アフリカの世界遺産カテゴリの記事一覧

メ渓谷自然保護区/セーシェル共和国の世界遺産

セーシェル共和国の世界遺産の中からメ渓谷自然保護区についての紹介ですセーシェル共和国旅行のときにはメ渓谷自然保護区へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

メ渓谷自然保護区
Valle de Mai Nature Reserve
所在国:セーシェル共和国
世界遺産登録年:1983年
世界遺産の種類:自然遺産

メ渓谷自然保護区は、セーシェル諸島北東部に浮かぶ2番目の大きさを持つ花崗岩の島、プララン島にある自然保護区です。1983年にユネスコの世界遺産に登録されました。30mの高さに成長する世界最大のヤシの実をつけるフタゴヤシが5000本余りの原生林は、原始植生の名残として、植物進化の初期段階を示す「生きた博物館」として貴重とされています。ここに群生しているフタゴヤシの数は世界全体の25%ほどにあたります。現在では、この保護区内でこのフタゴヤシの実の採取は禁止されていますが、やはり不正な採取があるようです。また、珍しい動植物も多数生息しており、世界三代珍鳥と呼ばれている、ブラックパロット、セイシェルキアシヒヨドリ、セイシェルルリバトなどの鳥類が生息しています。その他にもヤシの空洞になった幹を巣としているコクロインコや、イモムシに似ていますが、両生類のアシナシイモリやカメレオンなどが動植物が多く生息しています。イギリスの詩人アトール・トーマスは、この島特有の美しさを『忘れられた楽園』のなかで絶賛しています。※ヴァレ・ド・メは「巨人の谷」の意味であり、「メ渓谷」「メイ渓谷」とも表記されている。フランス語読みとしてはヴァレ・ド・メ渓谷自然保護区が正しい。※セーシェル共和国、通称セーシェルは、アフリカ大陸から1,600kmほど離れたインド洋に浮かぶ115の島々からなる国。首都はヴィクトリア。

アルダブラ環礁/セイシェルの世界遺産

セイシェルの世界遺産の中からアルダブラ環礁についての紹介ですセイシェル旅行のときにはアルダブラ環礁へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

アルダブラ環礁
Aldabra Atoll
所在国:セイシェル
世界遺産登録:1982年
世界遺産の種類:自然遺産

アルダブラ環礁は、アフリカはセーシェルの、インド洋に浮かぶ、世界第二位の規模を持つ環礁(さんご礁が隆起してできた円形もしくは楕円の島)です(第一位の環礁はキリスィマスィ島)。長さは34km、幅が14.5kmで、陸上の面積としては155.4km2、ラグーンになると224 km2にも及びます。人の手がほとんど入らなかったため、ガラパゴス諸島同様に、独特の動物相、植物相が自然の楽園として残されています。中でも、世界最大のゾウガメとして知られるアルダブラゾウガメが約15万頭も生息していて、これはゾウガメの生息地として世界最大の規模です。他の生物としては、クロトキ、ノドジロクイナといった鳥類、パンダヌス・アルダブレンシスといった植物が生息しています。現在、セーシェル島基金によって管理されていて、定住している人間としては、その自然保護スタッフのみとなっています。

ゲベル・バルカルとナパタ地域の遺跡群/スーダン共和国の世界遺産

スーダン共和国の世界遺産の中からゲベル・バルカルとナパタ地域の遺跡群についての紹介ですスーダン共和国旅行のときにはゲベル・バルカルとナパタ地域の遺跡群へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ゲベル・バルカルとナパタ地域の遺跡群
Gebel Barkal and the Sites of the Napatan Region
所在国:スーダン共和国
世界遺産登録:2003年
世界遺産の種類:文化遺産

ゲベル・バルカルとナパタ地方の遺跡群は、古代都市ナパタの遺跡で、ゲベル・バルカルには、13の寺院群、3つの神殿群の遺跡があります。ゲベル・バルカルとナパタ地方の遺跡群は、1820年代にヨーロッパの探検家に紹介されましたが、本格的な発掘は1916年からで、ジョージ・レイスナーがハーバード大学とボストン美術館の共同発掘隊のもとで調査にあたることで、始まりました。古代都市ナパタは、カルツームの北400km、スーダン東部の町であるカリマの近くにあります。ナイル川にある瀑布という大きな滝の中の第三瀑布と第四瀑布の間の川沿いに隔たった高さ98mの巨大な砂岩の山(ジャバル)の上にあります。その理由として、エジプト人とクシ(のちのヌビア人)が、彼らの最高神・アモンは、90mの高山に棲むと考えられていたからです。古代都市ナパタは、紀元前1450年頃、当時のエジプトのファラオ(皇帝)であるトトメス3世が征服したゲベル・バルカルを中心に作られた都市で、帝国の南限として繁栄しました。ナパタは、のちにクシと呼ばれ、独立したヌビア王国となります。クシ王国が撤退した後も、ナパタ地方は紀元前350年頃まで王室の住居として、宗教的な中心地として栄えました。

カミ遺跡群国立記念物/ジンバブエ共和国の世界遺産

ジンバブエ共和国の世界遺産の中からカミ遺跡群国立記念物についての紹介ですジンバブエ共和国旅行のときにはカミ遺跡群国立記念物へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

カミ遺跡群国立記念物
Khami Ruins National Monument
所在国:ジンバブエ共和国
世界遺産登録年:1986年
世界遺産の種類:文化遺産

カミ遺跡群国立記念物はジンバブエ共和国の西部にあるジンバブエ高原の標高1000メートルのブラワヨの近くにある石造遺跡群で、1986年にユネスコ
の世界遺産(文化遺産)に登録されました。カミという都市は大ジンバブエ(グレードジンバブエ)が首都として放棄された15世紀中頃にトルワ共和国の首
都となり、17世紀中頃まで栄えた都市であり、ヨーロッパ(17世紀に作られたポルトガルの中国製陶磁器の模倣品、ドイツの陶磁器、スペインの皿)の陶
磁器や中国から渡ったと見られる物品(青磁や白磁)が発見されています。これはカミが長年、貿易の中心地として栄えていたことを示しており、また石造建
築や金銀製品の加工技術などは大ジンバブエ(グレートジンバブエ)よりも進んでいたことも分かっています。花崗岩を直方体に切り出して交互に積み重ねら
れた建造物の壁の上部には色の異なる石材を用いて装飾を施していたり、空間を開けたりする技術も見られます。

大ジンバブエ国立記念物/ジンバブエ共和国の世界遺産

ジンバブエ共和国の世界遺産の中から大ジンバブエ国立記念物についての紹介ですジンバブエ共和国旅行のときには大ジンバブエ国立記念物へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

大ジンバブエ国立記念物
Great Zimbabwe National Monument
所在国:ジンバブエ共和国
世界遺産登録年:1986年
世界遺産の種類:文化遺産

大ジンバブエ国立記念物はジンバブエ共和国の種とハラレから南に約300kmほど離れたマシンゴ州のジンバブエ高原の南にある石造建築遺跡のことで、
1986年にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されました。ジンバブエとはショナ語で「首長、王の宮廷」の意味を含む『石の家』という一般的な言葉
であるために、この最大規模で有名な遺跡を指す場合は大ジンバブエ遺跡(グレートジンバブエ遺跡)と呼びます。遺跡の中心部にある石造建築物群は50世
帯ほどの王や首長の一族のために築かれたもので、直方体の花崗岩ブロックを積み上げた円もしくは楕円形の建築物の組み合わせになっています。全体の面積
は周辺集落を含めて東西1.5km、南北1.5kmの約2平方キロメートルです。石造建築は「エンクロージャー(囲壁)」と呼ばれており、北側に「アク
ロポリス」又は「丘上廃墟」と呼ばれる建造物群(エンクロージャー群)、その南方に広がる「谷の遺跡」と呼ばれている建造物群(エンクロージャー群)、
そして最も有名な「大囲壁」(グレートエンクロージャー)の大きく3つに分けられています。

マナ・プールズ国立公園、サピとチュウォールのサファリ地域/ジンバブエ共和国の世界遺産

ジンバブエ共和国の世界遺産の中からマナ・プールズ国立公園、サピとチュウォールのサファリ地域についての紹介ですジンバブエ共和国旅行のときにはマナ・プールズ国立公園、サピとチュウォールのサファリ地域へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

マナ・プールズ国立公園、サピとチュウォールのサファリ地域
Mana Pools National Park, Sapi and Chewore Safari Area
所在地:ジンバブエ共和国
世界遺産登録:1984年
世界遺産の種類:自然遺産

マナ・プールズ国立公園、サピとチュウォールのサファリ地域は、ジンバウエの北部、マショナランド地方の標高1000m近いザンベジ高地のザンビア谷の一部にあります。ザンベジ川の中流、大地機帯の断層が横切る堆積盆地周辺に広がる草原と森林地帯 約6千キロ平方メートルに、ゾウ、サバンナシマウマ、アフリカイギュウ、インパラなどの大型哺乳類・草食動物、川辺にはワニ、鳥類300種以上が生息しています。ザンベイ川は定期的に氾濫し、雨季になるたびに一面が湖のようになる。これを繰り返すため、肥沃な土壌を作り出し、多くの動物の生息に適した地域となっています。ザンベジ川の岸辺は絶滅の危機に瀕したナイルワニの貴重な生息地です。川に面している地域は、水量が豊富なこともあり、マホガニー、イチジク、エボニー、バオバブなどの森林が隣接していることは、草原地には珍しい光景といえます。この地域は、肉食性哺乳類動物が少ないため、ガイド無しでサファリ観光をすることができます。

マトボの丘群/ジンバブエの世界遺産

ジンバブエの世界遺産の中からマトボの丘群についての紹介ですジンバブエ旅行のときにはマトボの丘群へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

マトボの丘群
Matobo Hills
所在国:ジンバブエ
世界遺産登録:2003年
世界遺産の種類:文化遺産

ジンバブエのマトボの丘群の特徴はなんと言っても奇岩でしょう。もしかしたら何かの写真で見たかも知れません。岩山の上に大きな丸い岩がいくつかのっていますが、その岩がみな丸く、今にも岩山から転げ落ちてもおかしくない様子に驚かされます。ちょっと例えは悪いかもしれませんが、日本の明日香村の岩舞台のような巨岩がバランスを崩しそうになりながら、かろうじてバランスを保っている、そんな光景です。交通はビクトリフアフォールズ駅から列車で向かいます。10時間列車に揺られ、ロンプラに到着し、ここでさらに半日掛けてマトボ往復が可能です。マトボには奇岩以外に、岩壁に描いた壁画があり、動物や人などの壁画見られます。マトボの丘群はショナ人をはじめとするアフリカ南部の人々にとって、聖地と見なされており、多くの儀式や宗教行事が行われています。

モシ・オ・トゥニャ/ヴィクトリアの滝/ザンビア共和国、ジンバブエ共和国の世界遺産

ザンビア共和国、ジンバブエ共和国の世界遺産の中からモシ・オ・トゥニャ/ヴィクトリアの滝についての紹介ですザンビア共和国、ジンバブエ共和国旅行のときにはモシ・オ・トゥニャ/ヴィクトリアの滝へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

モシ・オ・トゥニャ/ヴィクトリアの滝
Mosi-oa-Tunya/Victoria Falls
所在国:ザンビア共和国、ジンバブエ共和国
世界遺産登録:1989年
世界遺産の種類:自然遺産

ヴィクトリア滝は、ジンバブエ共和国とザンビア共和国の国境にある滝で、世界三大瀑布の1つです。
他の2つはナイアガラ滝とイグアス滝です。
ジンバブエ共和国とザンビア共和国の2ヶ国が、仲良く同じ年に世界遺産登録してありますので、ユネスコとしては1つの世界遺産としてカウントしています。
ヴィクトリア滝はザンベジ川の中流にあり、最大幅が1,700m、最も深い滝壷は落差が108mあります。
もともとこの滝は、アフリカの現地人によって「モシ・オ・トゥニャ(雷鳴とどろく水煙)」と呼ばれていました。
しかし、イギリスの探検家デイヴィッド・リヴィングストンが、1855年にヨーロッパ人として初めて到達し、自国イギリスのヴィクトリア女王にちなんでヴィクトリア滝と英称がつけられました。
長い年月の間に川の浸食によって滝の位置は少しずつ移動していて、現在の位置の滝は将来なくなってしまうと予想されているようです。

カフジ-ビエガ国立公園/コンゴ民主共和国の世界遺産

コンゴ民主共和国の世界遺産の中からカフジ-ビエガ国立公園についての紹介ですコンゴ民主共和国旅行のときにはカフジ-ビエガ国立公園へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

カフジ-ビエガ国立公園
Kahuzi-Biega National Park
所在国:コンゴ民主共和国
世界遺産登録年:1980年
世界遺産の種類:自然遺産

カフジ-ビエガ国立公園はコンゴ共和国の東部、ルワンダとの国境にあるキヴ湖の西側にある国立公園で、1980年にユネスコの世界遺産(自然遺産)に登
録されました。カフジ-ビエガ国立公園という名称はカフジ山(標高3308m)とビエガ山(標高2790m)の森林地帯を含むことからその名前が付けら
れています。このカフジ山とビエガ山は死火山ですが、そこから見下ろされる大きな熱帯林には様々な動物たちが生息しています。その中でも最も有名な動物
は生息数約250頭と言われている貴重なグラウアーゴリラ(ヒガシローランドゴリラ)というコンゴ民主共和国の東部を中心とするこのカフジ-ビエガ国立
公園の2400メートル以上の高地にしか生息していない固有の種のゴリラです。またその他にもアフリカゾウ、ライオン、ヒョウ、アフリカスイギュウ、コ
ンゴゴシキタイヨウチョウ、アフリカミドリヒロハシなども生息しています。ゴリラを観察するための観光客が多くなり、風邪やはしかや寄生虫などによる病
気が入り込むようになり、病死するゴリラが増えるようになり、また内戦や鉱山開発、象牙の密猟などによりカフジ-ビエガ国立公園を脅かす事態が生じたた
め、1997年には「危機にさらされている世界遺産」(危機遺産)リストに登録されています。

サロンガ国立公園/コンゴ民主共和国の世界遺産

コンゴ民主共和国の世界遺産の中からサロンガ国立公園についての紹介ですコンゴ民主共和国旅行のときにはサロンガ国立公園へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

サロンガ国立公園
Salonga National Park
所在国:コンゴ民主共和国
世界遺産登録:1984年
世界遺産の種類:自然遺産、危機遺産

サロンガ国立公園はコンゴ民主共和国のほぼ中央部に位置し、アフリカ最大の最大の熱帯原生林が残っていますが、近年、国立公園付近の人口増加やそれに伴う、耕地拡張・森林伐採などにより自然環境の破壊が進み、さらに、コンゴ民主共和国の政情の不安定さなどもあり、1999年に「危機にさらされている世界遺産」リストに加えられました。サロンガ国立公園はアフリカ最大の熱帯多雨林保護区で、アフリカ第2の規模を誇る広大な国立公園です。コンゴ川の支流により周辺から隔絶された密林は野生動物の宝庫で、ボノビと呼ばれるピグミーチンパンジー約2万頭のほか、オカピやミズジャコウネコなど絶滅が懸念される動物が多数棲息しています。密猟増加や森林伐採により、貴重な生態系の維持が危ぶまれています。このような背景から世界遺産に登録された基準は以下のものとなっています。
生態系や動植物の進化発展に関する生態学的、生物学的過程を示す重要な例であり、ひときわ優れた自然美、及び美的要素をもつ自然現象・地域とされています。

ガランバ国立公園/コンゴ民主共和国の世界遺産

コンゴ民主共和国の世界遺産の中からガランバ国立公園についての紹介ですコンゴ民主共和国旅行のときにはガランバ国立公園へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ガランバ国立公園
Garamba National Park
所在国:コンゴ民主共和国
世界遺産登録:1980年
世界遺産の種類:自然遺産/危機遺産

ガランバ国立公園とは、1938年に創設されたガランバ川一帯を含む国立公園で、1980年にはユネスコの世界遺産に登録されました。キタシロサイの保護区として知られているガランバ国立公園ですが、密猟の横行などでキタシロサイは激減し、世界遺産リストからの抹消も検討されたことがあるなど、危機的な状況にある国立公園です。コンゴ民主共和国北東部の、スーダン国境近くに広がっています。この国立公園で最も特徴的なのは、先ほども触れましたキタシロサイですが、このサイはシロサイの亜種で、もともとはコンゴ民主共和国やその近隣など、限られた地域にしか生息していなかったサイです。残念ながら密猟等により、絶滅危惧種に指定されています。また、キタシロサイの生息と並んでこの国立公園の特色となっているのがアフリカゾウの調教です。アフリカの他の国立公園には見られないゾウの調教センターもあり、この調教は観光などに結びつく事業であり、地域住民に収入の途を与えています。結果として密猟を防止することに役立っているようです。ガランバ国立公園のその他の動物としては、コンゴキリン・アヌビスヒヒ・ウォーターバック・ヒョウ・ライオン等が生息しています。植物で特徴的なのは、ソーセージノキ(ノウゼンカズラ科)・ヒパレーニア(イネ科)・パピルスなどが生育していることです。

オカピ野生生物保護区/コンゴ民主共和国の世界遺産

コンゴ民主共和国の世界遺産の中からオカピ野生生物保護区についての紹介ですコンゴ民主共和国旅行のときにはオカピ野生生物保護区へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

オカピ野生生物保護区
Okapi Wildlife Reserve
所在国:コンゴ民主共和国
世界遺産登録:1996年
世界遺産の種類:自然遺産

オカピ野生生物保護区は、コンゴ民主共和国北東部のスーダンやウガンダとの国境に近いイトゥリの森にある野生生物保護区(IUCNの分類では国立公園)。
約14000km2に及ぶ保護区は、イトゥリの森の約5分の1に及んでいます。
1996年にユネスコの世界遺産に登録されました。
登録当時の英語名称は Okapi Faunal Reserve であったが、後に現在の Okapi Wildlife Reserve に変更されました。
この野生生物保護区には、その名称に表れているように、この保護区は20世紀に発見された世界三大珍獣のひとつであるオカピの生息域になっています。
1996年の時点では、3900頭から6350頭が生息していると見積もられていました。
現在地球上に生息しているオカピの全頭数は1万頭から2万頭と推測されています)
オカピ野生生物保護区には、オカピ以外にも多くの稀少な動物や絶滅危惧種が生息しています。
森林ゾウ (en:Ahrican forest elephant) や13種のシミアン(Simian, 真猿亜目に属する)、アフリカゴールデンキャットなどもその例である。
哺乳類以外に、鳥類も実に300種以上が生息しています。

ヴィルンガ国立公園/コンゴ(旧ザイール)の世界遺産

コンゴ(旧ザイール)の世界遺産の中からヴィルンガ国立公園についての紹介ですコンゴ(旧ザイール)旅行のときにはヴィルンガ国立公園へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ヴィルンガ国立公園
Virunga National Park
所在国:コンゴ(旧ザイール)
世界遺産登録:1979年
世界遺産の種類:自然遺産、危機遺産

ヴィルンガ国立公園(旧アルバート国立公園)は、コンゴ民主共和国の北東部、ウガンダとルワンダ国境沿いに広がる、ヴィルンガ火山群(最高峰カリシンビ山 標高4507メートル)とエドワード湖を中心とした国立公園です。南北約300キロ、東西約50キロにもわたって、実に多様な動物相が存在していることで知られており、中でも、カバとマウンテンゴリラの生息地として有名です。マウンテンゴリラは世界に700頭しかいないとされている絶滅危惧種です。その半数以上が生息しているのが、このヴィルンガ国立公園なのです。公園内のジョンバ・サンクチュアリは、観光客にも開放されています。ただ、隣国のルワンダ内戦、コンゴ内戦の影響で、難民流入、密猟といった問題で深刻な事態となっていて、1994年には危機遺産として登録されました。

タイ国立公園/コートジボワール共和国の世界遺産

コートジボワール共和国の世界遺産の中からタイ国立公園についての紹介ですコートジボワール共和国旅行のときにはタイ国立公園へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

タイ国立公園
Tai National Park
所在国:コートジボワール共和国
世界遺産登録:1982年
世界遺産の種類:自然遺産

タイ国立公園は、西アフリカに残された最後の原生熱帯雨林地帯のひとつで、絶滅危惧種と目されるコビトカバをはじめとし、ボノボ(ピグミーチンパンジー)など11種類の貴重種の猿を含めた、さまざまな貴重な動植物が棲息している自然遺産です。タイ国立公園は、コートジボワール南西部にあるリベリアとの国境に流れるカヴァレイ川とササンドラ川の間の低地にあり、3300平方kmが1972年に国立公園として指定され、隣接地の1560平方kmが1977年に監視地として指定されました。コビトカバ、ボノボ以外にもアフリカゾウ、チンパンジー、アカコロブス、ダイアナモンキー、ワニ、ヒョウ、アフリカ・スイギュウ、イボイノシシ、ジャコウネコ、多数の鳥類が生息するタイ国立公園内には、樹高40〜50mもの巨木もジャングルの中に多く存在していますが、心無い密猟によるアフリカゾウなどの生息数の減少や希少な動植物の絶滅危惧の問題は、いまだ払拭sれていません。現状では、森林伐採の問題がなくなってきているのが、唯一の望みですが、環境保護の重要性を訴えるエコ・ツアーなど、さまざまな環境教育プログラムが実施されています。

コモエ国立公園/コートジボワールの世界遺産

コートジボワールの世界遺産の中からコモエ国立公園についての紹介ですコートジボワール旅行のときにはコモエ国立公園へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

コモエ国立公園
Comoe National Park
所在国:コートジボワール
世界遺産登録:1983年
世界遺産の種類:自然遺産/危機遺産

コモエ国立公園とは、コモエ川流域に広がっている西アフリカ最大の国立公園です。川沿いに広がる湿地帯とサバンナに恵まれ、コートジボワールのブナ県、フェルケセドゥグ県にまたがっています。1983年、ユネスコの世界遺産に登録されたのは、この地域にレイヨウ、イボイノシシ、スイギュウ、ゾウなどが生息していて、このような多種多様の動物相と植物相が評価されたことが理由です。また、コモエ国立公園一帯には、ロビ族という民族が住んでいます。コモエ国立公園一帯は、昔から象牙を目的とするゾウの狩猟が行われてきた地域で、世界遺産登録後も密猟が絶えないのが現状です。こうした密猟及び牛の過放牧、公園全体の管理の欠如などにより、2003年に危機遺産に登録されました。サバンナや湿原、森林からなる自然の宝庫と言われているコモエ国立公園は、1983年には、禁猟区となったのですがその後も密猟は全く絶えず、アフリカゾウなどの数は急激に減少し、絶滅した動物もいます。密猟者から公園を守るため、徹底した保護対策が早急に実施される必要があるでしょう。

ラム旧市街/ケニア共和国の世界遺産

ケニア共和国の世界遺産の中からラム旧市街についての紹介ですケニア共和国旅行のときにはラム旧市街へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ラム旧市街
Lamu Old Town
所在国:ケニア共和国
世界遺産登録:2001年
世界遺産の種類:文化遺産

ラムはケニアの東部、ソマリアとの国境近くにある小さな島、ラム島にある。ラムはケニアのラム島最大の都市。ラム地区 (Lamu district) の行政庁所在地でもあります。ラムは東アフリカのスワヒリ族の言葉で海岸を意味し、スワヒリ系の建造物群がいまなお良好に現存しておりこの東アフリカでも現存する最古のスワヒリ建造物群が評価され、旧市街がユネスコの世界遺産に登録されたものです。この旧市街は現在までその歴史や文化を損なうことなく建物もそのままの形で保持されており珊瑚とマングローブの木材を使った伝統的なスワヒリの技法で造られたユニークな街並みは重厚なドアなどに特徴がありかつては奴隷貿易の中心地のひとつでありました。ラムの民族構成は多彩だが、主要なアラビア交易ルート上に位置したので、住民はほとんどがイスラム教徒であり
儀礼に使った角が多く展示されているラム博物館をはじめとして、町にはスワヒリ文化にゆかりのあるものや地元の郵便制度に関するものなど、博物館がいくつもあります。

トゥルカナ湖国立公園群/ケニアの世界遺産

ケニアの世界遺産の中からトゥルカナ湖国立公園群についての紹介ですケニア旅行のときにはトゥルカナ湖国立公園群へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

トゥルカナ湖国立公園群
Lake Turkana National Parks
所在国:ケニア
世界遺産登録年:1997年
世界遺産の種類:自然遺産

トゥルカナ湖国立公園群トゥルカナ湖国立公園群は、ケニア北部、トゥルカナ湖にある3つの国立公園の総称です。@東岸に位置するシビロイ国立公園 (Sibiloi National Park) A湖の中央に浮かぶセントラル・アイランド国立公園 (Central Island National Park)B南端近くのサウス・アイランド国立公園 (South Island National Park)の3つの国立公園からなっています。トゥルカナ湖は、「黒い水」と呼ばれているケニア北部のアフリカ大地溝帯にあり、ナイルワニやカバの一大棲息地であり、渡り鳥やフラミンゴを含む350種の水鳥が棲むトゥルカナ湖の生態系や生息環境は、動植物の貴重な研究地区となっています。また、先史時代の環境の理解につながるコービ・フォラ (Koobi Fora) の人類祖先の化石産地があります。交通がきわめて不便な場所でなので訪問者は少ないですが、荒涼とした湖岸に縁取られた翡翠色の湖水が、草木の生えていない絶壁の間を南北に伸びる印象的な景観、水鳥の大規模な生息地、数百万年前の人類の化石の産地、といった観光資源には恵まれています。2001年に登録範囲をサウス・アイランド国立公園も含め、以前の「シビロイ/セントラルアイランド国立公園」(1997年12月登録)から登録名称もトゥルカナ湖国立公園群に変更されました。ケニアの他の国立公園と同じように、ケニア野生生物公社 (Kenya Wildlife Service: KWS) によって管理されています。

ケニア山国立公園/自然林/ケニアの世界遺産

ケニアの世界遺産の中からケニア山国立公園/自然林についての紹介ですケニア旅行のときにはケニア山国立公園/自然林へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ケニア山国立公園/自然林
Mount Kenya National Park/Natural Forest
所在国:ケニア
世界遺産登録:1997年
世界遺産の種類:自然遺産

ケニア山国立公園は、アフリカ大陸第二位の高さを誇るケニア山(5199m)中心一帯の自然と動物を保護するために国立公園として設定されました。森林限界である、標高3350m以上の地域が対象となっています。ケニア山はかつて、キリニャガ(輝く山)と呼ばれていました。赤道直下に位置してはいますが、頂上部には万年雪が残っているほか、チンダル氷河など12箇所もの氷河を擁します。登山をする場合、最高峰であるバティアン峰、ネリオン峰(5189m)は難度の高さから一般には開放されておらず、一般登頂が可能なのは、レナオ峰(4985m)までとなっています。生息する動物としては、ロックハイラックス、ゾウ、コロブス、アフリカスイギュウ、ケープバッファロー、カモシカ、エランド、ヒョウなどがおり、固有の高山植物としては、ジャイアント・セネシオ、ロベリアなどが挙げられます。

ニンバ山厳正自然保護区/ギニア/コートジボワールの世界遺産

ギニア/コートジボワールの世界遺産の中からニンバ山厳正自然保護区についての紹介ですギニア/コートジボワール旅行のときにはニンバ山厳正自然保護区へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ニンバ山厳正自然保護区
Mount Nimba Strict Nature Reserve
所在地:ギニア/コートジボワール
世界遺産登録:1981年
世界遺産の種類:自然遺産/危機遺産

ニンバ山厳正自然保護区は、ギニア、コートジボワール、リベリアの3国にまたがり、ニンバ山の主要部分を含む総面積2200キロ平方メートルの熱帯雨林の自然保護区です。西アフリカで最も高い標高1752mのニンバ山を中心に原始の広大な密林が広がっています。熱帯雨林の地域とサバンナの地域と二つにわかれており、ダイカー、ジャコウネコ、この地特有のネズミ科の哺乳類や珍しい昆虫類、そして胎生のカエル、珍しい地衣類、真菌類、コケ類などの植物も多く、この地域のみ生息している種を含めて、500種以上の動物と2000種以上の植物が生息しています。1980年にはギニア側のニンバ山は、ユネスコMAB生物圏保護区に指定されています。ニンバ山の鉄鉱山開発やリベリアからの難民流入など問題が大きくなり、1992年に危機遺産として世界遺産に登録されています。日本からも調査団が多数参加しており、ニンバ山やボッソウのチンパンジー生息地についての調査が行なわれています。

ジェームズ島と関連遺跡群/ガンビア共和国の世界遺産

ガンビア共和国の世界遺産の中からジェームズ島と関連遺跡群についての紹介ですガンビア共和国旅行のときにはジェームズ島と関連遺跡群へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ジェームズ島と関連遺跡群
James Island and Related Site
所在国:ガンビア共和国
世界遺産登録:2003年
世界遺産の種類:文化遺産

ジェームズ島と関連遺跡群は、1814年にフランスで奴隷貿易が廃止されるまで奴隷の積み出しに利用されていたジェームズ要塞がある小さな島・ジェームズ島を中心とした遺跡群で、ガンビア共和国の首都バンジュールの東南約35km、ガンビア川の上流から約30km離れた中流、ジュフレーの近くにあります。ジェームズ三世にその名を由来するジェームズ島内のジェームズ要塞は、1651年にイギリスに捕獲されたドイツ人によりつくられました。1816年に造られた首都バンジュール市内の六連砲台や1826年に建造されたバレン要塞などがあり、周辺農村であるサン・ドミンゴやアルブレダ、ジュフレーなどにもさまざまな廃墟や遺構があります。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。