ヨーロッパの世界遺産カテゴリの記事一覧

スヴェシュタリのトラキア人の墳墓/ブルガリア共和国の世界遺産

ブルガリア共和国の世界遺産の中からスヴェシュタリのトラキア人の墳墓についての紹介ですブルガリア共和国旅行のときにはスヴェシュタリのトラキア人の墳墓へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

スヴェシュタリのトラキア人の墳墓
Thracian tomb of Sveshtari
所在国:ブルガリア共和国
世界遺産登録年:1985年
世界遺産の種類:文化遺産

スヴェシュタリのトラキア人の墳墓はブルガリア共和国の西北部のドナウ川沿いの街であるシリストラの西にあるルーマニアとの国境の町ルセの郊外にあります。1985年にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されたスヴェシュタリのトラキア人の墳墓は、1944年に防空壕を掘っていた兵士たちによって偶然に発見されました。トラキア人は紀元前300年頃には既に王制をしいており、貨幣をつくり農林業を営むという高度な文明・文化を持っていました。このスヴェシュタリのトラキア人の墳墓の中の王族の墓1982年に発見され、直径70m、高さ12mで紀元前300年頃に作られたものだそうです。玄室(王と王妃の間)には生命の衰えと再生を象徴する老若男女の10体の女性像が飾られており、天井に描かれた壁画も保存状態が良くヘレニズム文明の重要な遺産といえるものです。

ピリン国立公園 /ブルガリア共和国の世界遺産

ブルガリア共和国の世界遺産の中からピリン国立公園 自然遺産についての紹介ですブルガリア共和国旅行のときにはピリン国立公園 自然遺産へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ピリン国立公園
Pirin Bational Oark
所在国:ブルガリア共和国
世界遺産登録:1983年
世界遺産の種類:自然遺産

ブルガリアの南西部にあり、ギリシャとマケドニアの国境に接するブルガリア最大の国立公園です。ピリン山脈は両国に接したヨーロッパの氷河期の時代に出来た山脈でありカール〔圏谷〕、U字谷、約70もの氷河湖など変化にとんだ景観を誇っています。山脈には最高峰の山、標高2914mのヴィーヘン山等がありこの山麓は深い針葉樹林に覆われた豊かな森林地帯を形成しています。また生態系も豊かでオウショウモミやエーデルワイスなどの植物、またヒグマ、オオカミ、キツネ、ムナジロテンなどの動物の種類も数多く生息しています。1934年にはブルガリアの自然保護区として指定され、ブルガリアの自然保護に対するテストケースとなり1983年に世界遺産に登録されました。

オランジュのローマ劇場とその周辺及び凱旋門/フランス共和国の世界遺産

フランス共和国の世界遺産の中からオランジュのローマ劇場とその周辺及び凱旋門についての紹介ですフランス共和国旅行のときにはオランジュのローマ劇場とその周辺及び凱旋門へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

オランジュのローマ劇場とその周辺及び凱旋門
Roman Theatre and its Surroundings and the Triumphal Arch of Orange
所在地:フランス共和国
世界遺産登録:1981年
世界遺産の種類:文化遺産

オランジュのローマ劇場とその周辺及び凱旋門は、フランス南部プロヴァンス地方ヴォクリューズ県にあります。オランジュは、古代にはケルト人の居住地でしたが、ローマ帝国に支配され、植民地とされたのが紀元前1世紀のことです。ローマ帝国支配下のもとローマの都市計画を持ち込んでオランジュという町は作られました。当時の遺跡が原型をとどめて残っています。ローマ劇場は、1世紀にローマ初代皇帝アウグストゥスの治世下で建造されたもので、丘の傾斜を削って作られた観客席が舞台に面しているため、音響効果がとても素晴らしく、現在でも夏になるとオペラが催されています。オランジュの凱旋門は、紀元前20年頃に建てられたもので、オランジュの北側のアグリッパ街道にあります。古代ローマ人の功績を称える戦闘や戦利品などが描かれた彫刻がほどこされています。他にも似たような遺跡は各所にありますが、ローマ劇場・凱旋門とも保存状態が良いのが特徴です。

アルル、ローマ遺跡とロマネスク様式建造物群/フランスの世界遺産

フランスの世界遺産の中からアルル、ローマ遺跡とロマネスク様式建造物群についての紹介ですフランス旅行のときにはアルル、ローマ遺跡とロマネスク様式建造物群へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

アルル、ローマ遺跡とロマネスク様式建造物群
Arles, Roman and Romanesque Monuments
所在国:フランス
世界遺産登録:1981年
世界遺産の種類:文化遺産

アルルのローマ遺跡とロマネスク様式建造物群は、フランスは南部のプロヴァンス地方にある文化遺産です。紀元前一世紀にローマ人によってフランスが支配された際の首府となり栄えましたが、その後、中世でも、サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路の始点になったことで宗教都市としても発展したことから、古代ローマと中世という二つの時代の遺跡が混在しています。ローマ時代の遺跡としての見ものとして筆頭に挙げられるのは、円形闘技場と古代劇場です。一世紀末に建設されたという闘技場は2層(当時は3層)で60のアーチが周囲を取り囲み、2万人以上もの観客を収容できたとされています。現在でも、闘牛などに使用されています。古代劇場は、紀元前1世紀ごろに作られましたが、中世には教会建築として石材が切り出されたり、要塞に改築されたりしたこともあって、現在では、大理石の柱が残存しているだけです。ここで発掘されたアルルのヴィーナス像は、ルーブル美術館で観ることが出来ます。他のローマ時代の遺跡としては、地下回廊とフォルム(Cryptoportiques et forum romain)、コンスタンティヌスの公衆浴場(Thermes de Constantin)、ローマの城壁 (Remparts du castrum romain)、大墓地アリスカン(Les Alyscamps)が現存しています。中世の遺跡としての代表である、サン=トロフィーム教会 (L'eglise St-Trophine)はロマネスク様式の美しい彫刻で有名です。そもそもは、アルルの聖トロフィムスの聖遺物を納めるために7世紀に建造されたのですが、12世紀にロマネスク様式に改築されました。

サフランボル市街/トルコ共和国の世界遺産

トルコ共和国の世界遺産の中からサフランボル市街についての紹介ですトルコ共和国旅行のときにはサフランボル市街へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

サフランボル市街
City of Safranbolu
所在国:トルコ共和国
世界遺産登録年:1994年
世界遺産の種類:文化遺産

サフランボル市街は、オスマン帝国の隊商都市として繁栄しました。サフランボルの名前は、香料サフランの集積地として発展した歴史にの由来しています。1994年、世界遺産に登録されたサフランボル旧市街は、乾燥した峡谷に位置しており、市街の約2q東に位置しています。サフランボル旧市街には、私立の博物館が1つ、25のモスク、5つの霊園、8つの歴史的な噴水、5つのトルコ式浴場、3つの隊商宿(キャラバンサライ)、1つの歴史的な時計等、1つの日時計及び数百に上るイスラーム建築によって建設された住居など、17世紀のトルコ風木造家屋が数多く残っています。建物の2階もしくは3階がせり出した独特の様式の民家は、帝国の交易路に点在する多くの町の建設に大きな影響を及ぼしました。ほかの町は、19世紀の鉄道の発達によって様相を変えましたが、サフランボルにはその影響が及ばず、往時の様子をとどめています。 ※トルコ共和国(トルコきょうわこく)、通称トルコ(土耳古)は西アジアのアナトリア半島(小アジア)と東ヨーロッパのバルカン半島東端の東トラキア地方を領有する、アジアとヨーロッパの2つの州にまたがる共和国。首都はアナトリア中央部のアンカラ。最大都市はイスタンブール。北は黒海、南は地中海に面し、西でブルガリア、ギリシアと、東でグルジア、アルメニア、イラン、イラク、シリアと接する。国土の大半の部分はアナトリア半島にあたり、国民の99%がスンナ派イスラム教を信仰するため、日本の地域区分では地理的な位置関係と、欧州即ちキリスト教というステレオタイプから中東、西アジアに含めることがほとんどであるが、サッカー協会やオリンピック委員会などではヨーロッパの統一団体に属す。経済的、政治的にもヨーロッパの一員として扱われることがあり、現在欧州連合(EU)へ加盟申請中である。現在欧州でイスラム教が人口の過半数を占めている国家はトルコとアルバニア、及びボスニア・ヘルツェゴビナのみである。

ヒエラポリス-パムッカレ/トルコ共和国の世界遺産

トルコ共和国の世界遺産の中からヒエラポリス-パムッカレについての紹介ですトルコ共和国旅行のときにはヒエラポリス-パムッカレへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ヒエラポリス-パムッカレ
Hierapolis-Pamukkale
所在国:トルコ共和国
世界遺産登録年:1988年
世界遺産の種類:文化遺産、自然遺産

ヒエラポリス-パムッカレは、トルコ西部にあるユネスコの世界遺産(複合遺産)です。ヒエラポリスは、温泉保養地パムッカレによって有名になったローマの古代都市です。紀元前2世紀の建設以降、周辺一帯の農工業の中心地として栄えました。神殿やローマ劇場などの遺構が、かつての繁栄を伝えています。 ヒエラポリスとは「聖なる都市」という意味です。ヒエラポリス遺跡はパムッカレの石灰棚の一番上にあり、ローマ帝国時代に地震で壊滅状態になりましたが、その後、復興しました。しかし再び1354年の大地震で完全に廃墟と化してしまいました。この町は紀元前190年に建設が始まった殖民都市で、ペルガモン王のエウメネス2世によって建設されました。この時代の殖民都市としてはかなり内陸部に在り、その点から見ても珍しいものです。 この都市はヘレニズム時代からローマ時代、ビザンティン時代を通し、温泉保養地として繁栄していました。都市を囲む城壁の内には劇場、神殿、アゴラ、市場、浴場、住居などの跡が残っています。1887年から始まったドイツの研究チームの本格的な発掘は、現在ではドイツとイタリアの考古学研究チームによって、調査が進められています。パムッカレとは、トルコ語で「綿の宮殿」という意味。地中から豊富なカルシウムと二酸化炭素を含んだ35℃の温泉が湧き出しておりその温泉が地表を流れ落ちるときに石灰質だけが地表に残り、あたり一面、真っ白い石灰棚となりました。純白の棚田は、あたかも雪が積もったような錯覚に陥ります。石灰棚は高いところで5〜6m、湯が溜まっている場所の深さは20〜30cmです。このような景観が約200mの高さに渡って形成されています。石灰棚には、靴を脱いで入ることができます。結構、地面が滑りやすいので注意が必要です。

ハンザ同盟都市リューベック/ドイツ連邦共和国の世界遺産

ドイツ連邦共和国の世界遺産の中からハンザ同盟都市リューベックについての紹介ですドイツ連邦共和国旅行のときにはハンザ同盟都市リューベックへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ハンザ同盟都市リューベック
Hanseatic City of Lubeck
所在国:ドイツ連邦共和国
世界遺産登録年:1987年
世界遺産の種類:文化遺産

ハンザ同盟都市リューベックはドイツ連邦共和国の北部にあり、バルト海から内陸に20キロメートルほど入ったトラーヴェ川の中州にある港湾都市で、12
世紀中頃からバルト海の貿易拠点として建設されたヨーロッパ北部の商業中心都市でもあり、1987年にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されまし
た。13世紀前半には市民たちが力を持つようになり神聖ローマ皇帝により自治権を認められ、13世紀後半には北ドイツの多くの商業都市が結んだハンザ同
盟の中心都市となりました。ハンザ同盟とは自治権を認められたものの、軍事力が弱く近郊の海賊などの侵入を防ぐために同盟を結び相互の安全を確保した政
治的・軍事的・経済的同盟のことです。リューベックの旧市街には外的からの防御のために重厚に造られたホルステン門や、中心部にあるリューベックの象徴
とも言うべき高さ125mの2基の尖塔をもつの聖母マリア聖堂、社会的な弱者のための施設である聖霊病院、ドイツ最古のゴシック建築である市庁舎、財力
を誇示するかのように豪華に建てられたハンザ商人の家々などが今もハンザ同盟都市の繁栄を今に残しています。

ポツダムとベルリンの宮殿群と公園群 /ドイツの世界遺産

ドイツの世界遺産の中からポツダムとベルリンの宮殿群と公園群 ドイツについての紹介ですドイツ旅行のときにはポツダムとベルリンの宮殿群と公園群 ドイツへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ドイツ ポツダムとベルリンの宮殿群と公園群
Palaces and Parks of Potsdam and Berlin
所在国:ドイツ
世界遺産登録:1990年、1992-1999年
世界遺産の種類:文化遺産

ポツダムといえば歴史の教科書で第二次世界大戦の終結のための会談が行われた場所として有名です。この会談の場所は世界遺産に登録されたツェツィーリエンホーフ宮殿です。ポツダムは歴史的に見るとプロイセン公国の拠点として発展した歴史を持っています。このほかにもポツダムは歴史的建造物(主に宮殿と庭園)が多く、18世紀にプロイセン王国のフリードリヒ大王が造営したロココ式の夏の離宮サンスーシ宮殿などがあります。ポツダムから30キロ弱離れているのがベルリンです。ベルリンは南西端部のポツダムに隣接するツェーレンドルフ地区(行政区分ではシュテグリッツ・ツェーレンドルフ区)に世界遺産に登録された物件があります。ベルリンの指定された物件はグリーニケ宮殿と庭園、グリーニケ国民公園、ニコルスケ地区、孔雀島、ベトヒャーベルク山、グリーニケの狩猟用別邸などです。

トリーアのローマ遺跡群、聖ペテロ大聖堂及び聖母マリア教会/ドイツの世界遺産

ドイツの世界遺産の中からトリーアのローマ遺跡群、聖ペテロ大聖堂及び聖母マリア教会についての紹介ですドイツ旅行のときにはトリーアのローマ遺跡群、聖ペテロ大聖堂及び聖母マリア教会へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

トリーアのローマ遺跡群、聖ペテロ大聖堂及び聖母マリア教会
St. Mary’s Cathedral and St. Michael’s Church at Hildesheim
所在国:ドイツ
世界遺産登録:1986年
世界遺産の種類:文化遺産

トリーアのローマ遺跡群、聖ペテロ大聖堂及び聖母マリア教会とは、ルクセンブルグ国境に程近いモーゼル河畔に位置するドイツ最古の街トリーアにある遺跡群で、1986年に文化遺産として世界遺産に登録されました。紀元前1世紀からローマ帝国の一都市として栄えたトーリア。その後1世紀前半には商業の中心地となり、第2のローマと称されたこの街では、当時から存在する貴重な遺跡群を数多く見ることができます。カエサルによるガリア遠征によって、西ヨーロッパの広い地域がローマ帝国に組み込まれたのが紀元前1世紀でした。カエサルの跡を継いだローマ皇帝アウグストゥスがガリア地方支配の拠点として築いたのが、植民都市トリーアです。トリーアは、その後商業も発展し、第二のローマと呼ばれるまでになったのです。コンスタンティヌス帝により、315年頃に建てられた南北2棟からなる聖堂は、北棟は大聖堂、南棟は聖母マリア聖堂となりました。大聖堂は11世紀の聖堂建築の傑作といわれ、聖母マリア聖堂はドイツの初期ゴシック様式建築の代表とされています。

リトミシュル城/チェコ共和国の世界遺産

チェコ共和国の世界遺産の中からリトミシュル城についての紹介ですチェコ共和国旅行のときにはリトミシュル城へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

リトミシュル城
Litomysl Castle
所在国:チェコ共和国
世界遺産登録:1999年
世界遺産の種類:文化遺産

リトミシュル城は、チェコの町リトミシュルにある文化遺産で、お城のそばに作曲家スメタナの生家があることでも知られています。16世紀後半、もともとあった中世の城をペルンシュテイン家が、イタリアのアーケード構造をチェコの環境に順応させて改築したものです。リトミシュル城は、中世ルネッサンス期に建てられましたが、新たな様式で改築された貴族の城館の代表と言われています。城壁はスグラフィット技法が施され、一見すると石を積み重ねたようですが、浮き彫りの絵となっています。リトミシュル城の見どころは、城の彫像、中庭とそれを囲む回廊、城に付属する劇場、などですが、現在でも城の保存状態がよく、付属の設備も完備されています。そしてEU会議にも利用され、スメタナにちなんで「オペラ・フェスティバル」や音楽祭も毎年開催されています。中世の街並みそのままのリトミシュルと共に、楽しめる音楽祭です。

ホラショヴィツェの歴史地区/チェコの世界遺産

チェコの世界遺産の中からホラショヴィツェの歴史地区についての紹介ですチェコ旅行のときにはホラショヴィツェの歴史地区へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ホラショヴィツェの歴史地区
Historic Centre of Prague
所在国:チェコ
世界遺産登録: 1998 年
世界遺産の種類:文化遺産

プラハの南約230kmに位置します。19世紀前半に、南ボヘミア風のバロック様式で建てられた、パステルカラーのレンガ作りの家々が並びます。200mほどで終わってしまうような小さな村です。「バロックの村」とも呼ばれ、宮殿や貴族の間のバロック様式とは違う、素朴でかわいらしい村は、文化と民俗をかたくなに守り、昔の農村を完璧な形で残しています。世界遺産に登録された後も人々が変わらず生活を続ける生きた「おとぎの国」ともいえるのがホラショヴィツェの歴史地区です。古き良き田舎の田園風景をそのままに残している。家々の壁は、ピンクや水色の淡いパステル調で通りに面したファザードの形は様々です。ほとんどが平屋で、屋根裏部屋もあります。

オビエド歴史地区とアストゥリアス王国の建造物群/スペイン王国の世界遺産

スペイン王国の世界遺産の中からオビエド歴史地区とアストゥリアス王国の建造物群についての紹介ですスペイン王国旅行のときにはオビエド歴史地区とアストゥリアス王国の建造物群へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

オビエド歴史地区とアストゥリアス王国の建造物群
Monuments of Oviedo and the Kingdom of the Asturias
所在国:スペイン王国
世界遺産登録:1985年、1998年
世界遺産の種類:文化遺産

オビエド歴史地区とアストゥリアス王国の建造物群は、スペイン北部に位置するアストゥリアス州(Asturias)の文化遺産で、オビエド(Oviedo)は州都になります。アストゥリアスは8世紀始めに、イスラム教徒によって征服されましたが、8世紀末ごろ再びキリスト教徒に奪回されました。9世紀には、このイベリア半島のアストゥリアス王国で、キリスト教が続いており、プレ・ロマネスク様式の構造上とスタイルを持つ大聖堂や教会が多く建てられました。この遺産は、サンタ・マリア・デル・ナランコ教会(Santa Maria del Naranco)、サン・ミゲル・デ・リリョ教会(San Miguel de Lillo)、サンタ・クリスティナ・デ・レナ教会(Santa Cristina de Lena)、カマラ・サンタ・デ・オビエド(Camara Santa de Oviedo)、サン・フリアン・デ・ロス・プラドス教会(San Julian de los Prados)、などの歴史地区のまわりで見ることができます。また、フォンカラダの泉では、驚くべき現代的な技術を見ることができます。オビエドとアストゥリアス王国の建造物は、多くの観光客が訪れる文化遺産です。

サンティアゴ・デ・コンポステーラ(旧市街) /スペインの世界遺産

スペインの世界遺産の中からサンティアゴ・デ・コンポステーラ(旧市街) スペインについての紹介ですスペイン旅行のときにはサンティアゴ・デ・コンポステーラ(旧市街) スペインへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

サンティアゴ・デ・コンポステーラ(旧市街)
Santiago de Compostela (Old town)
所在国:スペイン
世界遺産登録:1985年
世界遺産の種類:文化遺産

サンティアゴ・デ・コンポステーラとは、スペイン北西部ガリシア自治州の首都で、聖ヤコブの遺骸が祭られているために、古くからローマ・エルサレムと並び、カトリックで最も人気のある聖地として巡礼者が絶えません。巡礼の街道では巡礼者は、巡礼者たる証明に帆立貝の殻を荷物にぶら下げるという決まりがあります。途中、教会などが宿泊を提供してくれます。最後のコースは、地面に古切れなどを敷き、その上を膝だけで歩いていく熱心な信者も多くいます。この街にたどり着いた巡礼者たちが向かうのは、最終の目的地でもある「大聖堂」です。「大聖堂」は、1071年から1152年にかけて建造されました。フランスの巡礼路教会堂から多大な影響を受けたスペイン最高のロマネスク様式の教会です。数度の増改築の結果、現在の姿は、動感溢れるバロック装飾に覆われていますが、「栄光の門」などにロマネスクの特徴が色濃く残っています。巡礼者を迎える「栄光の門」は、正面入り口から大聖堂の中に入ってすぐ目に付く玄関廊にあり、12世紀に20年かけて製作されたヨーロッパ・ロマネスク芸術の最高傑作と言われています。キリストが神の子として栄光を授けられる場面が描かれ、周囲に聖書に登場する十二使徒や天使など200体もの像が飾られています。

セゴビア旧市街とローマ水道橋/スペインの世界遺産

スペインの世界遺産の中からセゴビア旧市街とローマ水道橋についての紹介ですスペイン旅行のときにはセゴビア旧市街とローマ水道橋へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

セゴビア旧市街とローマ水道橋
Old Town of Segovia and its Aqueduct
所在国:スペイン
世界遺産登録:1985年
世界遺産の種類:文化遺産

セゴビア旧市街とローマ水道橋は、スペイン北部のカスティーリャ・レオン州セゴビア県にあります。首都マドリードの北西60キロ先で、鉄道で2時間ほどと、それほど離れていないことから、マドリッドからの日帰り観光地として人気が高いです。グアダラマ山脈のふもとにあり、三方を川に囲まれた険しい丘という地理条件から、ローマ時代には城塞都市としての役割を果たしました。高い丘の上まで水を供給する目的で紀元1世紀のローマ時代にトラヤヌス帝によって建造されたのが、セゴビアの水道橋です。全長728メートル、高さ29メートル、100を越す二層アーチは、花崗岩を積み重ねてできており、今現在も、橋の下を車が普通に通っているほどの堅牢さを誇ります。ローマの土木技術の高さがうかがえます。また、中世には、カスティリア王国の主要都市として発展しました。そのなごりをありありとのこしているのが、アルカサル(セゴビア城)です。歴代国王の居城でした。ディズニー映画「白雪姫」のモデルになったともいわれています。見どころとして、16世紀に建設されたスペイン・ゴシック様式のセゴビア大聖堂も外せません。

カールスクローナの軍港/スウェーデン王国の世界遺産

スウェーデン王国の世界遺産の中からカールスクローナの軍港についての紹介ですスウェーデン王国旅行のときにはカールスクローナの軍港へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

カールスクローナの軍港
Naval Port of Karlskrona
所在国:スウェーデン王国
世界遺産登録:1998年
世界遺産の種類:文化遺産

カールスローナの軍港は、スウェーデン王国のカルル11世により1680年に造られたスウェーデンの最も重要な海軍基地のひとつです。スウェーデン南部ブレーキンゲ県の県都であるカールスローナは、スウェーデン南部特有のバルト地方の温暖な気候のもと、美しい自然の景色が広がる港町ですが、バルト海の戦略的な位置にあるため、スウェーデン海軍の軍事拠点として戦略的に軍港が建造されました。北ヨーロッパに位置するスウェーデンは北極圏になるため、冬は海が凍り、港として機能しないところが一般的な中、温暖な気候の要因である暖流の影響により、海が凍らないところも地理気候条件的に最適とされていました。カールスクーナの軍港は、保存状態がよく、ヨーロッパで計画的に建造された類似の海軍基地をもつ町のいいモデルとなりました。その保存状態の良さは、生き残った軍事基地のなかで最高で、完全なカタチで保護されています。ほかにも北欧にはノルウェーのナルビクやハンメルフェスト、ロシアのムルマンスクという不凍港があります。

ラポニアン・エリア/スウェーデン王国の世界遺産

スウェーデン王国の世界遺産の中からラポニアン・エリアについての紹介ですスウェーデン王国旅行のときにはラポニアン・エリアへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ラポニアン・エリア
Laponian Area
所在国:スウェーデン王国
世界遺産登録:1996年
世界遺産の種類:複合遺産

ラポニアン・エリアはスウェーデン王国の北部にあり、ラポニアンとはラップ人をさす言葉です。またラップランドという地域名もありますが、こちらはスウェーデン王国内だけでなく、スウェーデン・ノルウェー・フィンランドにまたがる地域をさしています。極北の地なので、南部の森林密集地域を除いては植物もまばらです。トナカイ・熊・狼の動物や、鳥は陸鳥だけでなく海鳥も活動しています。また、この地域には海にも川にも多くの漁場があります。いくつかの湖では汽船が利用され、またいくつかの港は不凍港です。この地域に住むのはサーミ人(ラップ人)で、フィノ・ウゴル語派(ウラル語族系)のサーミ語を話しています。サーミ人の3分の1は移動生活を営んでいて、夏は海岸部に住み、冬は内陸部に移動しています。他のサーミ人は海岸とフィヨルドにちりぢりに定住しており、多くは湖の側や谷の奥で村を構成して生活しています。サーミ人の多くはノルウェーに住んでおり、そこで彼らは「サーメ」(Samer)と呼ばれています。サーミ人の主な職業はトナカイを飼う事です(これによって食料も衣料も調達できるからである)が、他方で狩りや釣りをしている人もいます。サーミ人は9世紀にはノルマン人に、11世紀にはロシア人に征服され、13世紀から17世紀の間はスウェーデンに支配されていました。ラポニアン・エリアに行く旅行者のほとんどはトレッキングなどを楽しむために夏の間に訪れています。また、イェリヴァーレ、ヨックモック(お菓子のヨックモックの語源)、アリエプローグなどのラップランドの都市も、ラポニアン・エリアに含まれています。

ルーレオーのガンメルスタードの教会街/スウェーデンの世界遺産

スウェーデンの世界遺産の中からルーレオーのガンメルスタードの教会街についての紹介ですスウェーデン旅行のときにはルーレオーのガンメルスタードの教会街へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ルーレオーのガンメルスタードの教会街
Church Village of Gammelstad, Lulea
所在国:スウェーデン
世界遺産登録:1996年
世界遺産の種類:文化遺産

ルーレオーのガンメルスタードの教会街は、スウェーデン北部、フィンランド国境と間近な都市であるルーレオ内のガンメルスタード村にあります。ガンメルスタードの歴史は15世紀初頭に、スウェーデン貴族が建てた教会を中心に、ルーレオ川の西側に信者たちがコテージを建てて住み始めたり、遠方から来た信者の為に簡易宿泊所を作ったことに由来します。17世紀には、ルーレ川の東側に新しく住宅街が建設され始めましたが、西側に住んでいた人たちは、そのまま住み続けました。このことが結果として、ルーレオ川西側に、中世の面影そのままの、平屋建ての木造家屋が現在まで残存することになったのです。また、ガンメルスタードのルーツといえる、カトリックの教会は、スウェーデン北部の中世聖堂としては、もっとも大きい建築物であり、北部地方最古の教会でもあります。

ロードス島の中世都市/ギリシャの世界遺産

ギリシャの世界遺産の中からロードス島の中世都市についての紹介ですギリシャ旅行のときにはロードス島の中世都市へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ロードス島の中世都市
Medieval City of Rhodes
所在国:ギリシャ
世界遺産登録:1988年
世界遺産の種類:文化遺産

ロードス島は、エーゲ海南東部に位置するドデカニサ諸島の中でもっとも大きい島です。ロードスという名前はギリシャ語で「バラ」の意味です。ロードス島には、新石器時代から人が住んでいたとされており、紀元前2世紀ごろには、エジプトのプトレマイオス朝との交易の拠点として、エーゲ海における通商の覇者として栄えました。その後ローマに征服されてからは、一旦衰退しましたが、14〜16世紀に、十字軍の聖ヨハネ騎士団が、エルサレムの守護に破れてロードス島を拠点にしてから、再興しました。イスラム勢力のトルコ軍に対抗できるよう、全長4キロにもおよぶ、壕を巡らした強固な城塞を築き上げました。城壁の内側には、ゴシック様式の騎士団の宮殿や館が建てられました。現在でも、旧市街の石畳や騎士団通りなどに、当時の面影がうかがえます。また、ロードス島は、これ以外にも、世界7不思議の一つである、ロードス島の巨像(Colossus of Rhodes)があったことでも知られています。

リートフェルト設計のシュレーテル邸/オランダの世界遺産

オランダの世界遺産の中からリートフェルト設計のシュレーテル邸についての紹介ですオランダ旅行のときにはリートフェルト設計のシュレーテル邸へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

リートフェルト設計のシュレーテル邸
Rietveld Schroderhuis
所在国:オランダ
世界遺産登録:2000年
世界遺産の種類:文化遺産

ユトレヒトにあるモダン・デザインの傑作。
建築家ヘリット・トーマス・リートフェルトが1924年に建てた。
基調となる赤、青、黄の3色に、白、グレー、黒を織り交ぜた配色を用いる「デ・スタイル派」を代表する。
ユトレヒトにあるリートフェルト設計のシュレーテル邸は世界遺産です。
一環「なんだ、よくあるモダンな建築じゃないか」と思うでしょうが、この建築が1920年代のものなのです。
1920年代といったらアールデコで装飾的でアンティークなイメージの時代です。
その最中に先進を行き過ぎたデザインを遂行したのもだから、想像を超えるハイセンスな建造物となる事は、ご理解できると思います。この家の周囲はレンガ作りの古い町並みで、現在でさえかなりういている。

ヴィチェンツァ市街とヴェネト地方のパッラーディオ様式の邸宅群/イタリア共和国の世界遺産

イタリア共和国の世界遺産の中からヴィチェンツァ市街とヴェネト地方のパッラーディオ様式の邸宅群についての紹介ですイタリア共和国旅行のときにはヴィチェンツァ市街とヴェネト地方のパッラーディオ様式の邸宅群へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ヴィチェンツァ市街とヴェネト地方のパッラーディオ様式の邸宅群
City ofVicenza and the Palladian Villas of the Veneto
所在国: イタリア共和国
世界遺産登録: 1994 1996年
世界遺産の種類:文化遺産

ヴィチェンツァ市街とヴェネト地方のパッラーディオ様式の邸宅群 (City of Vicenza and the Palladian Villas of the Veneto)は、紀元前2世紀から紀元前1世紀のローマの都市、ウィケティアが起源となっていて、他の北イタリアの都市と同じように、13世紀にはコムーネを組織し、近隣の都市国家と闘争を繰り広げたが、15世紀にヴェネツィア共和国の統治下におかれたことで、平和と経済的繁栄がもたらされ、卓越した芸術活動を生み出すことになった。その代表的建築家パッラーディオは公共建築や宗教建築の設計も行ったが、終始一貫して取り組んだ建築がヴィッラで、作品の数も多くその影響は20世紀に至るまで影響をあたえつづけたのでした。1994年、ヴェネト地方に点在するパッラーディオ設計のヴィッラが世界遺産として登録されたのです。イタリアの都市ヴィチェンツァとヴェネト州一帯にあるユネスコの世界遺産登録は1994年。1996年には拡張され、建築物が追加されました。15世紀に活躍した建築家アンドレーア・パッラーディオの設計したパラッツォおよびヴィッラがおもな対象となっています。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。