する動物の頭数の年次調査も行われています。公園内のシマンティ (Simenti) の沼地だけは一年を通じて干上がらないため、渇きを癒したり泥で寝転ぶために、サバンナの動物たちが訪れる場所になっています。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。