sinnki

奥山文弥の釣遊録
この夏の終わりに北海道へ行って来た。世界自然遺産に認定された知床半島の川でカラフトマスを釣るためだ。カラフトマスは英語でピンクサーモンといい、マスとサケの境界に位置づけられる魚だ。サケとマスの違いは、イルカとクジラの違いの差と同じ。生物としては同じ仲間なのだが、大きいか、小さいかの違いで呼び方が変わるだけなのである。

 北海道では大型のシロザケも釣れるが、ちょっと小型のカラフトマスのほうが、ルアーフライファンには人気が高いような気がする。

 観光シーズン真っ盛りだったので中標津行き航空機の予約が取れず、釧路から北上することになった。羅臼の町に入ってみると、いつもの景色がそこにあった。世界遺産になったからといって、旅行者の私には、特に変わったものは感じなかった。小川の流れ込むポイントにつくと、そこには目を見張る光景があった。海草がびっしり生えているかのような塊がある。それは全部、カラフトマスの背ビレであった。婚姻色が出て茶黒っぽくなった魚ばかりだ。

 さあ大変。サーモンウオッチングするだけならうれしいのだが、この大群の中を釣るとすぐにファールフック(スレ掛り)してしまう。ファール、つまり正しくない位置に引っ掛かったら釣った気分がしないのだ。案の定、最初のヒットはファールだった。カラフトマスのオスは特にセッパリと呼ばれ、背中が大きく盛り上がるので、そこにハリが引っ掛かりやすい。シングルフックのフライフィッシングでもファールフックが多発する。3〜4匹ファールフックの魚を引き寄せると疲れてしまう。それを避けるために、群れのいない位置にフライやルアーを投げ込んだ。当たりの回数は激減したが、それらしき当たりを合わせると、いい引きが伝わってきて、ちゃんと口に掛かってきていた。ちゃんと、と言うのもおかしな話だが、それほど魚が多かったのである。その夜は満天の星空を眺めながら仲間たちとバーベキューを楽しみ、今年もここへ来られたことに感謝した。
スポニチ・フィッシングニュースさんより、

中国で一番人気のスポットは?

世界遺産:黄龍の自然環境は守られるか
中国情報局ニュース - China

いま中国で最も人気の高い観光地となっている四川省の
九賽溝と黄龍を訪れた。1992年に世界自然遺産に登
録されてから世界の注目を浴びるようになったが、なに
せ四川省の省都である成都からバスで約10時間もかか
るとあって、当初は観光客もそれほど多くはなかった。


JTBワールドバケーションズ、チャーター便利用の
ルックJTB「ANA『FLY!パンダ』で行く中国」を発売

マイライフ手帳@ニュース (プレスリリース)
また、今、中国で最も人気のあるスポットの一つ世界自
然遺産「九寨溝」を訪問する商品では、晩秋から初冬に
移りゆく自然美を楽しむことが可能。ほかにも、昨今話
題となっている中国の鉄道で、山と峡谷が続く険しい地
域を走る成都〜昆明間の「成昆鉄道」利用商品など、多

龍門石窟・世界遺産から日中友好の歌声

世界遺産・龍門石窟で「響け!日中友好の歌声」

河南省洛陽市で開かれている「2007日中友好合唱文化フェスティバル」で、4日午前には世界遺産に登録されている同市の龍門石窟でコンサートが行われた。
1500年の歴史を持つ歴史の宝庫の前で、両国の合唱団計約1000名による日中友好の歌声が響きわたった。

この合唱文化祭は日中国交正常化35周年を記念する「2007日中文化スポーツ交流年」の一環として開催された。
河南省人民対外友好協会と、日本・日中メディア文化交流会などの共催による「2007中日友好合唱文化フェスティバル」が2日、河南省鄭州市で開催された。
同フェスティバルは、2007中日文化スポーツ交流年のイベントの1つ。写真は埼玉県戸田市の60歳以上のメンバーからなる宝珠コーラスのステージ
中国情報局より

東北・北海道で縄文遺跡を文化遺産に

縄文遺跡を文化遺産へ、
青森県議会文教公安常任委員会(田名部定男委員長)は4日、一戸町岩舘の国指定史跡・御所野遺跡を視察した。岩手、青森、北海道、秋田の4道県の縄文遺跡群で目指す国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産登録の推進に向けた取り組みの一環。 田名部委員長ら委員7人が現地を訪れ、復元された土屋根の竪穴住居や御所野縄文博物館などを視察。稲葉暉町長や高田和徳・御所野縄文博物館長らの説明を受けた。 田名部委員長は「三内丸山遺跡よりも規模が大きく驚いた。自然を残すことに気を配っている印象を受けた。4道県での世界文化遺産登録の早期実現に向け、努力していきたい」と意欲を語った。 稲葉町長は「健康的かつ持続可能な生活だった縄文時代は、現代に求められる精神文化にもつながる。4道県の縄文遺跡群のそれぞれの個性をアピールしていきたい」と期待を込めた。 4道県でつくる縄文遺跡群世界文化遺産登録推進会議は4月に青森市で初会合を開き、世界遺産暫定リスト登載に向け、12月に文化庁への提案書提出を目指すことを確認している。
デーリー東北,河北新報より

阿蘇山 が世界遺産暫定リストに追加か

阿蘇山、世界遺産暫定リストに追加か
 国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)の世界遺産暫定リストについて、山口県と山口市は国宝・瑠璃光寺(るりこうじ)五重塔など同市内に残る「大内文化」、熊本県などは世界最大級のカルデラを誇る「阿蘇」をそれぞれリストに追加するよう、27日、文化庁に提案した。同庁は28日で提案を締め切り、記載候補として審査する。

 提案書では、15〜16世紀に山口を本拠とした大内氏を「室町幕府の傘下ながら、百済国王族の末裔(まつえい)と主張。日本の国家秩序と、東アジア海域の国際秩序の両方に属する特異な存在」と位置付けた。このため、京都的でありながら国際性豊かな独自の大内文化が栄えたとし、市内31か所の文化財を包括して提案した。

 阿蘇は外輪山と阿蘇五岳を含む中央火口丘群からなる。最高峰は高岳(1592メートル)で、火山活動をしているのは中岳(1506メートル)第1火口のみ。熊本県は2003年にも、阿蘇地域が世界自然遺産登録の候補地に選定されるよう求める要望書を環境省と林野庁に提出している。

 今回の提案受け付けは4月に始まり、ほかに8件の応募があった。

               YOMIURI ONLINE より

世界遺産アカデミー、10月1日に検定申込み受付を開始

世界遺産アカデミー、10月1日に検定申込み受付を開始
−TS資格の一つに
[掲載日:2007/09/27]
 NPO法人世界遺産アカデミーは10月1日から、12月16日に実施する世界遺産学検定(世界遺産検定)の申込み受付を開始する。期間は11月16日まで。検定に先立ち、11月中旬まで、全国10会場で「世界遺産検定ガイダンス」も実施する。申し込み方法は世界遺産アカデミーのホームページへ。

 世界遺産検定は先ごろ、トラベルカウンセラー制度のテーマ・スペシャリスト(TS)の追認試験として決定。同検定の中級「ゴールド」以上の資格保持者で一定要件を満たした人を認定する。これに伴い、世界遺産アカデミーは「JATA世界旅行博2007」開催期間中に説明会とガイダンスを開催。この中で研究員の深谷友美子氏は「自然や文化の理解を深めるために観光は有効だが、それらを保全する上では観光的圧力も問題になっている」と述べ、世界遺産の正しい知識を理解し、業務に活かしてもらうことをスペシャリストに期待すると強調した。

 今年6月の検定受験者は2945名で、一般消費者の受講が多いという。2科目のみ先行実施した中級科目のゴールド認定は9名で、ゴールド2科目を合格したプラチナ認定は5名。事務局によると、ゴールド認定者のうち2名ほど業界従事者がいたようだという。

▽世界遺産アカデミー
http://www.wha.or.jp/authorization/authorization01.html

▽トラベルカウンセラー制度推進協議会「世界遺産スペシャリスト」について
http://www.traco.jp/contents/ts/ts_worldheritage.htm
トラベルビジョン・ニュースより

白鵬、世界遺産の厳島神社で土俵入り披露へ

白鵬、世界遺産の厳島神社で土俵入り披露へ 
白鵬が秋巡業の広島・宮島場所(10月22日)で、世界遺産の厳島神社にある国宝「高舞台」で土俵入りすることが23日、分かった。

1400年の歴史を持つ厳島神社は、1996年に世界遺産に登録された。その中にある高舞台は、舞楽奉納の舞台として平安時代に設置され、現在のものは1546年作られ、1952年に国宝に指定された。大島巡業部長(元大関・旭国)は「勧進元さんからお話を頂いた。光栄なことです」と話した。世界遺産での土俵入りは06年秋巡業中に、高野山・檀上伽藍(がらん)の境内で横綱・朝青龍が行って以来2度目となる。

また、10月2日には後援会のある神奈川・横須賀市で、体育館を貸し切って2000人規模の昇進パーティーが開かれることが判明。紗代子夫人も招待し「優勝祝賀会と結婚をお祝いしたい」と関係者は話した。
(2007年9月24日06時01分 スポーツ報知)

埼玉に世界遺産の可能性

埼玉古墳群を 世界遺産に県が文化庁に提案
 
埼玉県は十八日、五―七世紀につくられた埼玉(さきたま)古墳群(行田市)を世界文化遺産候補として文化庁に提案した。県は「『古代アジア古墳文化の東の終着点』と位置付けることが可能。中国を頂点とする当時の国際政治情勢を知る極めて貴重な資料でもある」としている。

文化庁は今後、埼玉古墳群を世界遺産国内候補の暫定リストに載せるかどうか検討する。

埼玉古墳群には当時の関東地方を支配した豪族を葬ったとみられる前方後円墳や円墳など十一基の大型古墳がある。うち稲荷山古墳では一九六八年、五世紀の雄略天皇との臣従関係に関する銘文を刻んだ国宝の金錯銘鉄剣(きんさくめいてっけん)が出土した。
                  WEB埼玉さんより、

公明党と世界遺産の関係

公明党と世界遺産の関係

かやぶき屋根の家々が立ち並ぶ合掌造り集落がユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録された岐阜県白川村。同村は公明党議員のいない、いわゆる“空白区”だが、先の参院選では与党への強い逆風の中、比例区で公明党が大幅得票増を果たした。個人名に限れば「魚住裕一郎」票が村内で1位。公明党の絶対得票率も20%を超える堂々たる勝利だった。その陰には地域に根を張り、故郷の発展に力を尽くす一人の壮年党員と、公明議員の連携プレーがあった。

党員が「空白区」で牽引力に
国会議員、県議と連携 悲願の生活道路改良へ

 JR岐阜駅から北へ約100キロ。富山県に隣接し、豪雪地帯でもある白川村の伝統的な建築物は「切妻合掌造り」といわれ、本を開いて立てたような三角形の屋根になっているのが特徴。113の合掌造りの民家は1995年12月、世界遺産に登録された。

 来年(2008年)、東海北陸自動車道の白川郷インターチェンジが開設され、世界遺産エリアへのアクセスが便利になる。その一方で、生活道路である国道156号線は車のすれ違いができないほど道幅の狭い危険な状態が実に40年以上も放置されてきた。

 「世界遺産と村民を結ぶ基幹道路の改善が進まなければ、世界遺産を守っていけない」


 問題解決へ真っ先に行動を起こしたのが松古卓也さん(46)=党高山支部白川地区・地区委員=だった。松古さんは97年から7年間、「世界遺産エリア荻町の自然環境を守る会」副会長として、世界遺産を後世に残すための保護活動に尽力。その最優先課題として取り組んだのが村内の道路網整備だった。
                          公明ニュースさんより、

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。