アフリカの世界遺産カテゴリの記事一覧

ジャー動物保護区/カメルーン共和国の世界遺産

カメルーン共和国の世界遺産の中からジャー動物保護区についての紹介ですカメルーン共和国旅行のときにはジャー動物保護区へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ジャー動物保護区
Dja Faunal Reserve
所在国:カメルーン共和国
世界遺産登録:1987年
世界遺産の種類:自然遺産

ジャー動物保護区は、ジャ・フォナル自然保護区とも呼ばれ、総面積5300平方kmにも及ぶ広範囲に熱帯雨林が広がる平均標高300mの台地で、全体の9割が、さまざまな貴重な動植物が棲息する人跡未踏のジャングルです。ジャー動物保護区は、カメルーン南部、ザイール川に合流する前のジャー川の上流である赤道直下に位置しています。今でも伝統的な狩猟で生活しているピグミー族という先住民が居住しており、ニシローランドゴリラやチンパンジー、オオハナジログエノン、アフリカスイギュウ、ゾウなどの野生動物やマホガニーなどの原生林やラン、シダなどの植物は、原始のまま残されており、5種類もの絶滅を危惧された動物を含め、107種類の哺乳類が棲息しています。

アシャンティの伝統的建築物群/ガーナ共和国の世界遺産

ガーナ共和国の世界遺産の中からアシャンティの伝統的建築物群 ガーナ共和国についての紹介ですガーナ共和国旅行のときにはアシャンティの伝統的建築物群 ガーナ共和国へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

アシャンティの伝統的建築物群
Asante Traditional Buildings
所在国:ガーナ共和国
世界遺産登録:1980年
世界遺産の種類:文化遺産

「アシャンティの伝統的建造物群」は、ガーナ第二の都市で、ガーナ南部に位置するクマシの北から北西部のアシャンティ州内に存在しています。
アシャンティ文明なるものがあり、アシャンティ人たちはアシャンティ王国を築いて繁栄を誇り、18世紀に最盛期を迎えます。
繁栄の象徴である、伝統文化を伝える貴重な建造物群は、19世紀のアシャンティ族とイギリス軍の戦いで破壊されることになります。
最高神ニャメを祭ったアシャンティの神殿は、その基本構造は中庭を取り囲むように建てられたもので、木材や土や、ヤシの葉からできていましたから、耐久性能に問題があったようです。
しかし、耐久性に問題があったものの、建材や建築法の工夫により通風性には優れた構造になっていたようです。
現在、アシャンティ族の文明として現存する最後の物質的証拠である「アシャンティの伝統的建造物群」は、人や動物を象った美しい木彫りの装飾があったことも、象徴的な建造物であったといえます。

ヴォルタ州、グレーター・アクラ州、セントラル州、ウェスタン州の城塞群/ガーナの世界遺産

ガーナの世界遺産の中からヴォルタ州、グレーター・アクラ州、セントラル州、ウェスタン州の城塞群についての紹介ですガーナ旅行のときにはヴォルタ州、グレーター・アクラ州、セントラル州、ウェスタン州の城塞群へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ヴォルタ州、グレーター・アクラ州、セントラル州、ウェスタン州の城塞群
Forts and Castles, Volta, Greater Accra, Central and Western Regions
所在国:ガーナ
世界遺産登録:1979年
世界遺産の種類:文化遺産

ヴォルタ州、グレーター・アクラ州、セントラル州、ウェスタン州の城塞群は、かつて「黄金海岸」(ゴールド・コースト)と呼ばれた西アフリカの金や奴隷の貿易拠点となった要塞と交易所の跡地です。ガーナのギニア湾沿いの要塞群と称されることもあります。ガーナは金の産地であったことから、ポルトガルをはじめに、イギリス、オランダなどが相次いで進出しました。金以外の品目としては、象牙、香辛料、ゴムなどが挙げられます。そして金の産出減少後は、奴隷貿易の中心地として交易の場となりました。残存する代表的なものはエルミナ砦(セントジョージ要塞)、ケープコースト砦です。ケープコースト要塞については、博物館となっていて、奴隷貿易に関する資料の展示のほか、奴隷が収容されていた牢獄もそのまま保存されており、見学することができます。アフリカに残した傷跡の記録として、世界遺産の「負の遺産」に数えられています。

アワッシュ川下流域/エチオピア連邦民主共和国の世界遺産

エチオピア連邦民主共和国の世界遺産の中からアワッシュ川下流域についての紹介ですエチオピア連邦民主共和国旅行のときにはアワッシュ川下流域へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

アワッシュ川下流域
Lower Vally of the Awash
所在国:エチオピア連邦民主共和国
世界遺産登録:1980年
世界遺産の種類:文化遺産

「アワッシュ川下流域」は、エチオピアの北東部を流れる川であり、この下流域のハダール村付近の一帯で1974年にアメリカ・フランスのアフリカ合同調査隊によって現在のところ最古の人類と認められる約400万年前の猿人アウストラロピテクス・アファレンシス(アファール猿人)の化石人骨ルーシーが発見されたことにより文化遺産に登録となったものです。この調査での猿人は野生の動植物を食料として社会生活を営み、単純な打製石器を使用するものもいたと推定されています。またこのときの発見は全身の約40%の骨が見つかるという奇跡的な発見状況と、350万年前の人骨という今までに発見された最古の古さから、人類の進化を考察する上で、またとない貴重な証人となったものでありルーシーほどにまとまった量が出土した個体は他に存在しなかったのです。

ファジル・ゲビ、ゴンダール地域/エチオピア連邦民主共和国の世界遺産

エチオピア連邦民主共和国の世界遺産の中からファジル・ゲビ、ゴンダール地域についての紹介ですエチオピア連邦民主共和国旅行のときにはファジル・ゲビ、ゴンダール地域へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ファジル・ゲビ、ゴンダール地域
Fasil Ghebbi,Gondar Region
所在国:エチオピア連邦民主共和国
世界遺産登録:1979年
世界遺産の種類:文化遺産

ゴンダールは、エチオピア帝国の黄金期を築いたファシラダス王〔在位1632〜1682年〕が、17世紀初頭にアクスムから遷都以降200年間、首都として繁栄したエチオピア北部の中都市です。首都アジスアベバから北へ約600kmに位置しています。ファジル・ゲビの要塞市は、、周囲約900mの城壁に囲まれた王宮には宮殿や教会、音楽館、文書館、プールなどの建物が建てられています。そして、ファジル・ゲビの要塞市は、ヒンズー教徒やアラブ人に影響をうけた宮殿、教会、修道院、建物を含んでおり、他国の影響を色濃く受けた建築はイスラム文化やヒンディー文化、バロック様式などを融合したゴンダール様式といわれる独特の建築様式で建築されました。ゴブト教を奉じた歴代の王はラス・ミカエル宮殿などファジル・ゲビと呼ばれる城のような石造りの王宮郡、法廷、図書館、スセニオス修道院、聖書壁画などヨーロッパ風の建築を数多く残しました。

シミエン国立公園/エチオピア連邦民主共和国の世界遺産

エチオピア連邦民主共和国の世界遺産の中からシミエン国立公園についての紹介ですエチオピア連邦民主共和国旅行のときにはシミエン国立公園へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

シミエン国立公園
Simien Natinal Park
所在国:エチオピア連邦民主共和国
世界遺産登録:1978年
世界遺産の種類:自然遺産

シミエン国立公園は、1966年に国立公園に指定された『アフリカの屋根』と呼ばれるエチオピア高地ですが、そのエリアには、多くの貴重な動植物が棲息しているということで、1978年に自然遺産として世界遺産に登録されました。しかし、密猟や耕作地拡張による自然生態系の破壊が著しく、1996年には危機に直面しているとされ、危機遺産として登録されています。シミエン国立公園には、このエリアでしか見られないライオン顔をした霊長類のゲラダヒヒというライオン顔をした動物やワリアア・イベックス(高地ヤギ)、シミエンギツネなどの固有種のほか、絶滅の危機に面しているシメジャッカルなど、さまざまな基調な鳥類、爬虫類、昆虫、植物が棲息しています。シミエン国立公園は、ナイル源流域に属し、エチオピア北西部に位置するタナ湖の北東約110kmにあります。

ハラール・ジュゴル要塞歴史都市/エチオピア連邦民主共和国の世界遺産

エチオピア連邦民主共和国の世界遺産の中からハラール・ジュゴル要塞歴史都市についての紹介ですエチオピア連邦民主共和国旅行のときにはハラール・ジュゴル要塞歴史都市へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ハラール・ジュゴル要塞歴史都市
Harar Jugol, the Fortified Historic Town
所在国:エチオピア連邦民主共和国
世界遺産登録:2006年
世界遺産の種類:文化遺産

ハラール・ジュゴル要塞歴史都市は、東アフリカのエチオピア東部に位置する文化遺産で、アディスアベバから約500km離れた、海抜1885mのエチオピア高原の東の丘の上に広がっています。ジュゴルとは、13世紀から16世紀の間に造られたハラールの町を取り囲む城壁のことで、町には82のモスクが存在し、イスラームの「第4の聖地」ともいわれます。ハラール・ジュゴルの住居は、3階建ての中庭付が最も標準的で、1887年以降に住みだした
インド商人のベランダ付き2階建ての住居とが混在しています。ハラールの人々は手先が器用なため、編み物、バスケット作り、製本などで知られています。ハラールの旧市街にはフェレス・マガラ広場を中心に、110のモスクと多くの寺院が立ち並んでいます。寺院では、メドハネ・アレム大聖堂、16世紀のジャミ・モスクなどが有名です。ハラール・ジュゴルは、砂漠やサバンナに囲まれる深い峡谷の文化遺産で、アフリカおよびイスラム教の伝統の影響を受ける要塞歴史都市です。

オモ川下流域/エチオピア連邦民主共和国の世界遺産

エチオピア連邦民主共和国の世界遺産の中からオモ川下流域についての紹介ですエチオピア連邦民主共和国旅行のときにはオモ川下流域へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

オモ川下流域
Lower Valley of the Omo
所在国:エチオピア連邦民主共和国
世界遺産登録:1980年
世界遺産の種類:文化遺産

オモ川下流域はエチオピアの南西部、ケニアとの国境近くにある文化遺産で、数百万年単位に及ぶ多くの種類の化石人骨が出土し、人間の進化の調査の貴重な資料となっています。1930年代のフランスの発掘調査隊によると、オモ川下流域の岩石層に含まれる化石には、アウストラロピテクス・エチオピクス、アウストラロピテクス・アファレンシス、ホモ・ハビリス、ホモ・サピエンスなど、今の人類の祖先とされるものや、枝分かれして絶滅した猿人や原人の化石など、様々な化石人骨が発見されており、古人類学の研究にとって非常に重要な遺産となっています。またオモ川下流域から発見された最古の打製石器は、約250万年前のホモ・ハビリスが使用したものともいわれ、先史時代の貴重な資料となっています。また、オモ川下流の公園には、キリン、シマウマ、ガゼル、ライオン、水牛、象、など様々な種類の動物が生息する自然豊かな地域です。

ラリベラの岩窟教会群/エチオピアの世界遺産

エチオピアの世界遺産の中からラリベラの岩窟教会群についての紹介ですエチオピア旅行のときにはラリベラの岩窟教会群へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ラリベラの岩窟教会群
Rock-hewn Churches, Lalibela
所在国:エチオピア
世界遺産登録年:1978年
世界遺産の種類:文化遺産

ラリベラの岩窟教会群は、エチオピア高原北東部、標高3000mのラリベラには、一枚岩を掘り下げて築かれた教会堂群が点在しています。そのうちの11の教会が世界遺産に登録されています。正確な建造年代は不明ですが、ザグウェ朝のラリベラ王が君臨していた12世紀から13世紀にかけての時期に、「この地を第2のエルサレムにするように」という命によって建造されたと推測されています。。完成には120年の歳月がかかりました。世界の石造建築史から見ても非常に重要な建造物です。現在もキリスト教の巡礼や信仰の地となっています。教会群には、ギリシアやローマの神殿の影響など多彩な建築様式が見られ、最大のメドハネ・アレム教会は、奥行き33m、幅22m、高さ11mです。聖ギョルギス教会は、縦横12メートルの十字架の形が残るように、周囲の岩を掘り下げて作られています。なかにはアッバ・リバノス教会のように岩肌に溶け込んで見えるものもあり、当時の石匠技術の高さが窺えます。教会の内部も岩をくり抜いて築かれています。内部は「旧約聖書」の物語を題材とした、壁画や浮き彫りで装飾されており、当時のエチオピア美術を知るうえでも貴重なものと言われます。第2のエルサレムとして築かれたラリベラの聖地には、聖書に描かれたさまざまな場面が再現されています。キリストが誕生したベツレヘムの馬小屋、キリストが洗礼を受けたことを示す岩の十字架が河岸に建つヨルダン川、キリストが昇天したとされるオリーブ山などです。キリストの誕生を祝うクリスマスの大祭には、エチオピア全土から6万人を超える巡礼者が聖地ラリベラをめざします。紀元4世紀にキリスト教が伝えられて以来、エチオピアの人々は、ユダヤ教の流れをくむ古い形のキリスト教を守り続けてきたのです。現在でも、一帯の教会群を訪れる巡礼者は後を絶ちません

アクスム/エチオピアの世界遺産

エチオピアの世界遺産の中からアクスムについての紹介ですエチオピア旅行のときにはアクスムへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

アクスム
Aksum
所在国:エチオピア
世界遺産登録: 1980 年
世界遺産の種類:文化遺産

アクスムAksumの遺跡の中で特徴的なのは、ステッレと呼ばれるオベリスクです。現在残っているものの内、倒壊していないもので、最高のものは全高24mのエザナ王のステッレです。ステッレが集中する北ステッレ公園には倒壊した33mのステッレもあります。アスクムのステッレは墓標だったようであり、鋳造された金属板を側面に貼り付け、窓などを思わせる建築上の彫刻が施されている。アクスム王国はゲーズ語 (Ge'ez) と呼ばれる独自の文字言語を持っており、古いものは紀元前5000年から前2000年まで遡る巨大なオベリスクに代表される独自の建築様式を発達させていました。オベリスク(obelisk)とは、古代エジプトに多く建造され、神殿などに立てられた記念碑(モニュメント)の一種です。

聖カトリーナ修道院地域/エジプトの世界遺産

エジプトの世界遺産の中から聖カトリーナ修道院地域についての紹介ですエジプト旅行のときには聖カトリーナ修道院地域へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

聖カトリーナ修道院地域
Saint Catherine Area
所在国:エジプト
世界遺産登録: 2002 年
世界遺産の種類:文化遺産

モーセ山はモーセが十戒を授かったことで知られる山。聖書によれば、シナイ山の麓でこの柴が燃えていた。いつまで経っても燃え尽きない不思議な柴の中から、モーセは神の声を聞いた。エジプトで過酷な労働を強いられていたイスラエルの民を、神の約束の地へと導くようにと命じられる。こうしてここは聖なる地となった。ユダヤ教、キリスト教、イスラームにとって重要な聖地とされ、現在でも多くの巡礼客を集めている。聖カトリーナとはローマ時代にこの地で殉教した聖者にちなんでいるといいます。シナイ山の麓に、紀元6世紀に建てられた修道院。現存する世界最古の聖カトリーナ修道院は、ヴァチカンに次ぐ3000冊もの蔵書と、卓越したビザンティン美術のコレクションが納められている。そして、聖カタリナ修道院に6世紀から続く習慣が週に一度のパン作り。その由来は、修道院の生活を助け、外敵から守ってくれる砂漠の民、ヴェドウィンへの謝礼として配られていたそうです。

イスラーム都市カイロ/エジプトの世界遺産

エジプトの世界遺産の中からイスラーム都市カイロ エジプトについての紹介ですエジプト旅行のときにはイスラーム都市カイロ エジプトへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

イスラーム都市カイロ
Islamic Cairo
所在国:エジプト
世界遺産登録:1979年
世界遺産の種類:文化遺産

カイロといえばエジプトの首都です。また人口1500万を擁するアフリカ最大の都市です。10世紀に創建されたカイロは、東西交易の大中継地点として発展し、以来アフリカ大陸と中東地域の政治・経済・文化の中心地であり続けました。世界遺産に登録されたのはカイロの旧市街です。ここには世界で一番モスクが多いといわれ、またそれ以外にも中世の建造物が立ち並び、往時の面影を色濃く残しています。モスクの塔が林立する様子から、カイロは「千の塔の都」と讃えられています。代表的なモスクをあげると、876-9年にトゥールーン王朝の創設者、アフメド・イブン・トゥールーンによって建設されたイブン・トゥールーン・モスク、スルタン・ムハンマド・エル・ナーシルのために建てられたムハンマド・エル・ナーシル・モスク、1410年に完成し、赤いモスクとして知られているエル・ムアイヤド・モスク、モスクと霊廟と病院からなり、スルタン・エル・マンスール・カラーウーンによって1284年に建設され始め、息子のスルタン・ムハンマド・エル・ナーシルによって1293年に完成されたカラーウーン・モスク、アラブ建築の傑作とみなされている1356-1362年に建てられたスルタン・ハッサン・モスク、墓のあるモスクの中で最もりっぱな例の一つであり、1472-74年に建てられたカーイト・バイ・モスク、1398-1411年に建てられたスルタン・バルクーク・モスクなどが有名です。

アブ・メナ/エジプトの世界遺産

エジプトの世界遺産の中からアブ・メナについての紹介ですエジプト旅行のときにはアブ・メナへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

アブ・メナ
Abu Mena
所在国:エジプト
世界遺産登録:1979年
世界遺産の種類:文化遺産

アブ・メナは、アレクサンドリアの南西45kmに位置する、古代エジプトにおけるキリスト教巡礼の中心的存在だった都市の遺跡。
1979年にユネスコの世界遺産に登録された。その遺構はほとんど残っていないが、バシリカのような大建築物の土台は、今でもはっきりと識別できます。
1979年にユネスコの世界遺産に登録後、2001年に危機遺産として登録されました。
アレクサンドリアの南西に位置するこの街は4世紀からこの地域で独自に発達したキリスト教、コプト最大の聖地として栄えました。
古代ローマで殉教した聖者メナス生誕の地でもあり、教会、洗礼堂、修道院、巡礼のための宿泊施設など独自の文化が見られます。
9世紀に侵略者の破壊などで砂漠の廃墟と化したが、20世紀初頭からの発掘で明らかとなります。
この初期キリスト教の聖なる都市の教会、洗礼堂、バシリカ、公共の建物、街路、修道院、家々と工房は、紀元296年に亡くなったアレキサンドリアの聖メナの墓の上に建てられました。

メンフィスとその墓地遺跡-ギーザからダハシュールまでのピラミッド地帯/エジプト・アラブ共和国の世界遺産

エジプト・アラブ共和国の世界遺産の中からメンフィスとその墓地遺跡-ギーザからダハシュールまでのピラミッド地帯 エジプト・アラブ共和国についての紹介ですエジプト・アラブ共和国旅行のときにはメンフィスとその墓地遺跡-ギーザからダハシュールまでのピラミッド地帯 エジプト・アラブ共和国へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

メンフィスとその墓地遺跡-ギーザからダハシュールまでのピラミッド地帯
Memphis and its Necropolis the Pyramid Fields from Giza to Dahshur
所在国:エジプト・アラブ共和国
世界遺産登録:1979年
世界遺産の種類:文化遺産

「メンフィスとその墓地遺跡 - ギザからダハシュールまでのピラミッド地帯」は、世界最長の大河であるナイル川の下流1500KMにおよぶ広大な流域にあるピラミッド群のことです。
エジプトのピラミッドとしてよく知られている特徴的なピラミッドの数々のことです。
今から約5000年前に始まる古代エジプト文明の遺跡であり、首都カイロ郊外にあります。
ギザの三大ピラミッドの中で、クフ王の王墓であるギザの大ピラミッドは、ピラミッド建築の頂点とされ最大規模を誇っています。
ギザの大ピラミッドは、世界の七不思議で唯一現存する建造物で、世界遺産の中でも最も深い謎に包まれた遺産の一つであります。
一般に、ピラミッドの出現は、王墓独自の創出により、ファラオ(王)を頂点とした中央集権国家が確立したことを示しています。
だから、ピラミッドの建造が盛んであったということは、エジプト中央集権国家としても盛期であったと言えるようです。
ピラミッドの長さと高さの比は黄金比であり、石積技術も最高水準であったといえます。

アブ・シンベルからフィラエまでのヌビア遺跡群/エジプト・アラブ共和国の世界遺産

エジプト・アラブ共和国の世界遺産の中からアブ・シンベルからフィラエまでのヌビア遺跡群についての紹介ですエジプト・アラブ共和国旅行のときにはアブ・シンベルからフィラエまでのヌビア遺跡群へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

アブ・シンベルからフィラエまでのヌビア遺跡群
Nubian Monuments from Abu Simbel to Philae
所在国:エジプト・アラブ共和国
世界遺産登録年:1979年
世界遺産の種類:文化遺産

アブ・シンベルからフィラエまでのヌビア遺跡群とはエジプト・アラブ共和国の南部のナイル川流域にある古代エジプト文明の遺跡で、1979年ユネスコの
世界遺産(文化遺産)に登録されました。1960年代のアスワン・ハイ・ダム建設計画によって水没する危機に瀕した遺跡群のうち移築作業によって保全さ
れた一群の遺跡をアブ・シンベルからフィラエまでのヌビア遺跡群と呼んでいます。この遺跡救済キャンペーンは、開発から歴史的な価値のある遺跡、建築
物、自然などを国を超えた支援を行う組織運営によって守ろうという運動に広がり、世界の文化遺産および自然遺産の保護に関する条約(世界遺産条約)とし
て1972年にユネスコのパリ本部で成立することになりました。すなわち世界遺産条約が成立するるきっかけとなったのがこのアブ・シンベルからフィラエ
までのヌビア遺跡群です。アブ・シンベルからフィラエまでのヌビア遺跡群で最も有名なものとしてアブ・シンベル神殿(ラムセス2世によって建造された神
殿で高さ33m、幅33mで砂岩でできた岩山を掘り進めて造られた岩窟神殿)、フィラエ神殿(中心となるのがエジプトの女神イシスを祀るイシス神殿)、
カラブシャ神殿などがあります。

古代都市テーベとその墓地遺跡/エジプト・アラブ共和国の世界遺産

エジプト・アラブ共和国の世界遺産の中から古代都市テーベとその墓地遺跡についての紹介ですエジプト・アラブ共和国旅行のときには古代都市テーベとその墓地遺跡へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

古代都市テーベとその墓地遺跡
Ancient Thebes with its Necropolis
所在国:エジプト・アラブ共和国
世界遺産登録年:1979年
世界遺産の種類:文化遺産

古代都市テーベとその墓地遺跡はエジプトはナイル川東岸の地中海から南に約800kmに位置する古代エジプトの首都として栄えたテーベにある墓地遺跡
で、1979年にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されました。テーベの現在の名前はルクソールと言い、ツタンカーメンが発掘された王家の谷がある
ことで有名です。古代エジプトの王都はメンフィスに置かれることが多かったのですが、中王国の第11王朝から新王国の第18王朝まではテーベがエジプト
の王都でアメン信仰の総本山であるカルナック神殿を中心として重要な宗教都市としての地位を保ち続けてきました。テーベはナイル川によって東西に分けら
れており、日が昇る方向のナイル川の東岸にはカルナック神殿やルクソール神殿など生を象徴する建物が、日が沈む方向のナイル川西岸には死を象徴する王家
の谷や王妃の谷、メディネト・ハブ(ラムセス3世葬祭殿)、ラムセウム(ラムセス2世葬祭殿)、デイル・エル・メディーナ、貴族の墓(Tombs of
Nobles)、
ハトシェプスト女王葬祭殿、メムノンの巨像などがあります。古代都市テーベとその墓地遺跡は考古学的価値の高い古代エジプト文明の貴重な遺産です。

ワディ・エル‐ヒータン(クジラの谷)/エジプト・アラブ共和国の世界遺産

エジプト・アラブ共和国の世界遺産の中からワディ・エル‐ヒータン(クジラの谷)についての紹介ですエジプト・アラブ共和国旅行のときにはワディ・エル‐ヒータン(クジラの谷)へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ワディ・エル‐ヒータン(クジラの谷)
Wadi Al-Hitan (Whale Valley)
所在国:エジプト・アラブ共和国
世界遺産登録:2005年
世界遺産の種類:自然遺産

ワディ・エル‐ヒータン(クジラの谷)は、エジプト北部でナイル川にほど近い、西部砂漠地帯の位置にある自然遺産です。別名で「クジラ渓谷」とも呼ばれています。ワディ・エル‐ヒータンは、その別名の通りに、進化途上のクジラの化石が多数発掘されていることでよく知られています。それは約4000万年前のこの地に、テチス海とよばれる海が広がっていたためであり、堆積した砂岩・石灰岩・頁岩の地層から、原始的なクジラの化石、海牛類の化石、サメの歯、カメの化石など、海に住む生物の化石が多く発見されています。また地層の調査から、海が隆起した後はマングローブの森が広がる海岸地帯だったと考えられています。ワディ・エル‐ヒータンから発見されたクジラの化石は、始新世のクジラのバシロサウルス、最も大きい原始クジラのバシロザウルス、小型クジラ種のドルドン、などがあります。

カスビのブガンダ王国歴代国王の墓/ウガンダ共和国の世界遺産

ウガンダ共和国の世界遺産の中からカスビのブガンダ王国歴代国王の墓についての紹介ですウガンダ共和国旅行のときにはカスビのブガンダ王国歴代国王の墓へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

カスビのブガンダ王国歴代国王の墓
Tombs of Buganda Kings at Kasubi
所在国:ウガンダ共和国
世界遺産登録年:2001年
世界遺産の種類:文化遺産

カスビのブガンダ王国歴代国王の墓はウガンダ共和国の首都カンパラの北西約3キロメートルのカスビの丘の頂上にある旧宮殿を中心とする約30ヘクタール
にある歴代国王の墓で、2001年ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されました。19世紀半ばにブガンダ王国の王であったムテサ1世が1882年に
カスビの丘に木、レンガ、ヨシ、編んだ木の枝やそれらの表面を塗布したりして造ったかやぶき屋根の宮殿を建造しました。2年後の1884年にムテサ1世
が亡くなったあとは、宮殿がそのまま墓となり、そしてムテサ1世の後を継いだムワンガ2世も20世紀初めに亡くなった後、この同じ墓に埋葬されました。
その後、ダウディ・クワ2世(1896年?1939年)も、その後を継いだブガンダ最後の王でウガンダ初代大統領ムテサ2世(1924年?1969年)
も、死後はやはりこの同じ墓に埋葬され、また、歴代の王たちの縁者も周辺に葬られています。これは初代キントゥ・カト以来、ブガンダ王国では一人の王に
1つの墓が造られていたことからすると異例のことです。現在4人の歴代ブガンダ王国の王たちの墓となっているこの建造物は建築様式や建築技術の集積とい
う物理的な価値以外にも、信念、スピリチュアリティ、継続性、アイデンティティなどの無形の価値を持つものです。

ブウィンディ原生国立公園 /ウガンダ共和国の世界遺産

ウガンダ共和国の世界遺産の中からブウィンディ原生国立公園についての紹介ですウガンダ共和国旅行のときにはブウィンディ原生国立公園へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ブウィンディ原生国立公園
Bwindi Impenetrable National Park
所在地:ウガンダ共和国
世界遺産登録:1994年
世界遺産の種類:自然遺産

ブウィンディ原生国立公園は、ウガンダ共和国にあるブウィンディ原生林の一部です。ウガンダは、英国のチャーチルが「黒い大陸の真珠」「緑の国」と呼んだほど美しい国です。ブウィンディ原生国立公園は、ウガンダの南西部の標高1200〜2600mの山あいにあり、未開の地である森林地帯です。公園内には、100種を超えるシダ類や樹木、絶滅危惧種のマウンテンゴリラをはじめ、カッコウハヤブサ、アカムネハイタカ、ハチクマなどさまざまな生物が見られます。特にゴリラを安全に観察するには、世界でも唯一な場所といえます。熱帯雨林の中をトレッキングするサファリが中心になります。マウンテンゴリラを探しながら、他の動物や鳥類などを観察することができます。トレッキング中には、300種を超える蝶が生息しており、色鮮やかな美しい蝶が水たまりに集まっています。トレッキングといっても、3時間〜5時間近く道の無いところを歩いたり、川を渡ったり、急斜面を登ったりと、かなり体力と装備が必要となります。その分、マウンテンゴリラと出会えた時の感動はとりわけ大きいものだそうです。

ルウェンゾリ山地国立公園/ウガンダの世界遺産

ウガンダの世界遺産の中からルウェンゾリ山地国立公園についての紹介ですウガンダ旅行のときにはルウェンゾリ山地国立公園へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ルウェンゾリ山地国立公園
Rwenzori Mountains National Park
所在国:ウガンダ
世界遺産登録年:1994年
世界遺産の種類:自然遺産

ルウェンゾリ山地国立公園は、コンゴ民主共和国との国境に連なる標高2100mから、アフリカで3番目に高い標高5109mのマルゲリータ山頂までを包含する総面積99600ヘクタールにも及ぶウガンダの国立公園です。ルウェンゾリ山地には、キリマンジャロ、ケニアに続くアフリカ第三の高峰マルゲリータ峰があります。エジプト文明を生んだ「母なる川ナイル」の源流として知られ、「聖なる山」と称えられた山です。ルウェンゾリとは、現地のバコンジョ人の言葉で「雪を戴いた山」を意味しています。その名の通り、アフリカでは3つしかない万年雪を戴く山地です。その3つとは、アフリカ最高峰のキリマンジャロ山と第2位のケニア山、そしてアフリカ第3位ルウェンゾリのマルガリータ山です。このため、ルウェンゾリ山地国立公園は赤道直下にありますが、山頂は万年雪と氷河に覆われ、通年深い霧に包まれています。さらにふもとには熱帯のジャングルが広がっています。標高が上がるにつれて植物相が変化し、高地では珍しいジャイアント・セネシオなど巨大な高山植物が見られます。 標高2500メートル付近のジャングルには、ゾウやゴリラのほか、幻の鳥「ルウェンゾリトラコ」や、鼻の長い「ストレンジノーズカメレオン」といった珍しい動物たちも生息しています。標高3000メートル付近に広がる巨大な苔の森。さらに富士山に匹敵する3400メートルの高さにある大湿原。そこには巨大化した高山植物が、山を登ってきた人間を見下ろすように立ち並んでします。植物が巨大化するのは、昼と夜の極端な寒暖の差に耐えるためだといわれています。標高4700メートルから頂上にかけて広がる赤道直下の氷河。その面積は1500平方メートルに及び、厚さは100メートル近くもあると考えられています。そして氷河の先端で一滴、一滴と流れ落ちる雪解け水。それが「母なる川ナイル」の最初の一滴なのです。ルウェンゾリ山地自体は死火山ですが、ヴィルンガ火山群とつながっているため、コンゴ民主共和国のヴィルンガ国立公園に隣接しています。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。