マテーラの洞窟住居/イタリア共和国の世界遺産

イタリア共和国の世界遺産の中からマテーラの洞窟住居についての紹介ですイタリア共和国旅行のときにはマテーラの洞窟住居へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

マテーラの洞窟住居
I Sassi di MateraI Sassi di Matera
所在国:イタリア共和国
世界遺産登録年:1993年
世界遺産の種類:文化遺産

マテーラの洞窟住居はイタリア共和国の南、バジリカータ州マテーラ県の県都であり、イタリア半島の「かかとの部分」にあたる都市マテーラにある洞窟住居で、1993年にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されました。岩壁を意味するイタリア語の複数形であるサッシ(単数形はサッソ)と呼ばれている洞窟住居は、グラヴィナ渓谷の石灰岩を侵食により造られ、渓谷にはこのサッシが何層にも重なって存在しており、旧市街地区は丘になっているチヴィタ地区とサッソ・カヴェオーゾとサッソ・バリサーノという地区に分れています。マテーラの洞窟住居の始まりは、8世紀から13世紀頃にイスラム勢力の迫害から逃れてきた修道僧が初めに住み着き130以上もの洞窟の聖堂を掘り、ビザンツ様式のフレスコ画で内部の壁面を飾ったことでした。その後、聖堂の周りに近隣の住民達が移り住み、箱形の洞窟住居が建て増しされ、独特の景観を持つ町へと発展しました。、全体では4000を越える洞窟住居があり彫刻作品のようなセピア色の街並みが美しい風景をつくりだしています。長年に渡ってサッシは南イタリアの貧しい小作農家の住居となっていたため、イタリアで最も貧しい街と呼ばれるようになりました。その評判を気にしたためかイタリア政府が第二次世界大戦後の1952年に強制的に移住をさせ、文化遺産として保護するようになり現在では一部を修復してサッシに暮らしたり、ホテルなどとして活用されるようになっています。

シエナ歴史地区/イタリアの世界遺産

イタリアの世界遺産の中からシエナ歴史地区についての紹介ですイタリア旅行のときにはシエナ歴史地区へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

シエナ歴史地区
Historic Centre of Siena
所在国:イタリア
世界遺産登録年:1995年
世界遺産の種類:文化遺産

シエナ歴史地区 は、イタリア中部トスカーナ地方にあり、中世、ヨーロッパの金融業の中心地として栄え、隣国フィレンツェと勢力を二分する豊かな財力を持った都市国家として独立していました。町の中心には「世界一美しい広場」といわれるカンポ広場があり、ロマネスク・ゴシック様式の大聖堂、プッブリコ宮殿など12世紀から16世紀にかけて築かれたゴシック様式の美しい建造物が、華やかだった中世の姿を今に残しています。また、カンポ広場に面した建物には装飾が義務づけられました。これは、都市計画関連の法令では最古のものです。大聖堂の中にはシエナ派の代表的な画家トゥッチオの「荘厳の聖母」といわれる名画が飾られていることでも知られています。14世紀半ばに流行したペストにより町の繁栄は潰えましたが、それ故に乱開発を免れた町にはルネサンス芸術誕生の前夜ともいうべき貴重な建築や絵画が残ってたのです。シエナは17のコントラーダと呼ばれるシエナ特有の地域共同体と中世からの伝統を持つ地区に分けられます。住民達は強い絆で結ばれており、お互いに熱い対抗意識をもっています。地区には、それぞれのシンボルが描かれた旗が掲げられています。シンボルは貝殻、雌狼、毛虫とユニークなものです。その旗の下、赤ん坊にコントラーダの一員となるための洗礼が施されます。住人達がその絆を深めるのが、カンポ広場で行われるパリオという地区対抗の競馬です。最高の名誉である優勝旗の獲得を目指して、レースに熱狂する様子には、シエナの人々のコントラーダへの熱い思いが感じられます。

ウェストミンスター宮殿、ウェストミンスター大寺院及び聖マーガレット教会/イギリスの世界遺産

イギリスの世界遺産の中からウェストミンスター宮殿、ウェストミンスター大寺院及び聖マーガレット教会についての紹介ですイギリス旅行のときにはウェストミンスター宮殿、ウェストミンスター大寺院及び聖マーガレット教会へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ウェストミンスター宮殿、ウェストミンスター大寺院及び聖マーガレット教会
Westminster Palace, Westminster Abbey and Saint Margaret's Church
所在国:イギリス
世界遺産登録:1987年
世界遺産の種類:文化遺産

ウェストミンスターパレス、ウェストミンスター大寺院及び聖マーガレット教会は、イギリス王室の絶対主義から、世界の工場となった大英帝国まで、イギリスの歴史の象徴ともいえる文化遺産です。イギリスはロンドンのウェストミンスター周辺に位置しています。ウェストミンスター宮殿は、ゴシックリヴァイバル様式の代表的建築物として知られています。またロンドンのランドマークともいえる時計塔ビッグベンと国会議事堂も有名です。ウェストミンスター大寺院は、1066年にウィリアム一世が戴冠式を行って以来、王室の主要行事が行われる格式高い場所です。エリザベス一世、ダイアナ元王妃など王室関係をはじめとして、ニュートンなど多くの著名人の墓所があることでも有名です。特に夜景のライトアップがきれいで、ロンドンアイといった観覧車から観光するのもおすすめです。聖マーガレット教会は、ウェストミンスター寺院のすぐ北側に位置していて、イギリス絶対主義が確かなものとなったチューダー朝に関係する人物の記念碑が多く保存されています。また、チャーチル元首相や詩人のジョン・ミルトンなど著名人が結婚式を挙げたことでも知られています。

ブレナム宮殿/イギリスの世界遺産

イギリスの世界遺産の中からブレナム宮殿についての紹介ですイギリス旅行のときにはブレナム宮殿へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

ブレナム宮殿
Blenheim Palace
所在国:イギリス
世界遺産登録:1987年
世界遺産の種類:文化遺産

ブレナム宮殿は、イギリスのバロック建築を代表する宮殿です。
マールバラ公ジョン・チャーチルが、スペイン継承戦争中のブランハイム(ブレナム)の戦いで立てた戦功によって当時のアン女王から贈られた大邸宅です。
イギリスのバロック建築の代表とされるこの建物は200余りの部屋を持ち、室内は大理石やしっくいの装飾にタペストリーやフレスコ画などで華麗に装飾されています。
ブレナム宮殿は、建築家ジョン・ヴァンブルーの設計により作られました。
宮殿の周りには、美しい「ケイパビリティ」・ブラウン庭園、湖、噴水、幾何学式庭園が、2,000エーカー(約8平方キロメートル)以上も広がっています。
最近修復されたばかりの「秘密の庭園」、イタリア庭園、ウォーター・テラス、バラ園、滝などもあります。
この大規模な宮殿は、アン女王が1704年にルイ14世のフランス軍を下した将軍で、初代マールバラ公爵ジョン・チャーチルに恩賞として与えたものです。
いわば、宮殿の名を借りた私邸です。
本館の四隅に中世の城館を思わせる塔がそびえ立っているのは、国家の勝利をたたえる記念碑的性格も持ち合わせているためです。
本館と東西の翼棟をあわせ部屋は200余りを数え、大理石や漆喰装飾が施された室内には、タペストリーや肖像画、フレスコ画で埋め尽くされています。
広大なイギリス式庭園には、ニレの並木通りや運河、二つの人口湖があり、イギリスにおけるロマン主義のさきがけとして、以後の造園に与えた影響も大きいものです。
現在もマールバラ公爵家が所有する宮殿は、20世紀のイギリス主相ウィンストン・チャーチルの生家でもあります。
ブレナム宮殿は、1987年に世界遺産に登録されている文化遺産です。
宮殿はウッドストックというコッツウォルズ地方の可愛い町にあり、オックスフォードから8マイル(約13キロメートル)しか離れていません。
シェイクスピアの町、ストラットフォード・アポン・エイボンにも近く、ロンドンからもバーミンガムからも簡単に行くことができます。

セント・キルダ/イギリスの世界遺産

イギリスの世界遺産の中からセント・キルダについての紹介ですイギリス旅行のときにはセント・キルダへ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

セント・キルダ
St. Kilda
所在地:イギリス
世界遺産登録:1986、2004-2005年
世界遺産の種類:複合遺産

セントキルダ島は,スコットランドの北方で大西洋にあるヒルタ島,ボーレ島,ソーア島,ダン島の4つの島と2つの岩礁から構成されています。ヒルタ島の面積が最大で、他の3島は、それぞれ4分の1程度の広さです。北大西洋最大の海鳥の繁殖地で,世界最大のシロカツオドリの生息地です。オオハシウミガラス,ウミガラスなどの珍しい鳥が生息する鳥の楽園といえます。鳥の楽園のように人間の楽園を作りたいとの想いが、キルダの由来です。ヒルタ島では、数千年前の巨石遺跡も発見されています。このことより、古代よりこの島に人が住んでいたと推測されています。バイキングもこの島に住んでいた跡があります。スコットランドで統治されていましたが、病気が流行り立ち退いたため、現在は,無人島となっています。ヒルタ島は、上陸可能ですが、ボーレ島,ソーア島,ダン島は不可能です。断崖絶壁など過酷な自然のため、世界の涯てにふさわしい場所ともいえます。

城塞都市バクー、シルヴァンシャー宮殿、及び乙女の塔/アゼルバイジャン共和国の世界遺産

アゼルバイジャン共和国の世界遺産の中から城塞都市バクー、シルヴァンシャー宮殿、及び乙女の塔についての紹介ですアゼルバイジャン共和国旅行のときには城塞都市バクー、シルヴァンシャー宮殿、及び乙女の塔へ是非行ってみたいものです。近くに格安の海外高級ホテルがあればいいのですが、そんな時は、海外セレブ御用達の近畿日本ツーリストメイトで、海外ホテル予約は簡単ですリッツカールトンやブルガリホテル、海外でレンタカー借りるのも便利です。海外旅行でのアメリカンエクスプレスカードクレジットカードや、海外ホテル予約の後もサービスデスクも親切丁寧。まだまだ沢山ある世界遺産の海外旅行、海外セレブへの夢は膨らんでいます。

城塞都市バクー、シルヴァンシャー宮殿、及び乙女の塔
Walled City of Baku with the Shirvanshah's Palace and Maiden Tower
所在国:アゼルバイジャン共和国
世界遺産登録:2000年
世界遺産の種類:文化遺産

城塞都市バクー、シルヴァンシャー宮殿、及び乙女の塔は、アゼルバイジャン共和国のカスピ海南西に面するアブセロン半島にある油田都市バクーの旧市街を指定した文化遺産です。ペルシア語で『風の吹く町』という意味を持つバクーは、城壁が海岸ギリギリに築かれており、その城壁内はアゼルバイジャン語で『内城』を意味する『イチェリ・シェヘル』と呼ばれています。城塞都市バクーは、5世紀頃からあったとされ、シルヴァン王朝の首都として栄えたが、1538年にサファヴィー朝の支配を受け、1585年にはオスマン帝国に征服されてしまいました。城塞都市バクーの街中には見張りの塔として使われた奇妙な楕円形をした乙女の塔や歴史的中央広場を中心に、ゾロアスター教、ペルシア、アラビア、オスマン帝国、ロシアなどの影響を受けた歴史的建造物が多く残されており、2000年には文化遺産として世界遺産登録されていますが、保護政策の欠如による都市開発の進行や、2001年11月の大地震の影響もあり、2003年から危機遺産として登録されています。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。